スニーカー、スポーツシューズを集めてみました

Adidas Stan Smith

今日は、いろいろなブランドのスニーカースポーツシューズを取り上げます。素材はレザー皮革スエードスウェードコットンキャンバスも……。《最終更新日: 2016年6月2日》

スニーカーの着こなし(履きこなし)

若い人ならともかくオヤジ層がスニーカーを履くなら、あくまで「ハズシ」としてスニーカーを履くことをオススメしたいです。ブレザーやテーラードジャケット、上質なコートなどに、あえてスニーカーを合わせる。そんな着こなし。

逆に、カジュアルな着こなしには、あえてドレスシューズを合わせるのが粋。要は、着こなしは足し算引き算なのです。足し算ばかりでも堅苦しいですし、引き算ばかりでも締りがなくなっちゃう。

近年は白いスニーカーが注目されています。

New Balance(ニューバランス)

New Balance(ニューバランス)のスニーカー、ランニングシューズ

ランニングシューズの代表格ニューバランスNew Balance)は、1906年創業のアメリカのスポーツシューズブランド。

マジメ顔のスニーカーといえば、まずはこのブランドを挙げたいですね。モデル数も豊富です。私が一番愛用しているスニーカーもここですよ。

Sperry Top-Sider(スペリー・トップサイダー)のデッキシューズ(ボートシューズ)

スペリー・トップサイダーのデッキシューズ、キャンバススニーカー: Sperry Top-Sider Authentic Oxford TS001002

デッキシューズの代名詞スペリー・トップサイダーSperry Top-Sider)は、1935年創業のアメリカの靴ブランド。滑りにくいゴム底であるスペリーソールは、あまりにも有名です。

スペリー・トップサイダーのデッキシューズ、キャンバススニーカー: Sperry Top-Sider Authentic Sea-Mate TS003505

レザーモカシン型と同じく、コットンキャンバス素材のデッキシューズも超定番モデルです。プレッピースタイルには欠かせません。

Converse(コンバース)のAll-Star(オールスター)、Jack Purcell(ジャック・パーセル)

コンバースのスニーカー: Converse Chuck Taylor All-Star Hi Canvas

誰もが一度はお世話になったと思われるコンバースConverse)は、1908年創業のアメリカはマサチューセッツ州の靴ブランド。

コンバースのスニーカー: Converse Jack Purcell

チャック・テイラー・オールスターChuck Taylor All-Star)とジャック・パーセルJack Purcell)は、泣く子も黙るスニーカーの大定番。もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

Keds(ケッズ)、PRO-Keds(プロケッズ)

Keds(ケッズ)、PRO-Keds(プロケッズ)のキャンバススニーカー、デッキシューズ

コンバースのライバルといえる(?)ケッズKeds)は、1916年創業のアメリカのスニーカーブランド。

内羽根式のプレーントウ型であるChampion Oxfordチャンピオン・オックスフォード)は、最も上品なスニーカーといえるでしょう。デッキシューズもあります。よりスポーティーなプロケッズPRO-Keds)も魅力的。

Nike(ナイキ)

Nike(ナイキ)のスニーカー

現代を代表するスニーカーブランドといえるナイキNike)は、1972年創業のアメリカのスポーツウェアブランド。

とにかくスニーカーの種類の多いブランドですが、私なりにオススメのスニーカーを選んでみましたよ。

Sebago(セバゴ)

Sebago(セバゴ)のデッキシューズ、ビーフロールローファー

ローファーやデッキシューズを得意としているセバゴSebago)は、1946年創業のアメリカの老舗の靴ブランド。

キャンバス地のスニーカー型デッキシューズもありまして、種類も充実してきました。

Patrick(パトリック)

Patrick(パトリック)の靴、スニーカー

あの「将軍」プラティニも愛用していたというパトリックPatrick)は、1892年創業のフランスのスニーカーブランド。

どことなく香るフランスらしい上品さが、魅力です。木型は比較的細め。

Spring Court(Springcourt、スプリングコート、スプリング・コート)

スプリングコートのスニーカー、キャンバスシューズ: Spring Court G1 Lo Cut Canvas Wash

ジョン・レノンも愛用していたというスプリングコートスプリング・コートSpring CourtSpringcourt)は、1936年創業のフランスのスニーカーブランド。

素材も色も、意外にいろいろあります。お気に入りを見つけてください。

Adidas Originals(アディダス・オリジナルス)

Adidas(アディダス)の靴、スニーカー

スニーカーの王様ブランドアディダスAdidas)は、1948年創業のドイツのスポーツウェアブランド。

星の数ほどモデル数のありそうなブランドですが、まずはスタンスミスStan Smith)、スーパースターSuperstar)、カントリーCountry)あたりを押さえておきたいところ。

Maccheronian(マカロニアン)の2215L

マカロニアンの靴、スニーカー: Maccheronian 2215L

NATO(北大西洋条約機構)軍の靴もつくっていた工場で生産されるマカロニアンMaccheronian)は、2003年に誕生したルーマニアのスニーカーブランド。

比較的新しいスニーカーブランドといえますが、その定番っぽい顔付きは老舗の風格を感じさせます。特に2215Lが有名です。

Tretorn(トレトン)

トレトンのスニーカー: Tretorn Nylite Canvas RMS 2227

ビョルン・ボルグやジョン・F・ケネディ、ビリー・ジョエルなども愛用していたというトレトンTretorn)は、1891年創業のスウェーデンはヘルシンボリの靴ブランド。

代表作のNyliteナイライト)のほか、色も素材も豊富な上品なスニーカーがそろっています。

Superga(スペルガ)

スペルガのキャンバススニーカー: Superga 2750 COTU Classic S000010

大人っぽいキレイめキャンバススニーカーの代表格スペルガSuperga)は、1911年創業のイタリアのスニーカーブランド。

「ガキっぽいスニーカーはイヤ」という御仁は、まずはこのブランドを試してみては?

Spingle Move(スピングル・ムーヴ、スピングル・ムーブ)

スピングル・ムーヴのスニーカー: Spingle Move SPM-120

バルカナイズ製法のスニーカーをマジメに作り続けるスピングル・ムーヴスピングル・ムーブSpingle Move)は、広島県府中市(備後、びんご)に工場を持つ日本のスニーカーブランド。

新参スニーカーブランドの中では、ここは「キャラ立て」に成功しているといえるのでは? ソールがまくれ上がっていることが大きな特徴。

Asics(アシックス)のOnitsuka Tiger(オニツカタイガー)

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)のスニーカー(靴)

近年ファッション向けスニーカー用のブランドとして復活したオニツカタイガーOnitsuka Tiger)は、もともとはアシックスAsics)のスポーツシューズのブランド名でした。

今ではヨーロッパでも人気のお洒落なスニーカーブランドとして人気が高く、Mexicoメキシコ)などモデル数も豊富になりました。

Reproduction of Found(リプロダクション・オブ・ファウンド)

Reproduction of Found(リプロダクション・オブ・ファウンド)のスニーカー、ミリタリートレーナー

各国の軍隊のトレーニングシューズを現代的に再現しているリプロダクション・オブ・ファウンドReproduction of Found)は、日本のVitaという会社のEye Foundという部門が企画している2016年に誕生したスニーカーブランド。

ジャーマントレーナーやブリティッシュトレーナー、カナディアントレーナー、フレンチトレーナーなど、各国のトレーニングシューズがそろっています。

K-Swiss(ケースイス)のClassic(クラシック)

K-Swiss(ケースイス)

ケースイスK-Swissは、1966年創業のアメリカはカリフォルニアのスニーカーブランド。2人のスイス人兄弟がアメリカに移住して創業しました。

ケースイスといえば、まずはやはりこのテニスシューズのClassicクラシック)でしょう。5本線とDリングが特徴。特に80年代(1980年代)に人気を博したこのモデル、いままさに再評価すべきと考えます。スタンスミスあたりの代わりに試してみてください。

K-Swiss Classic 88 02248: Black
Black
K-Swiss Classic 88 02248: Tricolor
Classic 88 02248: Tricolor
K-Swiss Classic 88 02248: White / Blue
Classic 88 02248: White / Blue
K-Swiss Classic 88 02248: Sole
Sole
K-Swiss Classic 88 02248: White / Brown
Classic 88 02248: White / Brown
K-Swiss Classic 88 02248: White
Classic 88 02248: White
↑ クリックで商品一覧ページへ

German Trainer(ジャーマン・トレーナー)

ジャーマン・トレーナーGerman Trainer)は、1970年代から1980年代にかけてドイツ軍でトレーニングシューズとして正式採用されていたスニーカーを復刻したブランド。マルタン・マルジェラMartin Margielaなどのモードブランドで採用されたことでも知られています。

1183が代表作でしょう。この端正な顔付きが人気の理由。

German Trainer 1183: White
White
German Trainer 1183: White
1183: White
German Trainer 1183: White
1183: White
German Trainer 1183: Navy
Navy
German Trainer 1183: Navy
1183: Navy
German Trainer 1183: Black
1183: Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

MoonStar Fine Vulcanized(ムーンスター・ファイン・バルカナイズ)

ムーンスターMoonStarは、1873年創業の日本の老舗靴メーカー(旧・月星化成)。ムーンスター・ファイン・バルカナイズMoonStar Fine Vulcanized)は、アッパーとソールを圧着する昔ながらのバルカナイズバルカナイズドヴァルカナイズヴァルカナイズド加硫釜製法を使用して福岡県久留米市で製造しているこだわりのスニーカーブランドです。

種類豊富にありますが、個人的に気になったものをご紹介。Minimaは、1960年代に生産していたトレーニングシューズを基にデザインされたスエード地のスニーカー。名前のとおりミニマルなデザインが魅力です。

MoonStar Fine Vulcanized Minima: Brown
Brown
MoonStar Fine Vulcanized Minima: Navy / White
Minima: Navy / White
MoonStar Fine Vulcanized Minima: Black
Minima: Black
MoonStar Fine Vulcanized Alweather: Khaki
Khaki
MoonStar Fine Vulcanized Alweather: Brown
Alweather: Brown
MoonStar Fine Vulcanized Alweather: Beige
Alweather: Beige
↑ クリックで商品一覧ページへ

Alweatherは基本的にはキャンバス地のスニーカーですが、下半分にゴムをあしらっているのが特徴。名前のとおり全天候型のスニーカーです。機能はともかくその見た目も魅力です。

Diadora Heritage(ディアドラ・ヘリテージ)

Diadora(ディアドラ)

ディアドラDiadoraは、1948年創業のイタリアのスポーツ用品ブランド。ディアドラ・ヘリテージDiadora Heritage)は、昔のモデルのつくりを再現した新ライン。ファッション感覚も強化しています。

Equipeは、1975年のランニングシューズを基につくられたそう。ディアドラ・ヘリテージの主力モデルです。Stone Washは、名前のとおり味出し加工を施されたモデル。スエードスウェードキャンバスのコンビです。色展開が豊富。

Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: Classic Navy
Equipe Stone Wash 12 156988: Classic Navy
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: Black / Grey Alaska
Black / Grey Alaska
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: White / Dark Smoke
White / Dark Smoke
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: Avio Blue / Beige
Avio Blue / Beige
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: Blue Plum / Acid Green
Blue Plum / Acid Green
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: White / Blue Ebony
White / Blue Ebony
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: Grey / Blue Denim
Grey / Blue Denim
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: Blue Denim / Tropical Green
Blue Denim / Green
Diadora Heritage Equipe Stone Wash 12 156988: Vibrant Yellow / Grape Juice
Yellow / Grape Juice
Diadora Heritage Trident 90 C SW 161304: Blue Shadow
Trident 90 C SW 161304: Blue Shadow
Diadora Heritage Trident 90 C SW 161304: Blue Shadow
Blue Shadow
Diadora Heritage Trident 90 C SW 161304: Paloma Grey
Paloma Grey
Diadora Heritage Trident 90 NYL 161303: Blue Wing Teal
Trident 90 NYL 161303: Blue Wing Teal
Diadora Heritage Trident 90 NYL 161303: Blue Wing Teal
Blue Wing Teal
Diadora Heritage Trident 90 NYL 161303: Ghost Grey
Ghost Grey
Diadora Heritage Exodus Optical 161336: Ferrari Red Italy / Blue Nights
Exodus Optical: Ferrari Red Italy / Blue Nights
Diadora Heritage Exodus Optical 161336: Ferrari Red Italy / Blue Nights
Ferrari Red Italy / Blue Nights
Diadora Heritage Exodus Optical 161336: Ferrari Red Italy / Blue Nights
Ferrari Red Italy / Blue Nights
↑ クリックで商品一覧ページへ

Tridentは、1984年のピットクルーシューズが基になっているとのこと。スエードとキャンバスのコンビと、スエードとナイロンのコンビがあります。

Exodusは、1990年のランニングシューズが基になっているとのこと。Opticalは、ちょっと派手めの配色のモデルです。

ZDA(ゼットディーエー)

ZDA(ゼットディーエー)

ZDAゼットディーエー)は、1950年代から1960年代くらいに存在したチェコスロバキア(現スロバキア)の靴ブランド。2016年に復活しました。東欧系スニーカー特有のレトロさとストイックさを感じます。

こちらは、ランニングもしくはマラソン系のスニーカー各種。色遣いも魅力です。スロバキア製。

ZDA 2000FS: Grey
Grey
ZDA 2000FS: Olive
2000FS: Olive
ZDA 2000FS: Navy
2000FS: Navy
ZDA 2400FSL: Navy / Black
Navy / Black
ZDA 2400FSL: Grey
2400FSL: Grey
ZDA 2400FSL: White
2400FSL: White
ZDA 2400FSL: Black / Navy
2400FSL: Black / Navy
ZDA 2600FS: Grey
2600FS: Grey
ZDA 2600FS: Blue
2600FS: Blue
ZDA 2600FS: White
2600FS: White
↑ クリックで商品一覧ページへ

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズには靴もあります。

「コットンキャンバス スニーカー」は、スペルガ系のまさにクラシックなデザインのキャンバススニーカー。白い靴ヒモ(シューレース)も付属しています。

Brooks Brothers Red Fleece Canvas Sneakers RH00002: Blue
Red Fleece Canvas Sneakers: Blue
Brooks Brothers Red Fleece Canvas Sneakers RH00002: White
White
Brooks Brothers Red Fleece Canvas Sneakers RH00002: White
White
Brooks Brothers Red Fleece Canvas Sneakers RH00002: Red
Red
Brooks Brothers Red Fleece Canvas Sneakers RH00002: Red
Red
↑ クリックで商品一覧ページへ

そうそう、セールクリアランスClearance)になっているコートがあるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。

Camper(カンペール)

カンペールのスニーカー: Camper Pelotas Ariel 16002

会社の起源は1877年までさかのぼれるというカンペールCamper)は、1975年創業のスペインはマヨルカ(マジョルカ)島の靴ブランド。

カンペールのスニーカーは基本的にはスポーツ用ではなく街履き用で、ドレスシューズ(革靴)に似た雰囲気を持っています。特にフレンチ・カジュアルのようなスタイルと相性が良いと思いますよ。

Zeha(ツェハ)

Zeha(ツェハ)

一時期ブランドを停止していましたが近年復活したツェハZeha)は、1897年にドイツ(旧東ドイツ)はチューリンゲンで設立されたスポーツシューズブランド。

日本向けの商品は日本人の人がデザインしているようで、洒落た靴が多いと思います。強いて言えば、フレンチ・カジュアル系のスタイルと相性が良いモデルが多いかも。

Admiral Footwear(アドミラル)

アドミラルのスニーカー: Admiral Footwear Watford SJAD0705

ミツカン印(?)でおなじみのアドミラルAdmiral)は、1914年創業のイギリスのスポーツウェアブランド。サッカーのマンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表等のスポンサーになってユニフォームを提供した実績があります。

アドミラルのスニーカーは、お手ごろ価格で気の利いたデザインのものが多いです。種類も豊富ですよ。

Hiroshi Tsubouchi(ヒロシ・ツボウチ)

Hiroshi Tsubouchi(ヒロシ・ツボウチ)の靴、ブーツ

坪内浩氏がデザインするヒロシ・ツボウチHiroshi Tsubouchi)は、2008年に誕生した靴ブランド。流行をセンス良く料理した靴をつくっています。

スニーカーもつくっていまして、スニーカー以上革靴未満という雰囲気のものが主力です。

他の記事も……

タグ / 靴: スニーカー」をご覧になると、当ブログのスニーカーに関する全記事を網羅できます。「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2008年5月18日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年9月26日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年8月19日)2009年春夏最初の更新。
  • (2010年3月1日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年7月27日)商品を追加、入れ替え。
  • (2011年2月5日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2012年1月27日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年8月18日)2012年春夏最初の更新。
  • (2015年5月26日)2015年春夏最初の更新。
  • (2016年6月2日)2016年春夏最初の更新。

この記事へのコメント

  • こんにちは。毎日楽しく拝見しています。応援してます、これからも頑張ってください!

    ところで、blackwatchさんはどのようなスニーカーをお持ちですか?参考までにお聞きしたいです。
    2009年02月11日 12:29
  • blackwatch

    竹さん、こんにちは。

    私は非常に特殊な「足」をしていますので、足に合うことを優先して靴を選ばざるを得ないのです。自分の足の特殊さに気付いていなかった若いころは、いろいろ履いていましたけど。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/16406122.html

    と言うわけで、今実際に活躍しているのはNew Balanceの991のwidthがAAのものだけです。まあスニーカーならあまりサイズをシビアに考えなくてもよいと思うので(特にキャンバススニーカー)、もっと柔軟にいろいろ試してもいいかなとは思うのですけどねぇ。普通の足の人がうらやましいです。
    2009年02月12日 00:03
  • クラコフ

    こんばんわ

    年も明けて、現在手持ちの靴のケアを一斉に行っているのですが、スニーカーのインソールってどのようにキレイにするのがいいのでしょうか?
    かなり昔に購入したアディダスのカントリーなのですが、インソールが黒ずんでしまってまして、正直足を入れるのが怖いです(汗)

    とりあえず霧吹きで湿らせて拭いてみたり、その後ファブリーズなんかをしようとは考えているのですが・・
    blackwatchさんはどのように靴の中の手入れをしていますか?もし有効な方法がありましたら教えていただけませんか?
    あと自分は古着屋で古靴を買うことも多いので、ドレスシューズやブーツの中の掃除もどのようにやってるのか興味があります・・
    2010年01月28日 22:08
  • blackwatch

    クラコフさん、こんにちは。正直言って、あまりこの辺は詳しくないのですが…。

    インソールが革ならステインリムーバーで、そうでなければ適当な洗剤で、適当にこすってみるとどうでしょう。インソールを交換できるなら、それが一番スッキリするかも。

    あと、革靴も丸洗いできるので、レザースニーカーもやろうと思えば丸洗いできると思います。ただ、スムースレザーとスエードのコンビだったら、どうやるんでしょうね…。
    http://allabout.co.jp/mensstyle/shoes/closeup/CU20070825A/
    http://allabout.co.jp/mensstyle/shoes/closeup/CU20070925A/

    もし黒いのがカビだったら、それ相応の対応が必要でしょう。
    http://allabout.co.jp/mensstyle/shoes/closeup/CU20070725A/

    適当な業者に頼むとそれなりにやってくれるのでしょうが、お金は掛かります。
    2010年01月29日 00:04
  • ケロリン2

    明けましておめでとうございます。
    今年も?
    今年こそおしゃれなオヤジで行きたいと思います。
    さて、通勤用スニーカーをリクエストします!
    夏に往復3kmほど歩くため、通勤用スニーカーを購入しました。
    熟慮を重ねた購入の結果、大失敗。
    あまりにスニーカー単体で捉えすぎ、スーツスタイルから浮きまくりました^^;


    それと、ロングPコートが気になります。
    大人の 裾長め、シルエットキレイなコートもリクエスト希望です!
    2016年01月03日 22:59
  • blackwatch

    ケロリン2さん、こんにちは。

    スーツに合わせるスニーカーについては、「絶対の定番」みたいなものはないように思います。なので、難しいといえば難しいご質問です。

    見た目が革靴っぽくなくてもいいんですよね? 考え方は2つありまして、1つはお洒落っぽく着こなす方法。この場合はセンス勝負でして、うまくやればConverseのAll-Starだってスーツに合わせることができるでしょう。

    もう一つは、地味に無難に合わせる方法。例えばSpingle Bizのスニーカーはデザインはほとんど革靴ですので、スーツにも違和感なく合わせられそうです。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/387314269.html

    そこまで革靴デザインでなくても、濃色で単色のレザースニーカーならまあまあ「浮かない」ような気がします。

    ちなみに、スーツの着こなしが「お堅い」雰囲気だったら、スニーカーを合わせにくい傾向はあるように思います。

    ケロリン2さんの意図がどのあたりにあるのかよく分かりませんので(例えば失敗したスニーカーがどんなものだったか、とか)、いま書けることはこのくらいです。

    着丈長めのピーコートについても、「絶対の定番」みたいなものはないように思います。強いて言えば、Brooks Brothersの定番ピーコートやSchottの740はちょっと着丈が長めなのです。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/9686924.html

    今季でいうと、このあたりの商品を紹介しています。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/431636212.html
    http://blackwatch.seesaa.net/article/431136002.html
    http://blackwatch.seesaa.net/article/427666594.html

    ダブルブレスト仕様のカーコートは、大人っぽいピーコート感覚で着こなせるように思います。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/28209832.html
    2016年01月04日 23:55

この記事へのトラックバック