フリーマンズ・スポーティング・クラブ(Freemans Sporting Club)の開襟シャツ、アロハシャツ

Freemans Sporting Club(フリーマンズ・スポーティング・クラブ)

フリーマンズ・スポーティング・クラブFreemans Sporting Clubは、2005年に誕生したアメリカはニューヨークの紳士のためのお店。もともとは2004年に誕生したレストランで、その後理容室もできました。服は、50年代(1950年代)のラギッド寄りのアメリカン・クラシックという感じ。

“Indigo Ombre Check Box Shirt” は、インディゴ染めを施したコットン綿地の開襟シャツ。グラデーションのかかったいわゆるオンブレチェック柄が印象的で、いかにもアメリカっぽい柄といえます。

“Lyocell Chino Box Shirt” は、テロテロとした柔らかい感触が特徴の合成繊維であるリヨセルという生地(「テンセル」という商品名でも知られる)を使用した開襟シャツ。光沢も魅力です。袖先の折り返しもいい感じ。

“Indigo Rayon Bassen Box Shirt” は、50年代(1950年代)に実在した柄を基にデザインされたというインディゴ染めされたアロハシャツハワイアンシャツ。生地はやはりテロテロとしたレーヨンで、この手の生地はアロハシャツによく使われます。

いずれも身幅は少し細めで、日本製。近年はこの手の夏らしい開襟シャツがかなり注目されていますので、何か一枚入手してみてください。

なお、開襟シャツやアロハシャツを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。前回のフリーマンズ・スポーティング・クラブの記事はこちら。

アーバン・リサーチUrban Research)の商品には、セール品もありますよ。

そのほかのお得な情報は、こちら。

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)のC-1 Vest(C-1ベスト)

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ、エンジニアードガーメンツ)のテーラードジャケット

鈴木大器氏がデザインするエンジニアード・ガーメンツEngineered Garments)は、1999年に誕生したカジュアルウェアブランド。ネペンテスNepenthesの兄弟ブランドといっていいのかな。大人っぽいアメカジをやるなら、今このブランドは外せません!

C-1 VestC-1ベスト)は、アメリカ陸軍航空軍(ということは1940年代くらいのモデルなのでしょう)の緊急脱出用ベストを基にデザインされたとのこと。背中ががら空きになっていて、ヒモで調節する仕様になっています。なかなか後ろ姿が面白いベストといえます。

こちらは、さらっとしたポプリン地のC-1 Vest。薄手ですけど季節感は特にないでしょう。アメリカ製。

Engineered Garments C-1 Vest - Pima Poplin FQ167: Olive, White
C-1 Vest - Pima Poplin FQ167: Olive, White
Engineered Garments C-1 Vest - Pima Poplin FQ167: Olive
Olive
↑ クリックで商品一覧ページへ

これからの薄着の季節にポケットを確保したければ、こういうベストを着る手もあります。ストイックなデザインはさすが。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック