リボンベルト、ウェブベルト、サーシングルベルトを集めてみました

Ribbon Belt

今日は、リボンベルトを取り上げます。《最終更新日: 2018年6月14日》

リボンベルトとは

リボンベルト(ribbon belt)は本来はグログランなどのリボン地でつくられたベルトのことだと思いますが、日本では布地でできたベルト全般をリボンベルトと呼んでいるような気がします。当ブログも、とりあえずそれに準じます。

布地でできたベルトということで、ウェブベルトweb beltと呼ぶこともあります(“web” は「織物」の意味)。厚手の生地でつくられたものは、こっちの名前のほうがしっくり来るような気がするなぁ。

日本で言うところのリボンベルトには種類がありまして、以下にそれを挙げてみます。

Surcingle Belt(サーシングルベルト、リボンベルト)
ダブルリングベルト(Dリング、Oリング)型

DリングOリングダブルリングベルト型のもの。グログラン地のものはたいていこの形式で、英語で言うところのリボンベルトといえばたいていこれでしょう。

普通のベルトのバックル型、サーシングルベルト

普通のベルトのバックルが付いたベルトで、たいてい皮革レザーとのコンビ仕様になっています。この型には厚手の布地が使われていることが多いですね。英語ではsurcingle beltサーシングル・ベルトと言えば通じそう。リングベルト型よりもトラッドな雰囲気。

リボンベルトの着こなし

リボンベルトは、カジュアルなベルトです。ビジネスやフォーマルには、普通は合わせません。ただしサーシングルベルトなら、ジャケパン(ジャケット+パンツ)には職場によってはビジネスでもいけるように思います。

スペリー・トップサイダーのデッキシューズ、キャンバススニーカー: Sperry Top-Sider Authentic Oxford TS001505

個人的には、スニーカーを履いたときに特に心強く感じるかも。スニーカーにはグレーとかネイビーとか黒茶以外の色が使われることが多く、普通のレザーベルトだとしっくり来ないことが多い感があります。リボンベルトならそのへんをあまり気にしなくてもよいですし、色展開もより豊富で色合わせもできます。

季節感についてですが、強いていえば特にグログラン地のものは春夏の印象が強いと思います。布地が厚ければ見た目の雰囲気で判断すればよいでしょう。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますが、ベルトにも力を入れています。

今季のブルックス・ブラザーズは、リボンベルトに力を入れていますね。グログラン素材、ウェブ素材、サーシングル型など各種あります。手間のかかる(そのぶん高価になりますが)刺繍(ニードルポイント)柄にも注目してください。

春夏用としては涼し気なシアサッカー素材、秋冬用としては野趣に富んだドニゴールドネガルツイードハリスツイード素材を使用したものがあります。

Brooks Brothers Canvas Leather Belt 546F: Khaki
Canvas Leather Belt: Khaki
Brooks Brothers Canvas Leather Belt 546F: Blue
Canvas Leather: Blue
Brooks Brothers BB#1 Stripe Ribbon Belt MV00261
BB#1 Stripe Ribbon
Brooks Brothers Red Fleece Embroidered Dog Belt RV00016: Khaki
Red Fleece Embroidered Dog Belt: Khaki
Brooks Brothers Red Fleece Embroidered Dog Belt RV00016: Khaki
Khaki
Brooks Brothers Red Fleece Embroidered Dog Belt RV00016: Navy
Navy
Brooks Brothers Red Fleece Madras Leather Belt RV00019
Red Fleece Madras Leather Belt
Brooks Brothers Red Fleece Striped Cotton D-Ring Belt RV00007: Navy
Striped Cotton D-Ring: Navy
Brooks Brothers Red Fleece Striped Cotton D-Ring Belt RV00007: Burgundy
Striped Cotton D-Ring: Burgundy
↑ クリックで商品一覧ページへ

カジュアルラインのレッド・フリースRed Fleece)のベルトは、遊び心があります。犬の刺繍やマドラスチェック地のサーシングルベルトは、トラッド気分満点です。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

Barrons-Hunter(バロンズ・ハンター)

Barrons-Hunter(バロンズ・ハンター)のリボンベルト

バロンズ・ハンターBarrons-Hunterは、1981年創業のアメリカはバージニア州のベルトブランド。ラルフ・ローレンRalph Laurenなどの有名ブランドのベルトをつくっていたそうです。

リボンベルトを得意としているブランドでして、特にグログラン地のリボンベルトは充実しています。アメリカ製。

Barrons-Hunter Grosgrain Stripe Belt
Grosgrain Stripe Belt
Barrons-Hunter Grosgrain Stripe Belt
Grosgrain Stripe Belt
Barrons-Hunter Grosgrain Stripe Belt
Grosgrain Stripe Belt
↑ クリックで商品一覧ページへ

Anderson's(アンダーソンズ)

Anderson's(アンダーソンズ、アンダーソン)のメッシュベルト、リボンベルト、ダブルリングベルト

評価の高いベルト専業ブランドであるアンダーソンズAnderson's)は、1966年創業のイタリアはパルマのベルトブランド。

こちらは、いわゆるサーシングルベルト。近年のアンダーソンズはこんなアングロサクソン的なトラッドなベルトもつくっています。皮革部分はカーフとスエードの2種類。幅は標準的な3cmです。イタリア製。

Anderson's B0587 NE22 PL01: Beige / Brown
B0587 NE22 PL01: Beige / Brown
Anderson's B0587 NE22 PL01: Brown
Brown
Anderson's B0587 NE22 PL01: Navy / Brown
Navy / Brown
Anderson's B0587 NE22 PL01: Navy
Navy
Anderson's B0587 NE22 PL11: Navy
B0587 NE22 PL11: Navy
Anderson's B0587 NE22 PL11: Navy / Brown
Navy / Brown
Anderson's B0587 NE22 PL11: Brown
Brown
Anderson's B0587 NE22 PL11: Beige / Brown
Beige / Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

Anderson's(アンダーソンズ)

Anderson's(アンダーソンズ、アンダーソン)のメッシュベルト、リボンベルト、ダブルリングベルト

評価の高いベルト専業ブランドであるアンダーソンズAnderson's)は、1966年創業のイタリアはパルマのベルトブランド。

今っぽくて大人っぽい雰囲気のベルトをお探しなら、まずはこのブランドを当たってみてください。「今」を代表するベルトブランドのひとつだと思います。

他の記事も……

メッシュベルトを集めてみました ドレスベルト、カジュアルベルトを集めてみました

ベルトを集めた記事やメッシュベルトを集めた記事がありますので、まずはそれらをご覧ください。

タグ / 小物類: リボンベルト」をご覧になると、当ブログのリボンベルトに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / 小物類」をご覧になると、当ブログの小物類に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2009年6月24日)2009年春夏最初の更新。
  • (2010年6月3日)2010年春夏最初の更新。
  • (2011年7月11日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年6月22日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年6月16日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年12月26日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年6月14日)2014年春夏最初の更新。
  • (2015年6月24日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年12月13日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年6月15日)2016年春夏最初の更新。
  • (2017年6月15日)2017年春夏最初の更新。
  • (2018年6月14日)2018年春夏最初の更新。

この記事へのコメント

  • kerorin2

    ご無沙汰です。
    毎日見てますよ~。
    父の日ギフトに皮製のキーホルダー、キーを収納できるキーケースを買おうと思ってます。
    しっかりしたつくりの肉厚な革製キーホルダー、紹介してもらえませんか?
    2008年05月15日 08:00
  • NowhereMan

    ベルトは、靴の色と合わせると言いますが、ベルトは黒を一つしか持っていないためほとんどそろってないのですが、どうなんでしょうか?
    フォーマルな格好のときのことを言っているのですかね?
    2011年07月12日 07:48
  • blackwatch

    NowhereManさん、こんにちは。

    「ベルトの記事」にも書いているのですが、皮革(レザー)製の場合は「靴が黒でベルトが茶」もしくは「靴が茶でベルトが黒」という合わせはよろしくないでしょう(靴やベルトに限らず、皮革の黒と茶は交ぜて使わないほうがよい)。ドレスでもカジュアルでもフォーマルでも。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/2749490.html

    素材が皮革ではない場合や、靴かベルトのどちらかの色が黒でも茶でもない場合は、ご自身のセンスで選んで構わないと思います。
    2011年07月13日 00:03
  • NowhereMan

    なるほど、素材によって合わせると良いんですね。
    特に黒色と茶色。
    ためになりました、ありがとうございました。
    2011年07月13日 09:09
  • blackwatch

    NowhereManさん、こんにちは。

    素材の色合わせがうるさいのは、皮革(レザー)と金属(ベルトのバックルや腕時計など)くらいです。まあ気にしすぎる必要はないのですが、皮革の黒と茶は気になっちゃいますね。
    2011年07月14日 00:04

この記事へのトラックバック