「ドレスコード」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2015年1月号を読む

冠婚葬祭(結婚式)の礼装・礼服を考える: 007 ショーン・コネリー

今日は、雑誌Men's EXメンズ・イーエックス2015年1月号を読んでみます。

ドレスコードの新基準

今月の大特集は、「ドレスコードの新基準」。ビジネスやフォーマル時のMen's EXなりのドレスコードをまとめています。おおむね真っ当な内容だとは思いますが、気になる点もいくつか。

ブリティッシュスーツなら内羽根式の靴が基本でしょうが(それが一番似合う)、その他の国のスーツならビジネス時には外羽根式でも構わないと考えます。格式の相当高い場でなければ(そんな場ってあるのかな? 主要国首脳会議とか?)。

弔事(葬儀)時にネクタイの結び目のディンプル(くぼみ)を入れるなという話はよく聞きますが(着飾るなという意味らしい)、これは欧米諸国でもそうなのでしょうか。ちょっとググってみた限り英語文献は出てこないのですよね。

もっとも、葬儀は最も宗教的でお国柄の出る儀式でしょうから、仮に日本独自の習慣だとしても必ずしも意味がないものではないと考えます。でも、私自身は無視してディンプルを入れています(あらら)。それくらいは構わないと判断(どうせ誰も見てないし)。

ちなみに、イギリスのチャールズ皇太子は葬儀時にもディンプルを入れているように見えます。加えて、日本では弔事には禁忌とされているポケットチーフも(さすがの私もチーフは使いませんけど)。

ニューイヤー・コンサート2015
Amazon.co.jp
アソシエイト

話は変わって、私はお正月にテレビでニューイヤーコンサートを観ていました。この場ではウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の団員はいわゆるディレクターズスーツを着ています。黒ジャケットにグレーストライプパンツ、グレーベストにネクタイという格好。英語ではストローラーstrollerもしくはブラック・ラウンジblack lounge)と呼ぶようですね。

日本の結婚式の新郎も、こういう格好でいいんじゃないかなぁ。モーニングコートは今では大げさな気がするし、フロックコートみたいなのもコスプレみたいだし。レンタルではなく自分用に買っても、それなりに元は取れそうな気もします(黒いパンツも同時に買うのでしょうね)。

ディレクターズスーツは昔は仲人もしくは新郎新婦の父親の服とされてきたような記憶がありますが、もう一段階カジュアル化してもいいのかなと。まあ私が言うまでもなく、最近は新郎でも着ている人がいるようです。

あ、もちろんこれは日中の格好で、夜はダメです。

……今月はこのくらいかな。また来月~♪ 私はデジタル版(電子版)を愛読しております。『究極メンテナンス編』は靴好きなら必見の内容ですよ。

ウールパンツの記事を更新しました

Brooks Brothers Madison Fit Houndstooth Trousers MJ00145

さて、本日の更新は、以下の記事でございます。

まず、ドレススタイルに合わせるパンツの第1候補がこれ。そして、カジュアル時に使うパンツとしても近年は再びウールパンツが気になります。細かいチェック柄のパンツあたりはいかがでしょう。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック