2005年11月13日

サイドゴアブーツ、ジョッパーブーツ等、ブーツを集めてみました

Dress Boot(ドレスブーツ)

今日は、ブーツ革靴)をいろいろ集めてみました。特に、ドレス寄りのブーツが多め。《最終更新日: 2013年2月9日》

レースアップブーツ、サイドゴアブーツ、ジョッパーブーツ、…

「ブーツ探求」雑誌Last(ラスト)Vol.12を読む

ブーツについては、雑誌LastラストVol.12にいろいろまとめられていて分かりやすかったですよ

いちおう、以下に私なりのブーツについての思うところ(?)を述べてみます。

レースアップブーツ(編み上げブーツ)
Tomorow ES-35

広義の編み上げブーツは多種多様でして、ゴツいものからドレス寄りのものまでいろいろあります。ゴツくないものなら、比較的いろいろなスタイルに合わせやすいと思います。

フォーマル寄りの内羽根のものもあります。

サイドゴアブーツ(チェルシーブーツ)
Chelsea Boot

靴ヒモ(シューレース)ではなくゴムで調節するブーツで、着脱が容易。歴史の古い靴で乗馬などにも使われ、そしてビートルズThe Beatlesが履いたことで街履き用として普及したようです。

特に、60年代(1960年代)風のブリティッシュスタイルと相性が良いでしょう。

ジョッパーブーツ(ジョドパーブーツ)
Jodhpur Boot

足首のストラップで固定するブーツで、乗馬の印象が強いですね。上品なカントリースタイル、もしくはフレンチ・トラッドあたりと相性が良さそう。

チャッカブーツ(チャッカーブーツ)

チャッカブーツ(チャッカーブーツ)を集めてみました

ブーツ入門としても向いているのが、足首丈のブーツであるチャッカブーツチャッカーブーツ

ドレスにもカジュアルにも、そしてスーツにも合わせられるブーツです。一足あると何かと便利でしょう。

ワークブーツ

ワークブーツ、ワークシューズを集めてみました

ラギッドで丈夫なブーツがご希望なら、労働者が作業用に履くワークブーツをまず候補にすべきでしょう

エンジニアブーツ、ペコスブーツ、ラインマンブーツ(モンキーブーツ)など、いろいろあります。

マウンテンブーツ、トレッキングブーツ、ハイキングブーツ、クライミングブーツ、登山靴

マウンテンブーツ、トレッキングブーツを集めてみました

アウトドアスタイルに合わせるなら、やはりマウンテンブーツトレッキングブーツハイキングブーツクライミングブーツといった登山靴が最高です

本格的なものにするか、街履き向きのソフトなものにするか……。

Comoli(コモリ) x Joseph Cheaney(ジョセフ・チーニー)

Cheaney(チーニー)

コモリComoli)は、小森啓二郎氏が2011年に創設したブランド。強いて言えばフレンチっぽいと思います。今注目されているブランドです。

コモリが、1886年創業のイギリスの名門靴ブランドであるジョセフ・チーニーJoseph Cheaney別注しました。スエードスウェード地のサイドゴアブーツチェルシーブーツで、素地仕上げのウェルトが印象的です。

木型(ラスト)は、イギリス軍靴に使われていたというボリュームのある “4436”。頑丈なコマンドーソール仕様でグッドイヤーウェルト製法。イギリス製。

Comoli x Joseph Cheaney Chelsea Boots: Black
Joseph Cheaney Chelsea Boots: Black
Comoli x Joseph Cheaney Chelsea Boots: Black
Black
Comoli x Joseph Cheaney Chelsea Boots: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

ブラックスエード地の靴は、フレンチな着こなしに特に使いやすいと思います。アメリカやイギリスの着こなしにはそれほど使われないかなと。スエードだと黒でもビジネス色・フォーマル色が薄れるところが良いところ

G. Rodson(G・ロッドソン、ジー・ロッドソン)

G・ロッドソンジー・ロッドソンG. Rodson)は、フランス人のジェラール・セネGerard Sene氏が手がける1982年に誕生したブランド。往年のハリウッドスターの服を意識したコレクションで特に靴に定評がありましたが、靴を生産していたイギリスの工場が閉鎖されたことを受け、惜しくもこのブランドは終了となってしまいました。

しかし、一部の靴マニアに人気だったこのブランドが、なんとインドネシアのジャラン・スリウァヤJalan Sriwijaya製で復活しました! 独特のちょっととがった(でも近年の下品なトンガリ靴とは完全に一線を画す)木型(ラスト)はそのままです。以前よりつくりが良くなっていたりして。

Voxヴォックスボックス)は、サイドゴアブーツ。シンプルなデザインで、木型の良さがよく分かります。革底レザーソール)仕様。

G. Rodson Vox: Black
Black
G. Rodson Vox: Black
Vox: Black
G. Rodson Vox: Black
Vox: Vox: Black
G. Rodson Vox: Dark Brown Suede
Dark Brown Suede
G. Rodson Vox: Dark Brown Suede
Vox: Dark Brown Suede
G. Rodson Vox: Dark Brown Suede
Vox: Dark Brown Suede
↑ クリックで商品一覧ページへ

TOMODAのパーソナルオーダー(宮城興業)

どうしても既成靴では足が合わない人や、気に入った色のものがない人は、靴屋TOMODAのパーソナルオーダーシステム、誂え靴友郎Tomorow)」はいかがでしょう。製法はもちろんグッドイヤーウェルト。デザインも非常に正統派で、長く愛用できること間違いなし!

甲革(アッパー)の色や素材、や靴底(ソール)の形式を選ぶことができるのはもちろんのこと、サイズもlength(足長)だけでなくwidth(足囲、ウィズ、ワイズ)もなんとD、E、EE、EEE、EEEE、Fの6種類から選択できます。注文するときには、サンプルシューズ(ゲージ靴)が送付されて試し履きができるので、通販でも安心です。

ここのブーツは、ES-26(「」)、ES-27(「」)、ES-28(「」)、ES-21(「」)、ES-34(「」)、ES-35(「」)、ES-36(「」)の7種類。サイドゴアブーツ、ジョッパーブーツ、ウイングチップブーツブローグブーツ)、チャッカブーツなどです。

ES-26
ES-26
ES-27
ES-27
ES-28
ES-28
ES-34
ES-34
ES-35
ES-35
ES-36
ES-36
ES-21
ES-21
↑ クリックで商品一覧ページへ

チゼルトウのものもありますが、このブログとしてはラウンドトウのものをオススメしたい。値段については、パーソナルオーダー(パターンオーダー)にしてはたいへん良心的だと思います。

なお、ここのオーダーシューズは、宮城興業の工場でつくられています。靴好きには、結構有名なところです。

Tricker's(トリッカーズ)のカントリーブーツ

トリッカーズのカントリーブーツ、ウイングチップシューズ: Tricker's Malton M2508

英国王室御用達ロイヤルワラント)ブランドでもあるトリッカーズTricker's)は、1829年創業のイギリスの靴ブランド。

MaltonStowといったカントリーブーツは、トリッカーズの代表作といってよいでしょう。ブリティッシュカントリースタイルには欠かせません。

Church's(チャーチ)

Church's(チャーチ)の靴、ブーツ

英国、いや世界を代表する既製靴ブランドといってもよさそうなチャーチChurch's)は、1873年創業のイギリスの老舗靴ブランド。

本格靴好きなら、ここは避けて通れない名門です。サイドゴアブーツやレースアップブーツなどがあります。比較的廉価な点がウリの、City Collectionシティー・コレクション)もありますよ

Cheaney(チーニー)

Cheaney(チーニー)

2009年についにチャーチから独立したチーニーCheaney)は、1886年創業のイギリスの靴ブランド。

これからはいままで以上に自由に靴をつくってくれると思われ、さらに期待できます。サイドゴアブーツなどのブーツがあります。

Crockett & Jones(Crockett and Jones、クロケット&ジョーンズ、クロケット・アンド・ジョーンズ)

Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)の靴

実用靴の最高峰ブランドともいえるクロケット&ジョーンズクロケット・アンド・ジョーンズCrockett & JonesCrockett and Jones)は、1879年創業のイギリスの靴ブランド。

ブーツについても、実用靴の最高峰的なドレッシーなものがそろっています。サイドゴアブーツやレースアップブーツなど。

Grenson(グレンソン)

Grenson(グレンソン)の靴

アルマーニなどの靴も手掛けたことのある老舗の名門であるグレンソンGrenson)は、1866年創業の英国靴ブランド。

ブーツは、ブローグブーツなどをつくっています。バブアー(バーブァー、Barbour)とコラボした靴も見逃せません。

Alfred Sargent(アルフレッド・サージェント)

Alfred Sargent(アルフレッド・サージェント)の靴、ブーツ

英国靴入門にピッタリなブランドであるアルフレッド・サージェントAlfred Sargent)は、1899年創業のイギリスの靴ブランド。

ブーツもいろいろそろっていまして、レースアップブーツやサイドゴアブーツなどがあります。

Loake(ローク)

Loake(ローク)の革靴(靴)

英国王室御用達(ロイヤルワラント)でありながらモッズな人たちにも愛されたロークLoake)は、1880年創業のイギリスはノーザンプトンの老舗靴ブランド。

ブーツもありまして、カントリーブーツなどがあります。

Sanders(サンダース)

サンダースの靴、ブーツ: Sanders Military Cap Toe Boot 8946

イギリス国防省(MOD)などの制服(ユニフォーム)用の靴もつくっているサンダースSanders)は、1873年創業のイギリスはノーザンプトンのサンダース&サンダース(Sanders & Sanders)社が展開する老舗靴ブランド。

マジメで質実剛健な靴を得意としています。ミリタリーコレクションの無骨かつ端正なブーツがオススメ。

Clarks(クラークス)

クラークスの靴: Clarks Wallabee Boot

今のカジュアルシューズを代表するブランドといってよさそうなクラークスClarks)は、1825年創業のイギリスの靴ブランド。

ワラビー・ブーツWallabee Boot)やデザート・ブーツDesert Boot)など、ブーツも名作ぞろいです。

Zeha(ツェハ)

ツェハの靴、スニーカー、ブーツ: Zeha Premium Trier

一時期ブランドを停止していましたが近年復活したツェハZeha)は、1897年にドイツ(旧東ドイツ)はチューリンゲンで設立されたスポーツシューズブランド。

日本向けの商品は日本人の人がデザインしているようで、洒落た靴が多いと思います。ステッチダウン製法でシャークソール(リップルソール)を装備したブーツもありますよ。

Florsheim(フローシャイム、フローシェイム)

フローシャイム(フローシェイム)の靴、コブラヴァンプ(コブラバンプ): Florsheim Broken-In Brogue Boot 19027

アメリカの本格ドレスシューズブランドの雄のひとつであるフローシャイムフローシェイムFlorsheim)は、1892年創業のアメリカの老舗靴ブランド。

代表作としてはウイングチップが挙げられますが、そのブーツ版も出ました。履き慣らしたような加工が施されています。

Quoddy Trail Moccasin(クオディ・トレイル・モカシン、クオッディ)

クオディ・トレイルのキャンプモカシン: Quoddy Trail Moccasin Grizzly Boot 1004

手縫いのモカシンに定評があるクオッディ・トレイル・モカシンクオディQuoddy Trail Moccasin)は、1909年創業のアメリカはメイン州の靴ブランド。

モカシン製法の靴としてすこぶる評判の高いブランドでして、ブーツ型のモカシンも各種あります。

Eastland(イーストランド)

イーストランドのモカシン靴、ブーツ: Eastland Kennebunk 7804

マッケイ系の製法でつくられたモカシン靴を得意としているイーストランドEastland)は、1955年創業のアメリカはメイン州のカジュアルシューズブランド。

モカシン系のブーツもいろいろつくっていまして、そのラギッドな雰囲気は魅力的です。

Russell Moccasin(ラッセルモカシン、ラッセル・モカシン)

ラッセルモカシンのキャンプモカシン、ブーツ: Russell Moccasin Safari PH

モカシンシューズの代表的なブランドであるラッセルモカシンラッセル・モカシンRussell Moccasin)は、1898年創業のアメリカのアウトドアシューズブランド。

Safari PHサファリPH)やHikerハイカー)など、ブーツも豊富にそろっています。

L.L.Bean(L・L・ビーン、エル・エル・ビーン、エルエルビーン)のビーンブーツ(ガムシュー、ガムシューズ)

L・L・ビーン(エル・エル・ビーン、エルエルビーン)のキャンプモカシン、ビーンブーツ、トートバッグ: L.L.Bean Bean Boots 6 TA29401

アメリカを代表するブランドのひとつであるL・L・ビーンエル・エル・ビーンエルエルビーンL.L.Bean)は、1912年創業のアメリカはメイン州のアウトドア用品ブランド。

ガムシューガムシューズ)のビーンブーツは、L・L・ビーンの原点ともいえる商品。下半分はゴム、上半分はレザーで作られた、滑りにくく防水性に優れたブーツです。丈の長さはいろいろあります。

Sebago(セバゴ)

Sebago(セバゴ)のデッキシューズ、ビーフロールローファー

ローファーやデッキシューズを得意としているセバゴSebago)は、1946年創業のアメリカの老舗の靴ブランド。

セバゴのデッキシューズは昔から世界的に知られていまして、創業当時くらいはあのスペリー・トップサイダーにデッキシューズを納入していたらしい……、です。モカシン系のブーツもつくっています。

Jalan Sriwijaya(ジャラン・スリウァヤ、スリワヤ、スリウィジャーヤ)

Jalan Sriwijaya(ジャラン・スリウァヤ)の靴、ブーツ

ハンドソーンウェルト(ウェルテッド)製法とグッドイヤーウェルト製法を交ぜた製法を採用しているジャラン・スリウァヤJalan Sriwijaya)は、もともとは1919年創業のインドネシアの靴工場だったそう。2003年に「ジャラン・スリウァヤ」ブランドが誕生しました。

この製法特有の履き心地が柔らさが、すこぶる好評です。見た目も端正で、これだけの靴がこの値段なのはインドネシアの人件費が安いからできる芸当なのでしょう。サイドゴアブーツやレースアップブーツがあります。

Caminando(カミナンド)

Caminando(カミナンド)の靴、ワークブーツ

関税の安いメキシコで生産しているカミナンドCaminando)は、2008年に誕生した日本の靴ブランド。

特にブーツに力を入れているようで、スタイリッシュでラギッドなブーツがそろっています。

Spingle Move(スピングル・ムーヴ、スピングル・ムーブ)

Spingle Move(スピングル・ムーヴ、スピングル・ムーブ)のスニーカー(靴)

バルカナイズ製法のスニーカーをマジメに作り続けるスピングル・ムーヴスピングル・ムーブSpingle Move)は、広島県府中市(備後、びんご)に工場を持つ日本のスニーカーブランド。

新参スニーカーブランドの中では、ここは「キャラ立て」に成功しているといえるのでは? ソールがまくれ上がっていることが大きな特徴。ブーツ型のスニーカーもあります。

他の記事も……

プレーントウ(プレーントゥ)の靴を集めてみました ウイングチップ(フルブローグ)の靴を集めてみました

タグ / 靴: ブーツ」をご覧になると、当ブログのブーツに関する全記事を網羅できます。「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

また、チャッカブーツチャッカーブーツ)を集めた記事もお見逃しなく

モンクストラップの靴を集めてみました Uチップ、Vチップの靴を集めてみました

なお、もし今日の記事の商品などがうまく表示されないようでしたら、「快適にご覧いただくために……」の記事の内容を確認してみてくださいね。ノートン先生が何かしているかも……。

関連記事

追記

  • (2006年1月21日)商品を追加。
  • (2006年2月11日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年8月3日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年1月26日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年11月29日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年11月18日)商品を追加、入れ替え。
  • (2011年2月12日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2013年2月9日)2012年度秋冬最初の更新。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック
posted by blackwatch at 01:00| Comment(10) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
blackwatchさん、こんばんは!
またまたお邪魔しました。相変わらずたくさんの商品を紹介されていて脱帽です。
私もパラブーツについて記事を書いていますので、TBさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
Posted by correne at 2005年12月07日 18:21
correneさん、こんにちは。

パラブーツのノルウィージャン製法の靴は、靴好きなら気になる靴なんですよね。特に高級感溢れる靴というわけではないのですが、作りが頑丈なくせに雰囲気が上品なところがいいです。履き倒したくなる靴です。

あ、そうそう、トラックバックされるときは、特にこちらにコメントされなくても結構ですよ。トラックバックだけでもぜんぜん無作法とは思いませんし。
Posted by blackwatch at 2005年12月08日 18:58
きました。
ブーツですね。
サイドゴアがほしいです。と言い続けて何年目だろ??

ビジネスとカジュアルに使えるのがいいですね。

ところで、革靴でも、ローファーは、本来カジュアルなわけですが、その他のプレーン、ウイングチップは、どうでしょうか?
ちなみに、今日、ホワイトの501の足元に茶のUチップをあわせてみたらよかったです。上は、タートルに黒の(別珍?)ジャケットでした。
Posted by けろりん2 at 2006年01月22日 15:49
けろりん2さん、こんにちは。
サイドゴアは、脱ぎ履きが楽なのが大きな特徴かな、と。ある意味、日本人向きといえるかもしれません。スリッポンのブーツ版?

プレーントウは、よくも悪くも特徴のない靴だと思います。プレーントウの形はミリタリーシューズやワークシューズに採用されることが多い一方、(華奢なデザインなら)フォーマルにも合わせられます。John Lobbの定番フォーマルシューズは、内羽根式のプレーントウだったはず。

ウイングチップは、どちらかというとカントリー寄りの靴ですね。ツイードとかフランネルみたいな素材感のある服とは特に相性がいいです。濃い色の靴なら普通のビジネススーツに問題なく合わせられますが、冠婚葬祭には全く不向きでしょう。
Posted by blackwatch at 2006年01月23日 00:08
こんにちは!
そういえば今月のメンクラで、綿谷画伯がトニー・ラマのウェスタンブーツについて言及されてましたね。
イマドキの細身なカーゴパンツ(セレブカーゴと言うそうな)に合わせてチャッカブーツっぽく履くというのは、結構カッコイイかも。
Posted by k-d-hide at 2006年02月12日 11:58
k-d-hideさん、こんにちは。
メンクラ、私も読みました。

セレブカーゴ(笑)にウエスタンブーツ、悪くないんじゃないでしょうか。

ちなみに昔の渋カジブームのときは、紺ブレにユーズドジーンズにウエスタンブーツ、なんて着こなしが流行ってましたよ。

ウエスタンブーツって、なにげに作りが立体的で凝っているんですよね。ウエスタンブーツを作るメーカーなら、普通の靴を作るのは簡単なんじゃないかと想像します。
Posted by blackwatch at 2006年02月13日 00:58
blackwatchさんこんばんは。いつもコメントの返信ありがとうございます。
先日ご相談したオールデンのVチップ54331ですが思ったよりサイズが大きく泣く泣く諦めました。
自分は25.5cmなので普段は7〜7ハーフを選ぶのですがオールデンはワイズがDなので8でも良いと思い試履したらモディファイドラストは思っていたよりも余裕がありすぎました。他のサイズがありませんでしたのでとても悔しいです。
54331はまた気長に待つとして、

最近サイドゴアブーツが気になるのですが、この記事でも見させていただきましたTOMODAのオーダー気になります。自分のサイズに合うものをしっかり作ってくれそうなのは魅力です。
イギリスなら、ジョセフチーニーがピンときました。

毎度すみませんがアドバイス頂けたら嬉しいです。
宜しくお願いします。

Posted by レフ at 2015年12月19日 18:07
レフさん、こんにちは。

(今回に限りませんが)どういう観点で悩まれているのがよく分かりませんので、お答えするのが難しいです(例えばどんな着こなしに合わせるのかとか)。一般論を申し上げます。

Cheaney級くらいのブランドの英国靴であれば、やはり「雰囲気」があります。既製品の見た目が好みで足にも合いそして予算にも合うのであれば、私ならこちらを選びます。

TOMODA(宮城興業)のほうは、widthが選べていろいろカスタマイズできるのが魅力。既製品で満足できないのであれば、やはりこちらでしょう。
Posted by blackwatch at 2015年12月20日 00:16
blackwatchさんこんばんは

返信ありがとうございます。参考にさせていただきます。
普段着ですが、カジュアルですがキレイめ寄りだと思います。上はフレンチ寄りのシャツやニットが好きです。下はリジッドのストレートのデニムをジャストで履くのが好きなので何本か着回しています。もうずっとこの感じですので靴に合わせるというよりはこの服の感じに合わせて靴を買っていきたいと思っています。

いつもありがとうございます。
Posted by レフ at 2015年12月20日 23:53
レフさん、こんにちは。

レフさんも想像していただけると分かると思いますが、会ったことも見たこともなく年齢も趣味も分からない人に服のアドバイスをするのは難しいものなのですよ(好きなブランドとかも分かりやすい情報です)。

ちなみにサイドゴアブーツで有名なブランドというと、J.M. Westonも挙がるでしょう。まあ、それなりのお値段にはなりますが。
Posted by blackwatch at 2015年12月22日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9268354
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック