2005年08月09日

Tシャツ、カットソー(半袖・長袖)を集めてみました、フィルメランジェ他

T-Shirt

今日は、いろいろなTシャツカットソーを集めてみました。半袖半そで)も長袖長そで)も、クルーネックVネックも……。《最終更新日: 2016年6月9日》

マジメ男のTシャツ、カットソー

Tシャツは、言うまでもなくカジュアルの基本アイテム。そのまま1枚で着るだけでなくインナーとしても有用ですので、一年中活躍してくれます。

Tシャツにもカジュアル寄りのものとドレス寄りのものがありますので、着こなしに合わせて選びましょう。ざっくりいうと、厚手のコットン綿地で首周りがしっかりしている(リブが太目)ものはカジュアル寄り(アメカジ用)、薄手のコットン地で首周りが細めのものがドレス寄りって感じ。中間的なものも多いですけど。

無地以外の代表格が、いわゆるボーダー柄。細いボーダー柄ほどコンサバな雰囲気になります。また、胸ポケットは「これは下着ではないよ」と主張する意匠といえ、特にアメカジ的なリラックスした着こなしによく合います。

Tシャツ、カットソーの生地(編み方)の種類

Tシャツの生地には、以下のようなものがあります。

天竺編み

天竺編みは、最も一般的なTシャツ用生地。皆さんがお持ちのTシャツは、きっとほとんどがこれ。

リブ編み、フライス編み

リブ編みの生地は、畝(うね)があり伸縮性が高いのが特徴。首元や袖口に部分的に使われる他、全体に使えば身体にフィットするTシャツになる。フライス編みは、リブより畝や伸縮性が控えめの生地(リブはリブ編み機、フライスは丸編み機でつくる)。

ワッフル編み(サーマル)

ワッフル編みの生地は、表面に凸凹があって伸縮性があるのが特徴。よく聞くサーマルは商品名とのこと。

スムース編み(インターロック編み、両面編み)

スムース編みインターロック編み)の生地は、名前のとおり表面がスベスベしているのが特徴。天竺編みとは異なり、裏表が同じ編み方で編まれている(両面編み)。

鹿の子(カノコ)編み

鹿の子カノコ編みの生地は、要するにポロシャツに最も多く使われている生地。表面の細かな凸凹が特徴。

着こなし

私自身は年齢的にもTシャツをそれ1枚で着ることは少なくなりましたが、ジャケットなどのインナーとして着るなら、一般的には普通のポロシャツよりもTシャツのほうが合わせやすいと感じています。襟元の収まりが良いので。

ニットベスト(ヴェスト)を集めてみました

ニットベストに合わせる着こなし方もあります。

昔は、Tシャツといえどもタックインするのが普通だったのですよ。今また見直してみてはどうでしょう。

ボタンダウンシャツなどのドレスシャツの上にセーター風に着る着こなしもあります。半袖Tシャツの場合は、半袖シャツを合わせるか長袖シャツを腕まくりするとまとまりやすくなります。

いずれにせよコンサバな着こなしを目指すなら、ストリートスタイルっぽいグラフィックTシャツではなく、無地やボーダー柄などの落ち着いた雰囲気のTシャツを強くオススメします。ジェームズ・ボンドやハンフリー・ボガードがその手のTシャツを着ているところは、なかなか想像できないでしょ?

「バスクシャツ」

バスクシャツ、ボーダーTシャツを集めてみました: なまいきシャルロット

荒い風合いの厚手のコットン素材にボートネックといえば、いかにもフランスらしいシャツであるいわゆる「バスクシャツ。マリンスタイルには欠かせないシャツです。

セント・ジェームスSaint James)はもちろんオーチバルOrcival)などの商品を紹介しています。近年人気が大復活中であります。

タートルネック(タートル)のカットソー

タートルネック(タートル)のカットソー(Tシャツ)を集めてみました

タートルネックタートル)のカットソー、実はかなりのお役立ちアイテム。晩秋から初春にかけて、長い期間着られるのもうれしい。

いろいろなブランドのものを取りそろえております。

スウェットシャツ、スウェットパーカー(スエットパーカ、トレーナー)

スウェットシャツ、スウェットパーカーを集めてみました: Champion Reverse Weave Full-zip Parka

カットソーといえば、スウェットシャツスウェットパーカースウェットパーカスエットトレーナー)も忘れるわけには参りません

近年は生地に味がありサイズ感が今っぽいものが増えていまして、セーター代わりにもなりますよ。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ、ルトロア)

Letroyes(ルトロワ)のポロシャツ、Tシャツ、バスクシャツ

丸編みのシームレス(縫い目のない)なつくりのカットソーを得意としているルトロワLetroyesLe Troyes)は、2008年に誕生したフランスはシャンパーニュ地方製のニットブランド。

細身で美しいシルエットのパーカー類がすこぶる好評ですが、Tシャツ類も各種ありますよ。やはり身体にフィットする細身の仕上がりです。

John Smedley(ジョン・スメドレー、ジョンスメ)

ジョン・スメドレー(John Smedley、ジョンスメ)のポロシャツ、Tシャツ

世界で最も高級なコットンのひとつであるシーアイランドコットン海島綿)でおなじみのジョン・スメドレーJohn Smedley)は、1784年創業のイギリスの超老舗ニットブランド。

Tシャツも定番商品でして、Vネックやクルーネックのものがあります。正確に言うとカットソーではなく、半袖セーターなのです。

Drumohr(ドルモア)

Drumohr(ドルモア)のポロシャツ、セーター、ニットカーディガン

英国王室御用達ブランドでもあるドルモアDrumohr)は、1770年創業の世界最古(!)のニットブランド。

マーセライズド加工されたTシャツは、まさに大人のためのTシャツ。高級感があります。

FilMelange(Fil Melange、フィルメランジェ、フィル・メランジェ)

FilMelange(Fil Melange、フィルメランジェ、フィル・メランジェ)

フィルメランジェフィル・メランジェFilMelangeFil Melangeは、2007年に登場以来カットソーが絶大な支持を得ている日本ブランド。商品の多くにオーガニックコットンを使用し、もちろん旧式の吊り編み機を使って編んでいます。とにかくフワフワの柔らかい感触がすこぶる評判が良いのです。日本製でアメカジ向き。

主力の生地のオーリンダコットンが、2016年よりニューリンダ天竺に改良されました。生地に張りとコシを持たせ、耐久性を向上させたとのこと。

Sunnyサニー)は、ポケット付きのクルーネックTシャツ。近年は久しぶりにポケTの人気が上昇していますが、Sunnyは斜行(生地がねじれていくこと)した味のあるポケットに特徴があります。同傾向のVネックであるVictorビクター)も。

FilMelange Sunny
Sunny
FilMelange Sunny
Sunny
FilMelange Sunny
Sunny
FilMelange Victor
Victor
FilMelange Victor
Victor
FilMelange Victor
Victor
FilMelange Dizzy
Dizzy
FilMelange Dizzy
Dizzy
FilMelange Dizzy
Dizzy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Dizzyディジー)は、少し肉厚で味のあるオーガニックラフィーを使用したクルーネックTシャツ。身幅は少しゆったりめです。同傾向のカーディガンであるDraganドラガン)もあります。

Three Dots(スリードッツ、スリー・ドッツ)

Three Dots(スリードッツ、スリー・ドッツ)

スリードッツスリー・ドッツThree Dotsは、1995年に誕生したアメリカはロサンゼルスのカットソーブランド。ウィメンズ製品が多くの有名人に愛されてきたそうですが、2008年春夏からはメンズも始まりました。

スリードッツのカットソーには、肌触りが良く高級感のあるリングスパンコームドコットンが使用されています。アメリカ製の正真正銘のアメリカブランドなんですが、ヨーロッパブランドのような上品な仕上がりなのです。

Mattマット)は浅いVネック、Jamesジェームズ)はクルーネックのTシャツ。日本人にも合う細身短丈のシルエットに仕上がっており、都会的で今っぽい着こなしにばっちりハマります。

そのほかヘンリーネックのChrisクリス)など、種類はいろいろ。長袖もありまして、ヘンリーネックはワッフル編みです。

Three Dots James BO1C-631YL
James BO1C-631YL
Three Dots Matt BO1V-633YL
Matt BO1V-633YL
Three Dots Chris BO150MY
Chris BO150MY
Ryan BO209MY
Ryan BO209MY
BO257MY
BO257MY
ZJ259MY
ZJ259MY
↑ クリックで商品一覧ページへ

Majestic Filatures(マジェスティック・フィラチュール)

Majestic Filatures(マジェスティック・フィラチュール)

マジェスティック・フィラチュールMajestic Filaturesは、1992年創業のフランスのカットソーブランド。以前はFilatures du Lionなどのブランド名で日本で展開していました。

Tシャツの種類はさすがに多いのですが、まず気になったのが爽やかながら子供っぽくない細いボーダー柄Tシャツ。インナーとして使っても優秀なヤツなのです。身幅や着丈は普通に今っぽい仕上がり。

Majestic Filatures S16-15-001: Marine
S16-15-001: Marine
Majestic Filatures S16-15-001: Marine
Marine
Majestic Filatures S16-15-001: Monaco
Monaco
Majestic Filatures S16-11-005: Indigo
S16-11-005: Indigo
Majestic Filatures S16-11-005: Indigo
S16-11-005: Indigo
Majestic Filatures S16-11-001: Indigo
S16-11-001: Indigo
↑ クリックで商品一覧ページへ

大人っぽいTシャツが欲しいなら、凝った生地のものを狙うのもオツ。シルクリネンの混紡地のものは、涼しくて高級感があるのがうれしい。クルーネックに加えヘンリーネックのものもあります。

Mighty-Mac(マイティーマック、マイティマック)のShell Tee(シェルT)

Mighty-Mac(マイティーマック、マイティマック)

セーリングウェアが有名なマイティーマックマイティマックMighty-Mac)は、1908年創業のアメリカはマサチューセッツ州グロスターのブランド。1990年代には活動を停止していましたが、寺本欣児氏が率いる35サマーズ35 Summers)が復活させました。

Shell V-neck TeeシェルVネックT)は、首周りが太めリブ仕様のVネックTシャツ。チルデンセーターのようなデザインで、トラッドな雰囲気を感じさせてくれます。あえて中に半袖ボタンダウンシャツなどを合わせてみても面白いかも。生地はストレッチの効いたコットンで、身幅は細めです。

Mighty-Mac Shell V-neck Tee: Navy, White
Shell V-neck Tee: Navy, White
Mighty-Mac Shell V-neck Tee: Navy
Navy
Mighty-Mac Shell V-neck Tee: Navy
Navy
Mighty-Mac Shell Henley Tee: Navy, White
Shell Henley Tee: Navy, White
Mighty-Mac Shell Henley Tee: Navy
Navy
Mighty-Mac Shell Henley Tee: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Shell Henley Teeシェル・ヘンリーT)は、同傾向のヘンリーネックTシャツ。これも比較的首周りのリブがしっかりしているのが特徴です。

Norikoike(ノリコイケ)

Norikoike(ノリコイケ)

ノリコイケNorikoike)は、小池のり子氏がデザインするニット・カットソーブランド。ノリコイケといえば、ユナイテッドアローズUnited ArrowsUAの高感度ショップであるDistrictディストリクトにて長らく積極的に扱われているブランドという印象があります。残念ながら小池のり子氏は他界されたのですが、ブランドは継続しています。

こちらは、度詰め天竺という、柔らかくて肌触りが良く耐久性にも優れたノリコイケの定番素材を使用したTシャツ。普通のVネックのMT1201や深いVネックのMT1202、クルーネックのMT1205などがあります。素材感とデザイン、そして値段のバランスの良さが、多くの服好きの人に愛されている理由でしょう。キレイめの着こなし向き。

Norikoike MT1201: Indigo
MT1201: Indigo
Norikoike MT1201: Navy
Navy
Norikoike MT1201: Turquoise
Turquoise
Norikoike MT1201: White
White
Norikoike MT1201: Grey
Grey
Norikoike MT1202: Turquoise
MT1202: Turquoise
Norikoike MT1202: Navy
Navy
Norikoike MT1202: Indigo
Indigo
Norikoike MT1202: White
White
Norikoike MT1202: Grey
Grey
Norikoike MT1205: Grey
MT1205: Grey
Norikoike MT1205: White
White
Norikoike MT1205: Navy
Navy
Norikoike MT1205: Indigo
Indigo
Norikoike MT1205: Turquoise
Turquoise
↑ クリックで商品一覧ページへ

Levi's Vintage Clothing(リーバイス・ヴィンテージ・クロージング)

Levi's(リーバイス)の公式オンラインストアができました!

リーバイスLevi's)を別記事で扱っていますが、デニム系の服には当然力を入れていまして、もちろんワークシャツもあります。特に、リーバイス・ヴィンテージ・クロージングLevi's Vintage ClothingLVCの商品には注目です。

1950s Sportswear T-Shirt1950sスポーツウェアーTシャツ)は、名前のとおり50年代(1950年代)風というTシャツです。袖が短めで胸ポケットが付いているのが特徴。身幅は細めです。無地に加え、とても使い勝手の良さそうな細いボーダー柄も。

Levi's Vintage Clothing 1950s Sportswear T-Shirt 40850: 0076 Blue Stripe
1950s Sportswear T-Shirt 40850: 0076 Blue Stripe
Levi's Vintage Clothing 1950s Sportswear T-Shirt 40850: 0074 White
0074 White
Levi's Vintage Clothing 1950s Sportswear T-Shirt 40850: 0075 Clementine
0075 Clementine
Levi's Vintage Clothing 1960s Casuals Stripe T-Shirt 31960: 0032 Yellow Stripe
1960s Casuals Stripe T-Shirt 31960: 0032 Yellow Stripe
Levi's Vintage Clothing 1960s Casuals Stripe T-Shirt 31960: 0032 Yellow Stripe
0032 Yellow Stripe
Levi's Vintage Clothing 1960s Casuals Stripe T-Shirt 31960: 0032 Yellow Stripe
0032 Yellow Stripe
↑ クリックで商品一覧ページへ

1960s Casuals Stripe T-Shirt1960sカジュアル・ストライプTシャツ)は、60年代(1960年代)風のポケットTシャツ。50年代よりも腕は短めです。

Lacoste(ラコステ)

Lacoste(ラコステ)のL1212のポロシャツ

ワニのマークでおなじみのラコステLacoste)は、1933年創業のフランスのカジュアルウェアブランド。

ポロシャツの元祖的ブランドですが、Tシャツも各種あります。

Sunspel(サンスペル)

サンスペル(Sunspel)のQ82のTシャツ、カットソー

高級超長綿Tシャツブランドの代表格といえるサンスペルSunspel)は、1850年創業の歴史があるイギリスのアンダーウェアブランド(今の名前になったのは1936年)

有名なQ82素材を使ったTシャツは、コンサバなTシャツをお探しの方なら1枚は欲しいアイテム。ジェームズ・ボンドやチャーリー・ワッツも着ています。

Zanone(ザノーネ)

ザノーネのアイスコットンのポロシャツ、セーター(ニット): Zanone 810237 Z0380

「セレクトショップ」の常連ブランドでもあるザノーネZanone)は、1986年創業のイタリアの高級ニットブランド。

高級感を維持しつつ清涼感を追求した生地であるアイスコットンを使用したポロシャツは、ザノーネの十八番。アイスコットン地を使用したTシャツもあります。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のポロシャツ、Tシャツ、カットソー

アメリカのカジュアルウェア通販の雄であるランズエンドLands' End)は、Tシャツにも力を入れています。

アメリカブランドですので、やはりTシャツの品ぞろえは多いですね。

さいごに

コットン(綿)のクルーネック、Vネックのセーター(ニット)を集めてみました ポロシャツを集めてみました

タグ: Tシャツ」をご覧になると、当ブログのTシャツに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / ポロシャツ、Tシャツ」をご覧になると、当ブログのカットソーに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2006年3月30日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年4月23日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年5月16日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年6月14日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年9月20日)2006年秋冬最初の更新。
  • (2006年10月5日)商品を追加。
  • (2007年6月4日)2007年春夏最初の更新。
  • (2008年6月23日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年10月15日)2008年秋冬最初の更新。
  • (2009年7月29日)2009年春夏最初の更新。
  • (2010年7月9日)2010年春夏最初の更新。
  • (2011年7月9日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年6月27日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年6月9日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年6月28日)2014年春夏最初の更新。
  • (2015年5月30日)2015年春夏最初の更新。
  • (2016年6月9日)2016年春夏最初の更新。
posted by blackwatch at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは,コメントさせて頂きます。
さて、blackwatchさんは部屋着にはこだわり等はありますか?
というのも、私は自宅にいるときは着古したTシャツと短パンという格好で過ごしていまして、ふと「部屋着もちゃんとしなきゃ!」と思った次第でありまして…
Posted by oki at 2010年05月15日 17:44
okiさん、こんにちは。

部屋着ですか? まあ私くらいになると、家でもモーニングコートやタキシードを着ているものです。ウソです(笑)。

一人暮らしということもあり、部屋着にこだわりはありません。たいてい、スウェットやフリースやTシャツという感じです。ブランドも無印良品やユニクロといったところですし。

でも、新しい部屋着を買うのは好きですね。いつも身に付けているということもあり、快適けどそれなりに見えるものをちょくちょく探しています。
Posted by blackwatch at 2010年05月16日 00:04
こんにちは。

質問なのですが、blackwatchさんはカットソーをインナー(シャツやニット等)に着る場合、
半袖と長袖のどちらを着ますか?
Posted by コーサク at 2013年10月13日 01:42
コーサクさん、こんにちは。

コメントは、できれば1日に1つくらいにしていただいたほうがありがたいです……。もうひとつのコメントについては、後日お答えします。

私は(ドレス)シャツの下にはあまりTシャツ類を着ないのですが、着るなら春夏なら常識的に長袖Tシャツは着ないですよね。寒い時季なら長袖を着ることもあるでしょうが、カフスがピッタリのシャツだと手首が窮屈に感じることも。そういう場合は、9分丈くらいのTシャツが一番望ましいのかもしれません(私は持っていませんが)。

セーターの場合は、防寒のため、そして肌に直接触れることでセーターの袖が汚れることを防ぐため、長袖を着ることが多いです。シャツは毎回洗濯しますが、セーターは頻繁には洗濯しませんから。

こういうことに特に正解はないでしょうから、コーサクさんの感覚、そして常識で判断していただいてよいと思いますよ。
Posted by blackwatch at 2013年10月14日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5727979
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック