コットンニットカーディガンの記事を更新しました

Land's End Cotton Full-zip Cardigan

今日も、過去記事の更新のお知らせです。表題の通り、コットンニットカーディガンの記事を更新しました

関東地方は暑さの峠を越したようで、ここ数日はそれほど暑くありません。そろそろ、秋かな?(なこと書いていると、残暑がぶり返すんだよな…)

季節の変わり目には、脱いだり着たりがラクなカーディガンがあると便利。

どうぞ見てやってください。

今年の夏を振り返る?

今日で8月も終わり。夏休みの宿題はもうやり終えましたか?(笑)ちなみに、私は最終日に(泣きながら)纏めてやるタイプでした…。

夏も終わりということで、今年の夏のファッションを軽く振り返ってみます。

近くに大学があることもあり、私の住んでいる街には若い人が多いです。彼らのファッションは、まあ最先端ではありませんが、超ダサダサでもないですね。ちなみに、私の母校は超ダサダサでしたけど、電車男みたいな(爆)。

彼らを観察しますと、Tシャツ(またはタンクトップ)の上に、半袖シャツを前を閉じずに着る、という着こなしが多いですね。

こういう着こなしは昔からありますけど、近年は特に目立つなぁ。何の影響かな? あまり私は好きではないですけどね。立っているときはいいのですが、歩くと(前を閉じていない)シャツがヒラヒラして鬱陶しいから。

一方、大人の着こなしについては、…うーん、あまり印象に残ってないや(笑)。クール・ビズに尽きるのか。首相が小泉さんでなくなったら、クール・ビズはどうなるんだろ?

…たいした総括にはなりませんでしたね(爆)。日本の夏のファッションはつまらないんですよ。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • ひで

    はじめまして。いつも楽しく拝見してます。

    Tシャツ+全開シャツは確かに多いです。ってか、僕もよくやりますし(笑)ちなみに僕は30代前半だったりしますが(笑)。
    blackwatchさんの仰る「大人な着こなし」っていうのは、若い世代からは「ダサい」「オタク臭い」「オヤジ」等と忌み嫌われるタイプですね。
    これはもう世代の差と言うより他無いんですが・・・。

    思うに、「マジメさ」って言うのは、いわゆる「ファッショナブルさ」とは全く相容れないもののような気がします。
    かつては、かのアイビーですら「不良のファッション」と言われたり、アメリカやイギリス等で興った若者のカルチャー(ジェームズ・ディーンやモッズ、パンクス等々)も「反社会的な若者の象徴」として機能してたりと、いわゆる「不良性」というのとファッションの親和性はかなり高いような気がします。
    大人な男ですら「ちょい不良(ワル)」何て言ってるくらいですしね(笑)。
    逆にマジメな服は、ともすれば「つまらない男」「古臭いオヤジ」「オタク」等と言われて忌み嫌われる場面が多いような・・・。

    blackwatchさんはそのあたりはどうお考えになりますか?
    2005年09月05日 14:58
  • blackwatch

    ひでさん、はじめまして。ご存知かもしれませんが、私も30代前半でございます(汗)。

    まず最初に、お詫びをさせてください。

    今回の記事は、ちょっと言葉足らずというか表現が正確でないというか、内容がイマイチでした。アメトラでも、Tシャツの上から半袖シャツを前を閉じずに着ることはありますよね。

    今夏特に目立ったのは、白い半袖シャツでしたが、まあ、特に目くじら立てる程の着こなしでもないですよね。オヤジの戯言だと思って、許してください(毎日それなりのネタを考えるのは結構しんどくて…)。


    …さて、本題です。まずは「言葉」の整理をさせてください。

    ひでさんは「不良性」という言葉と「反社会的(性)」という言葉を使われていますが、この2つは微妙に印象(?)の異なる言葉のように思いました。

    ・不良性 … 遊び人、ジゴロ、といったイメージ。LEONの「ちょい不良」はこっち。
    ・反社会的(性)… 反体制、反資本主義、といったイメージ。パンクスやモッズはこっち。

    どちらも「キケンな香り」がしますが、ちょっとキケンの種類が違うような…。

    中学生、高校生の「不良」は、上の整理ではどっちかいうと「反社会的」になっちゃいますね。まあ、単なる反抗期のような気がしますが。上の整理は「オトナの不良」を意図しています。

    正直いって、30歳を過ぎても「反社会性」を漂わすということは、もう「筋金入り」ってことですよね(笑)。少なくとも、サラリーマンやってる場合じゃない…。ファッションとしてパンクス等の要素をちょっと取り入れる、ってことはアリだと思いますが、普通の大人がそういう要素を前面に押し出すのはどうかな、と思います。

    一方の「不良性」ですが、私はファッションに不良性必ずしも必要ないと考えています。例えば、80年代のデザイナーズブランドブーム(コム・デ・ギャルソン等)、90年前後の渋カジ、キレカジ(?)ブームなどは、私はあまり不良性を感じませんけどねー。

    もちろん、「オトナの不良」であることを自負している人が不良っぽい格好をするのは、大いに結構なことだと思います。でも、遊び人でもないのに遊び人みたいな格好をするのは、なんつーか、カコワルイ、と思うのですが。

    そうそう、

    > かつては、かのアイビーですら「不良のファッション」と言われたり

    これは、正確ではないと思います。確かに日本ではそういう面があったと思いますが(みゆき族)、本家アメリカではアイビーは名門大学生やそのOBの格好ですよ、確か。要するに、お坊っちゃんやエリートの格好。

    つまり、アメトラやアイビーは体制側(?)、保守派の服ですね。そういった意味では、着こなしがエリート臭くなったり、保守的でつまらなくならないような工夫が必要だとは思います。


    > 若い世代からは「ダサい」「オタク臭い」「オヤジ」等と忌み嫌われるタイプですね。

    これはですね、つまるところアメトラが現在の流行からちょっとズレているからですよね(汗)。私はそんなことは百も承知で、あえてアメトラをテーマにこのブログをやっています。その理由をちょっと纏めてみました。


    【1. マジメな日本人に合っていると思うし、何より私が好きだから】

    アメトラやアイビーは、プロテスタント的な禁欲で質素な服なんで、マジメな庶民には合うと考えました。もちろん、全日本人に合うとは思っていませんし、押し付けようとも思っていません(「はじめまして」の記事も読んでみてください)。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/2699517.html

    ま、本当に日本人に合う服は、和服なんでしょうけどね。この議論はここではやめましょう…。


    【2. 流行ってない服をあえて取り上げることで、目立とうと思った】

    こういう思いがあったことは、否定しません(汗)。だって、セレブ服とかモテ服とかのブログなら、腐るほど他にもありそうじゃないですか。

    こう見えて、着こなしが今っぽく見えるように少しは商品を工夫しているんですよ。本来はアメトラ的ではない、ジーンズやカーゴパンツを多く紹介していますしね。

    ウチで紹介している着こなしでも、サイズやパンツのシルエットに十分気を配れば、それなりに洗練されて見えるとは思うんですけどねー。もっとも、キャバクラの姐ちゃんにはモテないかもしれませんが(泣)。


    【3. 実は、これから流行しそうな気配を感じる(流行先取りのつもり?)】

    セレブ服とかモテ服とかクラシコ云々とか、もう行き着くとこまで行ったと思いますよ。こういうときは、流行の転換点です。

    現に、紺ブレが復活しましたし、今夏はデッキシューズがちょっと人気があったようですし、下地は出来つつあると思います。ま、すぐには盛り上がらないでしょうけどね。もっとも、あまり大々的には流行ってほしくないとも思いますが。


    …以上、回答になっていますでしょうか。長文失礼しました。

    /* 実は数ヶ月前、某巨大掲示板にて当ブログについて少し言及されていました。そのときも同じような内容の書き込みがあったので、気になっていました。ひでさんとは無関係だとは思いますが…。*/
    2005年09月07日 00:07
  • ひで

    お返事有難うございます。
    実は、その某掲示板でここの存在を知った人間だったりしますが・・・(笑)。
    ちなみに僕はマジメ人間です。マジメ過ぎて面白みが無いと言われちゃうくらい・・・(泣)。

    そう、僕の中では「不良性」と「反社会的」ってのが結びついてる部分がありますね。
    ちょうど、学校で隠れてタバコ吸ったり酒飲んでたりするイメージ(いわゆる「反社会的な不良」)。
    そういう人たちってのは制服の着方も、例えば
    「ブカブカのズボンを腰に落として履く」
    「ドレスシャツを裾出しして着る」
    と、ある面で見たら「今の流行の着方」をする人が多かったという感じを受けます。
    だからこそ、「不良=ファッショナブル」という(私的な)イメージが出来上がったのかも知れませんね。(実際、学校ではこういう「不良性」が女の子に妙に人気だったり・・・。)

    そういう人々に対する恐怖心とルサンチマンが、僕をオタクの道に突っ走らせてしまったのかも・・・などと考えてみたり(これはまた別の話)。

    閑話休題。

    僕自身は、アメトラ系の着方は好きですし、多分僕の体型には合うかも知れない(171cm、68kg)と思います。
    だからこそこのブログは非常に楽しみですし、ここに影響されて今度はバラクータのG9が欲しくなっちゃったりもしています(笑)。
    しかし、悲しいかなこれらは、今の流れからするとあからさまに「流行遅れ」な代物だったりするのも事実だと思います。
    いわゆる今流行の「モテ服」「セレブ系」は、とにかく細身だったり、妙に華美だったりと、いわゆる「マジメ」路線からは程遠い物になってる感も受けます。
    そこが、僕が「マジメ=ファッショナブルじゃない」と考えてしまった原因でもあるんですが・・・。

    だけど、いつかは「マジメ系」がファッションの主流になったら、「マジメ=ファッショナブル」なんて時代になっちゃったりもするんですかね?
    それはそれで何か問題なような気も・・・(汗)。
    2005年09月07日 15:04
  • blackwatch

    ひでさん、こんにちは。

    > だからこそ、「不良=ファッショナブル」という(私的な)イメージが出来上がったのかも知れませんね。

    「不良」の人は異性の目を強く気にしていますよね。ですから、結果的に少しはファッショナブルになるんだろうとは思います。

    でも、異性の目ばかりを気にしていては、着こなしのレベルは頭打ちになりますよ。そもそも、女性は男の服のことを全然分かっていませんし(これホント)。もっとも、男は女性の服のことをそれ以上に分かっていないわけですが。

    とにかく、不良、DQNに関するトラウマは忘れちゃいましょう(笑)。マジメでいいじゃないですか。

    ただ、単なる「従順ないい子ちゃん」にはならないことですね。マジメな人はおとなしい人が多いので、これに陥りがちですが。ダメなことにはダメとはっきりいいましょう。えーっと、これは自戒を込めて書いてます(汗)。

    > 今の流れからするとあからさまに「流行遅れ」な代物だったりするのも事実だと思います。

    バラクータは、去年も今年もLEONやMen's EX等で取り上げられていますよ。着こなし次第で十分今っぽくなるはずです。もしかして「流行に敏感な人は着ています」というアイテムかも。

    > 「マジメ=ファッショナブル」なんて時代になっちゃったりもするんですかね?

    マジメか不良かというより、アングロサクソン的(禁欲的)かラテン的(享楽的)か、ブルジョワ的か庶民的か、みたいな軸で考えた方がいいのかもしれません。私も服飾の専門化ではないので、うまく整理できないのですが。

    ひでさんは今までそれほど衣服に興味をお持ちでなかったのかもしれませんが、服の流行ってのは吃驚するくらい変わります。1年毎の変化はそれほどでもないですが、10~15年くらいのスパンで見ると、もう残酷(?)なほど。今最先端のアイテムも、いつの間にかダサアイテムに転落してたりするもんです。

    流行の真っ只中にいると、ついつい今の流行が永遠に続くように感じるのですけどね。そうはいかない。

    流行とはうまく付き合っていきたいですね。流行を全く無視するのは寂しいですが、流行に乗りすぎるのも愚かに見えるので、気をつけたいところ。

    そうそう、服の流行は、話し言葉の流行にちょっと似ています。死語を連発するとオジサン臭いですし、流行り言葉を使いすぎると知性を疑われます(アホに見える)。
    2005年09月08日 00:26

この記事へのトラックバック