ビューティ&ユース(Beauty & Youth)のコットンケーブルクルーネックセーター

Beauty & Youth(ビューティ&ユース)

今日は、ビューティ&ユースBeauty & Youthの気になる商品をご紹介。

ビューティ&ユースは、ユナイテッドアローズUnited ArrowsUAのカジュアルブランドのひとつ。比較的コンサバな商品構成で、シルエットや色柄で今っぽさを表現しています。

こちらは、ラルフ・ローレンのようなプレッピーなケーブル編みセーター。この手のセーターはやはりクルーネックが一番似合います。素材はコットン綿で、幅広い気候に対応します。

写真は中にTシャツを着ていますが、もちろんボタンダウンシャツなどでトラッドにまとめてもよいですよ。ちょっと肌寒くなってきたときにはアウター的にも活用できます。

Cotton Cable Crewneck Sweater 1213-106-3117: Navy
Cotton Cable: Navy
Cotton Cable Crewneck Sweater 1213-106-3117: Navy
Navy
Cotton Cable Crewneck Sweater 1213-106-3117: Navy
Navy
Cotton Cable Crewneck Sweater 1213-106-3117: Light Blue
Light Blue
Cotton Cable Crewneck Sweater 1213-106-3117: Light Blue
Light Blue
12 Gauge Wool Crewneck Sweater 1213-106-3113: Beige
12 Gauge Wool: Beige
12 Gauge Wool Crewneck Sweater 1213-106-3113: Light Blue
Light Blue
12 Gauge Wool Crewneck Sweater 1213-106-3113: Light Grey
Light Grey
12 Gauge Wool Crewneck Sweater 1213-106-3113: Black
Black
12 Gauge Wool Crewneck Sweater 1213-106-3113: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

一方こちらは、薄手のウール羊毛のクルーネックセーター。定番的な商品で、きちんとつくられていると思います。中間色に注目してみてはどうでしょう。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)のスウェットシャツ、パーカー、カットソー、セーター(ニット) Drumohr(ドルモア)のポロシャツ、セーター、ニットカーディガン

なお、コットンセーター集めた記事やウールセーター集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。前回のビューティ&ユースの記事はこちら。

現在ビューティ&ユースでは、各店舗にてセールを開催中です。「タグ / United-Arrows」をご覧になると、当ブログのユナイテッドアローズの各ブランドに関する全記事を網羅できます。

そのほかのセール情報は、こちら。

「セレクトショップ」
公式通販
靴・鞄

Jipijapa(ヒピハパ)のG9ライダースジャケット

Jipijapa(ヒピハパ)

ヒピハパJipijapa)は、1992年に誕生した日本ブランド。機能的でスポーティーな服を得意としていると思います。

こちらは、バラクータのG9をライダースジャケットに再構築したというアウター。襟がドッグイヤーに似ているスタンドカラー(立ち襟)に変更されています。リブが付いていないのでG9というよりはG4かなと。裏地にチェック柄があしらわれていますが、バラクータとは異なり着ているときは見えないでしょう。

生地はナイロン風のコットンで(黒に近いネイビー)、季節感はないでしょう。身幅は細めといえます。日本製。

Jipijapa JP052504: Navy
JP052504: Navy
Jipijapa JP052504: Navy
Navy
Jipijapa JP052504: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ
Lands' End(ランズエンド)のブルゾン、コート バラクータ(Baracuta)のG9、G4ジャケット

G4型アウターは私の大好物でして、この秋も私はいろいろ活躍させるつもりです。なお、スウィングトップやドリズラーを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック