「靴選び」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2016年2月号を読む

Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)の靴、ブーツ

今日は、雑誌Men's EXメンズ・イーエックス2016年2月号を読んでみます。

靴選び

今月の大特集は、「靴選び」。Men's EXお得意の本格靴特集です。基本的には靴カタログ的な特集といえます。

スーツにもカジュアルにも合う靴として、ジョッパーブーツとシングルモンクを推していました。スーツにジョッパーは私は強くはオススメしませんけど、ジョッパーブーツ自体は新鮮な靴だと思います。それから、ダブルだけではなくよりシンプルなシングルモンクも見直してほしいところ。

ジャケパン(ジャケット+パンツ)に合う靴としては、Uチップ、外羽根式ウイングチップ、そしてローファーを推していました。ジャケパンにジョッパーやシングルモンクでもぜんぜん構わないとは思いますが、まあこんなところでしょう。

Alden(オールデン)のコードバンの靴、ローファー、プレーントゥ

靴下の特集もあります。当ブログでも靴下の記事に力を入れてもよいとは思っているのですが、なかなか筆が進みません……。

カジュアルスタイルに合わせる靴下としては、最近の私はネイビー系やグリーン系、レッド系の無地、あとは適当な色の細いボーダー柄あたりをよく履いています。パンツや靴の色に合わせることももちろん多いのですが、トップスの色を拾うことが多いですね。特に、グリーンの靴下にバーガンディーの靴という組み合わせがお気に入り。そうそう、白い靴下も履きますよ。

10年くらい前からパンツが短丈になって、靴下の考え方も大きく変わりました。パンツ丈が長い時代は靴下はあまり重要ではなかった記憶があります(見えませんから)。とりあえずホーズを履いておけばOKみたいな。

靴といえば、「名靴ランキング」のような特集はもうMen's EXはやらないのかな。流行が変わって、ランキングがどうなったか興味があります。もっとも、あまり品の良い特集ではないですけどね。スポンサーを意識せざるを得ないでしょうし。

……今月はこのくらいかな。また来月~♪ 私はデジタル版(電子版)を愛読しております。『究極メンテナンス編』は靴好きなら必見の内容ですよ。

Comoli(コモリ)のタイロッケンコート

コモリComoli)は、小森啓二郎氏が2011年に創設したブランド。強いて言えばフレンチっぽいと思います。今注目されているブランドです。

タイロッケンコートTielocken Coat)はトレンチコートの原型とされるコートで、要するに前ボタンのないトレンチコートといえます。すっきりとしたトレンチコートとも。

コモリは定番的にこのタイロッケンコートをつくっていまして、ベルトの仕様に特徴があります。ラグランスリーブラグラン袖仕様で身頃はゆったりめのクラシックな仕上がり。こちらは春秋向きのタイロッケンコート。表地には薄手で張りのある平織りコットン地であるタイプライタークロスを採用しています。日本製。

Comoli Tielocken Coat I01-04003: Grey
Tielocken Coat I01-04003: Grey
Comoli Tielocken Coat I01-04003: Grey
Grey
Comoli Tielocken Coat I01-04003: Grey
Grey
Comoli Tielocken Coat I01-04003: Navy
Navy
Comoli Tielocken Coat I01-04003: Brown
Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

このタイロッケンコート、昨年あたりからかなり人気が高いので、急いだほうがよいと思いますよ。

なお、トレンチコートを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。そうそう、東京ライフTOKYOlife)さんのところのウインターセールは、昨日よりセール対象商品が少し増えました。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック