昔のメンズクラブ(メンクラ、Men's Club)が気になる

「スーツ、ジャケパン」雑誌Men's Club(メンズクラブ、メンクラ)2007年7月号を読む: Men's Club(メンズクラブ) 2007年7月号

今日は、昔のメンズクラブメンクラMen's Clubについてのこの記事。

古本屋で『MEN’S CLUB 244号 アイビー特集号』を発見。この号、私の生まれと同じ81年に発行されたもの。81年といえばアイビーではなく、プレッピー(アイビーの弟)が全盛期だったそうですね。なんとなく、運命を感じたので購入し、まったりと読んでいるのですが、これが非常に面白い。

Men's Club(メンズクラブ)

おお、1981年のメンクラですか。さすがの私も、この当時のメンクラのことはぜんぜん分かりません(小学生でしたから)。プレッピースタイルが盛り上がっている最中ということで、面白そうですね。

1960年代のメンクラ?

先日のことですが、私は1964年~1965年ごろのメンクラを2~3冊くらい目を通す機会がありました。

1960年代中旬と言えば、アメトラ(アメリカン・トラッド)やアイビースタイルの全盛期(でもないのかな?)。

植木等さんの映画の予告編を観てみる: 日本一のゴマすり男

さぞかし格好いいのかと思いきや…、うーん、何だか格好悪いんですけど(汗)。服が悪いのか、モデルが悪いのか、はたまた着こなしが悪いのか、とにかく洗練されていないんだな。当時の映画のスタイルは、悪くないと思うんですが。

面白かったのが、あの三笠宮寛仁親王(「ヒゲの殿下」)が3つボタン上2つ掛けのアイビースーツをキメていらっしゃる写真があったこと(当時10代)。これは貴重! 最近の皇室の方のファッションは、あまり取り上げられませんね。

音楽についての記事も多いのですが、当時すでに盛り上がっていそうなザ・ビートルズThe Beatlesザ・ローリング・ストーンズThe Rolling Stonesのようなロックンロールは、まったく取り上げられていないです。ジャズばっかり。

ロックは、まだ「ガキ」の音楽とみなされていたのでしょう。仮に当時私が20代後半だったとしても、ビートルズ等には夢中になっていなかったと思います。

というわけで、次は1970年代のメンクラを読んでみたいですね。きっと、ヘビー・デューティーHeavy Duty路線なのでしょう。

ニットタイの記事を更新しました

Diva Stirpe Knit Tie

本日の更新は、以下の記事でございます。

最もクール・ビズに相応しいネクタイと言えば、このニットタイでしょう。力の抜けた雰囲気が最高で、私の大好物であります。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック