マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)のファッションを久しぶりに見ると…

先日、たまたま超久しぶりにマイケル・ジャクソンMichael Jackson"Beat It" (「今夜はビート・イット」)のビデオクリップを観る機会がありました。1983年の大ヒット曲。

10年くらい前までは当時のマイケル・ジャクソンのファッションは時代がかって見えたと思うのですが、今見たら結構普通のロック系ファッションという感じ。いやぁ、流行というヤツは繰り返すものですなぁ。

Michael Jackson 25th Anniversary of Thriller / マイケル・ジャクソン: スリラー 25周年記念リミテッド・エディション
Amazon.co.jp
アソシエイト

この曲は、印象的で派手なギターリフにメロディアスなサビのコーラスを被せているところが格好いいと思います。

そうそう、タッピング奏法ライトハンド奏法を駆使したギターソロをエドワード・ヴァン・ヘイレンEdward Van Halenが弾いていることは、当時のロックファンの常識でしたな。

マイケルのビデオと言えば、決定版はやはり "Thriller"スリラー。ここでのマイケルのファッションは、今見てもちょっと派手かなぁ(汗)。基本は "Beat It" と同じで、レザー(?)ブルゾンに極細身のパンツなんですが。

それにしても当時のマイケルは、ダンスはキレキレだし、ボーカルも独自の歌唱法を完成させているし、まさにスーパースターだなぁと。その後、あんなことやこんなことがあるなんて、ねぇ。

おまけ

Weird Al Yankovic Greatest Hits
Amazon.co.jp
アソシエイト

ウィアード・アル・ヤンコビック"Weird Al" Yankovicの "Eat It"(今夜もイート・イット)という曲もありました。もちろん、マイケルの馬鹿馬鹿しいパロディ。でも、曲もビデオも本格的なのです。

アル・ヤンコビックは、オレたちひょうきん族ひょうきんベストテンにゲスト出演したことがあります。これ、私は当時本放送で見ましたよ。「食え~」と唄っています。

Cinquantaの記事を更新しました

Cinquanta Suede A-1 Blouson

本日の更新は、以下の記事でございます。

春秋向けの薄手のレザージャケットが入荷しています。レザーのトートバッグなんてのも。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • ユウダイ

    いいっすねーマイケル×クインシー三部作、マイケルは当時ビートイットとスリラーは自費でビデオ製作しているし、
    アイスTは著書では『筋金入りのギャングスター連中も前の列に座らせて女みたいに叫ばせることができるんだ』と書いているし爆発的な反響わかりますね。ムーンウォーク踊ってましたよ。
    2008年03月25日 05:34
  • フルプロ

    はじめまして。こちらのブログは結構前からちょくちょく拝見させてもらってます。
    6歳のとき車の中でスリラーが流れていて最後のおっさんの不気味な語り(?)になると怖くなっていたことを思い出しました。
    その年にも関わらずbeat itのギターソロがすごくかっこよく印象に残り、あのヴァンヘイレンが弾いていた事をなんと最近知りました(^^;)
    今20代半ばで、80年代の音楽はリアルタイムで聞いた記憶はほとんどないのですが、洋楽邦楽総合的に一番好きかも。
    スマステーションで洋楽ヒット曲を紹介するコーナーがあり、カールスモーキー石井さんが言ってましたが、80年代の音楽は曲の構成がはっきりしているそうです(サビはサビ!って感じ)
    なんていうかすごく聞きやすいですよね。メロディが頭にすぐ入って残りやすいというか・・・。
    2008年03月25日 12:26
  • blackwatch

    ユウダイさん、こんにちは。

    当時私はガキだったのであまり気が付かなかったのですが、今改めて見ると彼の天才ぶりに驚きます。再評価すべきですよね。

    もっとも、私は彼のアルバムをまともに聴いたことがないのですけど…(汗)。

    フルプロさん、こんにちは。

    実は私は70年代の音楽のほうが好みなのですが、80年代は私の青春時代、何だかんだ言ってこのころの洋楽はよく聴きました。

    私なりに80年代の音楽の特徴を述べると、シンセサイザーを本格的に導入しだしたことと、曲調が軽いことかな。親しみやすいのは確かでしょう。
    2008年03月26日 00:04

この記事へのトラックバック