今どきのカジュアルパンツのプレス、クリースの入れ方、裾上げの仕方、とな?

チノパンツ(チノパン)他、カジュアルなコットンパンツを集めてみました

今日は、おなじみビームスBeams中村達也氏の記事より。カジュアルパンツプレス、つまりアイロンの当て方、特にクリースの入れ方についてです。

近年は着こなしがカジュアル化していますので、堅苦しい着こなしは敬遠されがち。特にここ数年はノームコアNormcoreだなんだと騒がれていますし。パンツの裾上げの仕方、クリースの入れ方も悩んでしまいます。

まず大前提として、裾の処理をダブルにしたパンツは、基本的にプレスをきっちり入れて穿きます。

ただ、雑誌Free & Easyフリー&イージーあたりだと、ダブル裾でクリースなしというパンツも見かける気がします。もっとも、正確にどのような処理をしているのかはよく分からないのですが。

裾をグルグルとロールアップするような穿き方では、クリースは入れずに履いた方が雰囲気がいいと思います。

まあ入れてもそれほど問題ないでしょうが。さて問題は、ロールアップしないときですが――。

太ももの部分はクリースを入れず、膝上あたりから裾にかけてだけクリースを入れます。

こうするのだそう。そして、さらに今っぽくする方法として――。

通常の自分の股下の長さより2.5㎝長く仕上げます。(中略)タタキ上げ幅2.5㎝で仕上げます。そして、膝上から裾までプレスをかける時に最後に2.5㎝折り返してプレスをかけます。

学研の『Fashion Text Series』、『The Coodinate』と『The Standard』の秋冬版

なるほど、擬似ダブル仕上げともいえそうですね。上述のFree & Easyも、もしかするとこの手法なのかもしれません。あえて股下を普通の長さにして短丈にする考え方もあるでしょう。

ちなみにタタキとは、表面に縫い目が見えるカジュアルな裾上げの仕方のことです。ジーンズが典型例(タタキ幅は1cmくらい)。ドレッシーなシングル仕上げの場合は、まつり縫いなので表面に縫い目は見えません。

ここで注目したいのがタタキの幅。2.5cmだと実際に折り返すと幅3cm弱くらいになりそうで、つまりダブル幅3cm弱ということになります。もうちょっと太くしたい人はタタキの幅を太くするのでしょう。

パンツのダブル幅はこの10年くらいは4cmから4.5cmといわれてきましたが、近年多いテーパードがきつめのパンツだともう少し細めが合うように思います。この手のパンツだと太いダブル幅の裾上げは物理的にやりにくいでしょうし。

パンツの裾の処理は意外に着こなしの印象を変えますので、おろそかにはできないんですよね。服に興味のない人はまったく気がつかないだろうとは思いますが……。

Duluth Pack(ダルース・パック)の記事を更新しました

Duluth Pack # 51 Utility Pack - Canoe Pack S-510

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

アメリカ製の味のあるキャンバスや皮革の鞄。値段もボチボチで人気が出ています。アメリカでもほぼ同じ商品展開なんですね。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック