Pコート(ピーコート)を集めてみました

ショットのPコート(ピーコート): Schott Classic 32 Oz. Melton Wool Naval Pea Coat 740

今日は、PコートピーコートP-コートを集めてみました。《最終更新日: 2016年11月15日》

Pコートとは(ピーコートとは)

Pコートは、ヨーロッパの猟師が着ていたコート、もしくはイギリス海軍やオランダ海軍などが着ていた軍服が起源のようです。ボタンにいかりマークが入っているのが、その名残といえるでしょう。

Pコートはダブルダブルブレストのコートですが、左右どちらを前にしてもボタンを留めることができるのが大きな特徴。どこから風が吹いても風がコートの中に入り込まないための配慮です。真冬の軍艦の甲板の上は、いくら分厚いメルトンウールを使用しているとはいえ極寒でしょうからねぇ。

またその大きな襟は、立てることによって波音がうるさい甲板の上でも指示などが聞きとりやすくなるんだとか。

IVY Illustrated - 絵本アイビーボーイ図鑑

今ではすっかり冬の定番アウターになりまして、アメトラアメリカン・トラッドの教科書(?)といえる『絵本アイビーボーイ図鑑』にも登場していますよ。タートルネックセーターにデザートブーツを合わせています。

Pコート(ピーコート)の着こなし

マフラー、ストールを集めてみました、巻き方も… タートルネック(タートル)、ハーフジップのセーターを集めてみました

ちょっとだけPコートの着こなし方について。

インナーは、まあなんでも良いのですが、一番「らしい」のは厚手のタートルネックセーターかな。マフラーをグルグル巻くのも良いですね。

パンツはチノパンツ(チノパン)でもジーンズでもどうぞ。Pコートは、真冬のアウターにしては細身のパンツもよく合います。

チノパンツ(チノパン)他、カジュアルなコットンパンツを集めてみました 5ポケットパンツ、ジーンズを集めてみました

靴は、アウターのボリュームに合わせて少しゴツめが良いでしょう。デザートブーツとの相性は、抜群です。

あと、Pコートにはワッチキャップニットキャップ)がよく合いますよ。まさに鉄板の組み合わせです。

ワークブーツを集めてみました クラークスの靴: Clarks Desert Boot

最後に、Pコートの着こなしをいくつかご紹介。やはり襟は立てて着ている人が多いですね。

映画

『ザ・コートスタイル』は貴重な写真満載で楽しめます

1966年の映画『砲艦サンパブロ』では、スティーブ・マックイーンのPコート姿が見られます。水兵さんですね。

1973年の映画『さらば冬のかもめ』では、ジャック・ニコルソンのPコート姿が見られます。これも水兵さん。

1979年の映画『アルカトラズからの脱出』では、クリント・イーストウッドのPコート姿が見られます。実はPコートは囚人服にも使われていたそうなのですが、この映画の着こなしは格好良いのです。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズには各種ウールアウターも充実しています。

「ウール ピーコート」は、イタリアはヴィタール・バルベリス・カノニコVitale Barberis Canonico社のアース・ウィンド・アンド・ファイアーEarth, Wind & Fire)(!)というラインのウール地を使用したPコート。ハイテク中綿のプリマロフトPrimaloftを内蔵していて暖か。短すぎない着丈で大人っぽく着こなせます。

Brooks Brothers Iconic Wool Pea Coat ML00487: Navy
Iconic Wool Pea Coat: Navy
Brooks Brothers Iconic Wool Pea Coat ML00487: Navy
Navy
Brooks Brothers Iconic Wool Pea Coat ML00487: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

そうそう、セールクリアランスClearance)になっているコートがあるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能だそうです。

Todd Snyder(トッド・スナイダー)

Todd Snyder(トッド・スナイダー)

トッド・スナイダーTodd Snyderはアメリカ人デザイナーで、2011年に彼自身のブランドを創めました。それまではアメリカの有名ブランドで経験を積んでいて、J・クルーJ.Crewの近年の復活は彼の貢献が大きいようですよ(彼が離れた後は苦戦しているようですが)。

メルトンウールを使用したPコートはとてもオーソドックスな仕様ですが、特に細身短丈ではない大人っぽい仕上がり。襟もアルスターコート風でやはり大人っぽいですね。生地もウール100%なので上品だなと。日本製。

Todd Snyder Melton Peacoat: Khaki
Melton Peacoat: Khaki
Todd Snyder Melton Peacoat: Khaki
Khaki
Todd Snyder Melton Peacoat: Khaki
Khaki
Todd Snyder Melton Peacoat: Khaki
Khaki
Todd Snyder Melton Peacoat: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

Tagliatore(タリアトーレ)

Tagliatore(タリアトーレ)

タリアトーレTagliatoreは、1998年創業のイタリアのテーラードブランド。ここ数年は急激に評価を高めているようにみえます。イタリア製。

Charlieチャーリー)は、メタルボタン仕様のPコート。長めの着丈とカシミアカシミヤ入りの生地で、大人っぽく着られます。中綿入りです。身幅は細め。

Tagliatore Charlie 35UIC059: Navy
Charlie 35UIC059: Navy
Tagliatore Charlie 35UIC059: Navy
Navy
Tagliatore Charlie 35UIC059: Navy
Navy
Tagliatore Charlie 35UIC059: Navy
Navy
Tagliatore Charlie 35UIC059: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Ring Jacket(リング・ヂャケット)

Ring Jacket(リング・ヂャケット、リング・ジャケット)のテーラードジャケット、ブレザー

リング・ヂャケットRing Jacket)のテーラードジャケットを別記事で大きく取り上げていますが、リング・ヂャケットはアウターウェア類にも力を入れています。

こちらは、丈が長めのPコート。海軍のストイックな雰囲気は残しつつ、大人っぽく着られるPコートに仕上がっています。生地は、伸縮性とふんわり感を兼ね備えたリング・ヂャケット自信作のウールであるニュー・バルーン(New Baloon)。日本製。

こちらはジャケットリクワイヤードJacket Requiredさんの別注商品で、身幅に少し余裕を持たせ、黒という色を用意しています。コンサバ趣味の人が黒いアウターウェアを選ぶなら、ウール地がオススメ。

Ring Jacket New Baloon Pea Coat: Black
New Baloon Pea Coat: Black
Ring Jacket New Baloon Pea Coat: Black
Black
Ring Jacket New Baloon Pea Coat: Black
Black
Ring Jacket New Baloon Pea Coat: Black
Black
Ring Jacket New Baloon Pea Coat: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

Circolo 1901(チルコロ1901)

Circolo 1901(チルコロ1901)

チルコロ1901Circolo 1901は、イタリアの生地メーカーが創設したブランド。ジャージー地のようなカジュアルなつくりのジャケットを得意としています。

こちらは、少しモコモコ感のあるウール地を使用したPコート。お得意のジャージー地でラクチンな着心地です。軽いのもうれしい。身幅は細めです。金ボタンのPコートはフランス軍を思い出します。

Circolo 1901 5CU127028: Blue
5CU127028: Blue
Circolo 1901 5CU127028: Blue
Blue
Circolo 1901 5CU127028: Blue
Blue
Circolo 1901 5CU127028: Blue
Blue
Circolo 1901 5CU127028: Blue
Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

Commune de Paris(コミューン・ドゥ・パリ)のCoat Lisbonne(コート・リスボン)

Commune de Paris(コミューン・ドゥ・パリ)

コミューン・ドゥ・パリCommune de Parisは、2010年に誕生したフランスはパリのブランド。服や小物などいろいろなものをつくっています。

Coat Lisbonneコート・リスボン)は、襟に着脱可能なボアの付いた厚手ウール地のPコート。見慣れたPコートもこの仕様だと新鮮に見えるかと。着丈は長めでスタイリッシュな仕上がり。60年代もしくは70年代前半の雰囲気で着こなすとよさそうです。Sサイズが日本サイズのM相当くらいでしょうか。

Commune de Paris Coat Lisbonne: Navy
Coat Lisbonne: Navy
Commune de Paris Coat Lisbonne: Navy
Navy
Commune de Paris Coat Lisbonne: Navy
Navy
Commune de Paris Coat Lisbonne: Navy
Navy
Commune de Paris Coat Lisbonne: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Fidelity Sportswear(フィデリティ・スポーツウェア、フィデリティー)

Fidelity Sportswear(フィデリティ・スポーツウェア)のPコート(ピーコート)、ダッフルコート

メルトンウールのアウターを得意としているフィデリティ・スポーツウェアフィデリティーFidelity Sportswear)は、1941年創業のアメリカのアウターウェアブランド。実際にアメリカ軍にウェアを納入していた本格派ブランドです。

Pコートはフィデリティが最も得意としているアイテムで、各種デザインがそろっています。日本別注されたものは、サイズも日本人向きに。もしかすると、いま最も人気のあるPコートブランドかも。

Schott(ショット)

Schott(ショット)のPコート(ピーコート)

アメリカもののPコートの代表格であるショットSchott)は、1913年創業のアメリカのカジュアルウェアブランド。

別記事で大きく取り上げていますので、そちらで各モデルをじっくり研究してください。

Gloverall(グローバーオール、グロヴァオール、グローヴァーオール)

Gloverall(グローバーオール、グロヴァオール、グローヴァーオール)のダッフルコート、Pコート(ピーコート)

グローバーオールグローヴァーオールグロヴァオールグロバーオールグロヴァーオールGloverall)といえばダッフルコートがすこぶる有名ですが、Pコートも評価が高いのです。アメリカものとは違って、上品な雰囲気が身上。

従来の大人っぽいモデルに加えて、いまっぽい細身のモデルも登場しています。

Mackintosh(マッキントッシュ)

Mackintosh(マッキントッシュ)のコート

ゴム引きコートでおなじみのマッキントッシュMackintosh)は、1823年創業のイギリス(スコットランド)のレインウェアブランド。

Sandfordサンドフォード)やWinstonウィンストン)、Broomブルーム)などのPコートがそろっています。コンサバで上品なPコートです。

Duvetica(デュベティカ)

デュベティカのダウンジャケット、ダウンベスト: Duvetica Beleg

フランス語で「ダウン」を意味する “duvet” とイタリア語で「倫理・道徳」を意味する “etica” をくっつけた造語がブランド名のデュベティカDuvetica)は、イタリアのダウンウェアブランド。

Belegは、ダウンを内蔵したPコート。身頃にはストームシステムを内蔵したウール地、袖にはナイロン地をあしらい、スポーティーな雰囲気を醸し出しています。

カーコート(ドライビングコート)、ウォーキングコート

カーコート(ドライビングコート)、ウォーキングコートを集めてみました

その名のとおり車を運転するときや歩くときに着るコートが、カーコートドライビングコート)やウォーキングコートです

デザインはさまざまですが、Pコートに近いデザインのものもあります。着丈は短め。

ランチコート、フライトジャケットB-3などのムートンアウター

ムートンアウターを集めてみました、B-3ジャケット、ランチコート、他

ランチコートフライトジャケットB-3などのムートンのアウターは、温かさと存在感では最高のレザーアウターといえるでしょう。

ムートンコートにもPコート風のデザインのものがありますよ。

他の記事も……

キルティングジャケット、キルティングベストを集めてみました ダッフルコートを集めてみました

タグ / アウター: ピーコート」をご覧いただくと、当ブログのPコート(ピーコート)に関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / ブルゾン、コート」をご覧いただくと、当ブログのアウターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2006年1月4日)商品を追加。
  • (2006年9月10日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年10月13日)商品を追加。
  • (2006年11月14日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年12月16日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年2月10日)商品を追加。
  • (2007年4月15日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年11月17日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2008年3月12日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年4月19日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年12月4日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年2月11日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年11月14日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年11月20日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年12月7日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年12月1日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年11月15日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年11月20日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年11月25日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年11月15日)2016年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • モリス

    はじめまして。冬はMA-1いっぽんですが、今年はやたら寒いのでピーコートも活躍してます。さて、ピーコートは映画「アルカトラズからの脱出」でC.イーストウッドが着ているのを見てからずっと欲しかったコートでした。映画にはピーコートがオンパレードって感じですが、C.イーストウッドが着てるタイプが一番です。コートと言うよりジャケットって感じの着丈。いろいろ調べた結果、sterlingwearの6ボタン・Shortが良いかなぁって思ってます。でもこちらの記事を見ると8ボタンのほうが着丈が短いようですがどうなんでしょう?今はショットの36を着てるんですがもうちょっと短いほうが良いんですよね。
    2006年01月08日 00:11
  • blackwatch

    モリスさん、始めまして。
    『アルカトラズからの脱出』は残念ながら未見なのですが、ピーコートオンパレードですか! これは必見ですね。

    さて、Sterlingwearの件ですが、なかなか難しいご質問です。

    まず、Sterlingwearのピーコートについて、私が思う留意点をいくつか。文面より、モリスさんはご存知だと思いますが。

    ・アメリカ本土では、同じサイズでも "Short" "Regular" "Long" という具合にレングスを選ぶことが出来る。日本で売っているのは基本的にはRegularだと思われるが…。
    ・6ボタン、8ボタンといっても、それぞれいろいろ種類がある。とはいっても、それらは仕様の違いだけで、デザイン上は6ボタンと8ボタンの2つだと考えていいと思われるが…。

    私が持っているのは、6ボタンも8ボタンもRegularです。それらの着丈ですが、5cm弱くらい8ボタンの方が短いですね(立体的な作りなので測り方が難しいのですが)。

    で、RegularとShortの着丈の違いですが、こんな表を見つけました。
    http://www.sterlingwear.com/sizechart.html

    この表を私なりに解釈する限り、RegularとShortの着丈の違いは1.5inch(3.81cm)くらいのようです。ただ、この表の見方が正しいかどうかはよく分かりません。これは6ボタン8ボタン共通の表なのかな。Sleeveが全部同じ長さなのは正しいのか?

    というわけで、私のカンだと、着丈の短さを最優先するなら(6ボタンのShortより)8ボタンの方がいいように思いました。正確なところは、Sterlingwear等に直接訊かれるのが一番だと思います(英語でないと通じないでしょうが)。
    2006年01月09日 01:04
  • モリス

    コメントありがとぷございます。
    私もこの表を見て、スリーヴがみな同じ点が疑問でした。
    このチャートで見る限り(shortの欄)Size36で比較してみるとショットと殆ど同じような気がします。
    やはり現物を見てみないと始まらないってことですよね。
    しかし私の住んでる所は地方なので、ショットくらいが精一杯。

    スターリングには現在4パターンのピーコートがあるようですが、
    私はディテール的に、6ボタンでキルティングではないオーセンティックか、ナヴィゲーターというタイプに興味があります。

    話は前後しますが、「アルカトラズからの脱出」は、ぜひ見て下さい。
    ピーコートの着こなしの基本はここからじゃないかってくらいです。^^
    私のもうひとつ、好きなジャケットに、
    グレーのヘリンボーンのツイードのジャケットがあります。
    もうお解かりかと思いますが、
    何を隠そうクリント・イーストウッドが好きなんです。
    クリント・イーストウッド(ダーティー・ハリーの時)が着てるからカッコイイんであって、
    実は金八先生も同じコーディネイトなんですよね。

    まあ、それにしても日本で買うと(Sterlingwear)だいぶ高くなりますね。

    2006年01月10日 23:45
  • blackwatch

    モリスさん、こんにちは。

    Sterlingwearの6ボタンのショートなら、36ではSchottよりも着丈が2cmくらい短いくらいでしょうか。出来れば、Sterlingwearの全種類を取っ替え引っ替え試着してみたいところなのですが、それが出来る場所はたぶん東京にもないでしょうね(アメリカにはあるのか?)。

    ちなみに、私が持っている6ボタンは、Navigatorです。

    さてイーストウッドですが、私も今後注目していきたいと思います。といいますか、いいネタをいただきました(笑)。ありがとうございます。
    2006年01月12日 00:52
  • 水野晃雄

    すごいですね。
    たまたまピーコートをかおうとして調べていたら
    ここに行き着いてすごく勉強になりました。
    細身で黒で小さめを黒の細身のパンツに合わせて襟をたてて
    きようかなと考えて探していました。。。
    少々迷っています。
    この私の着方だとどこがおすすめでしょうか。。。?
    ちなみにどこでうっているか教えていただけると。。。
    すっかり質問になってしまいました。すいません。
    2006年01月15日 22:59
  • blackwatch

    水野晃雄さん、始めまして。

    ピーコートを選ぶにあたってまず決めなければならないのが、カジュアルな「アメリカもの」を選ぶか、大人っぽい「ヨーロッパもの」を選ぶかだと思います。これはもう好みの問題です。

    あとは、体型ですね。身長や体格次第で、似合うモデルが違うと思います。

    例えば、アメリカものの代表格はSchottですが、これは結構サイズにクセがあります。メンズは(なぜか)全サイズほとんど着丈が同じなので、背が高ければ高いほど似合いそうな気がします。背が高くない方にはボーイズがオススメ。

    細身という意味では、ジャストサイズを選べばピーコートはたいてい細身だと思いますよ(特にアメリカもの)。

    襟を立てるという意味では、私の知っている限りではSchottやSpiewakはたぶん問題なし、Sterlingwearは襟が大きめなのであまり向いていないような……(私は顔も首も華奢なんで、大きな襟を立てると顔が埋没しちゃいます)。あまり大きくない方が、襟は立てやすいのではないかと思います。

    というわけで、ドタカン(?)ですが、体型が許せばSchottのボーイズはいかがでしょう? 着丈が短いのが今っぽいと思いますし、全身黒というモードっぽい着こなしにも合いそうな気がします。

    売っているお店ですが、これはネットではなく実店舗のことでしょうか? ネットの店ならウチのブログで紹介していますから、実店舗ということでしょうね?

    アメリカものについては、東京なら上野アメ横、関西ならアメリカ村や神戸高架下にいくらでも売っていると思います(実は、ウチで紹介しているお店の実店舗はアメ横にあることが多い)。ヨーロッパについては、まずは「セレクトショップ」でしょう。

    以上、このような回答でよろしかったでしょうか?
    2006年01月16日 01:04
  • 水野 晃雄

    なるほど。。。
    今神奈川に行くのでアメ横ですかね。。。
    関西出身なのでアメ村や高架下にはよく行きました。
    身長が180なのでスコットが似合いますかね!楽しみです。
    一度見に行ってみます。
    ありがとうございました!
    2006年01月17日 00:05
  • blackwatch

    水野 晃雄さん、こんにちは。
    身長が180cmあれば、メンズサイズのSchottも似合いそうですね。頑張って探してみてください。

    ちなみに、"Schott" は「ショット」と日本語表記することが多いようです。
    2006年01月17日 21:30
  • goemon

    こんにちは。
    今年からこちらのブログを拝見させていただいてきて、
    Pコートに無性に挑戦してみたくなりました(爆)
    予算も考えてショットとスターリングウエアオブボストンで悩んでいます。
    どちらかと言うと、身長が181cmあるのでショットのメンズサイズかなーと考えているのですが、スターリングウエアオブボストンのものも気になります。。
    胸囲が105くらいあるので、後者もサイズ42くらいになると着丈があまり変わらなくなってしまうのですが(汗)
    ちなみに着たときの暖かさだとどちらに軍配が上がるのでしょうか?
    キルティングのショットの方が温かそうな気はしますが…


    2008年12月15日 13:06
  • blackwatch

    goemonさん、こんにちは。

    SchottとSterlingwear of Bostonを比べると、以下のようになります。いずれも種類はいろいろありますが、基本モデルはこんな感じ。

    ・生地 → Schottは32oz、Sterlingwearは24oz(32ozのほうが分厚い)
    ・裏地 → Schottはキルティング、Sterlingwearはサテン(キルティングのほうが保温性は高い)

    というわけで、温かさではSchottのほうが上です。もっとも、寒冷地以外の日本では、Schottほどの保温能力は要らないような気もしないではないですが…。
    2008年12月16日 00:04
  • goemon

    なるほど。よくわかりました。
    私の県ですと、冷えても最低気温-5℃とかなので、
    そこまで要らないような気もしないでもないですが、
    着込まなくていいのもありがたいような気がします。
    (暑がりなもので冬の室内は汗が出ます;)

    生地が分厚いほうが体型がごまかせるというのもありますかね?
    胸囲もさることながら肩幅もかなりあるがっちり体型な物でして…
    2008年12月18日 00:06
  • blackwatch

    goemonさん、こんにちは。

    逆に分厚いコートだと、あまり寒くない日は中を薄着にしても暑すぎたりします。まあ、万能のコートはないということで。

    生地が分厚いと、がっちり体型だと着膨れしたりして。まあSchottもSterlingも厚手のウールコートには違いないので、大して変わらないような気もします。

    見た目を気にされるのなら、肩パッドの有無や襟の形に注目されたほうがいいのでは? その辺については、↓の記事のコメント欄も参考にしてください。goemonさんの場合、体型的にはSchottでもSterlingでも問題なさそうなので、あとは好みかと。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/107607537.html
    2008年12月19日 00:10
  • goemon

    スターリングウエアM24の40を注文してジャストサイズ、
    良い買い物が出来ました。
    私はblackwatchさんとは対照的な体型なので(汗)
    最近流行の形が体に合わないことが多いのですが
    これなら安心して着れそうです。

    さすがに最近の流行を思うと丈は長いですけど、
    まあ流行に流されることは無い品でしょうから
    長く愛用していきたいと思います。

    ご助言ありがとうございましたmm
    2008年12月22日 00:36
  • blackwatch

    goemonさん、こんにちは。

    よいお買い物ができたとのこと。私のブログがお役に立ったのであれば、ご同慶の至りであります。

    長く愛用してやってください。
    2008年12月23日 00:03
  • Matu

    こんにちは。
    Pコートに興味があります。
    お手頃なランズエンドのPコートが良いなと思いましたが、
    最近、ユニクロで発売されたpコートも結構、高い評価のようです。
    あとはタブロイドニュースのpコートにも興味があるのですが、
    ブラックウォッチさんはこの三社のpコートに関しては、どのようなご意見をお持ちですか?
    ユニクロは若者向け。ランズエンドはちょっとダボッとしているような印象があります。
    タブロイドニュースは良いと思うのですが、費用対効果からいえば、どうかな?とも思います。
    何かまとまりがありませんが、よろしくご教授ください。
    2009年10月19日 20:22
  • blackwatch

    Matuさん、こんにちは。

    ・ユニクロのヤツは、特に若者向けとも思いません。ただ生地感は劣りそうな気がするので、狙うなら面白みのあるチェック柄かな。ボタンがイカリマークではないですね。

    ・ランズエンドは仰るとおり細身ではないので、痩せている人向きではないでしょう。全体の雰囲気はこの中では一番Pコートらしいように思います。

    ・タブロイド・ニュースは、襟が大きくて立体的、それにライニングもキルティングで温か、さすがに一番作りが凝っているように思います。今年のものは着丈が短いのが特徴。

    以上、こんなことを思いました。それぞれ特徴があるので、あとは好みだと思います。
    2009年10月20日 00:04
  • youta

     初めまして!10年前に購入したお気に入りのピーコート。
    まだまだ長生きしてほしいので、もう一着ピーコートを購入するべく色々探してこちらにたどり着きました。私の住んでいる所はお店が少なくて、実際に腕に通せたのはヒルトップのピーコートだけです。フィデリティーのピーコートの生地だけは触ることが出来ました。が着ることは出来ませんでした。両者ともウールが70%以上あるのですが、見た目や、触りの質感が全く違っていて、(フィデリティーは光沢が歩けど、ヒルトップはホントにウール!って見た目ですよね。)ちょっと悩んでいます。ピーコートの素材の良さって言うのは、ウールの%で図るのでしょうか?自分的には高価な買い物なので、長く着れるものを探してます。アドバイスいただけませんか?2社ブランドの違いとか・・・。レディースでそのほかお勧めのピーコートがありましたら是非教えて下さい。
    2010年12月11日 13:24
  • blackwatch

    youtaさん、こんにちは。

    Pコートにもいろいろありまして、大きく「軍用の本格志向」と「街着用の上品志向」に分けられると思います。Schottなどは前者で、Hilltopなどは後者でしょう。前者の場合、ナイロン混紡のものが多いです。

    このへんはまさに好みや用途次第でして、どちらが良いかなんて決められません(手打ちうどんとフランス料理はどちらがうまいか、みたいなもの)。ご自身の着こなしの方向性に合わせて、お選びください。

    「レディース」と書かれていますが、youtaさんは女性の方なのでしょうか? それとも細身のものをお探しで? いずれにせよ、「マジメな男のマジメ服」というブログ名のとおり当ブログは男性向けでして、レディースの商品については残念ながら私にはよく分かりません……。
    2010年12月12日 00:03
  • フィッシャーマン

    もう2月ですが先日Pコートを買いまして、blackwatchさんの記事を楽しく拝見させていただきました。
    買ったのは昭和のVAN(ネイビーでウール90%、ナイロン10%です)。おそらく70年代の「後期VAN」のものと思います。ボックスシルエットで少しクラシックな襟の雰囲気が気に入りました。状態がいい割には格安でした。イーストウッドのようにカッコよく着たいとアレコレ考えてます。

    映画では「冒険者たち」のジョアンナシムカスが印象的でしたね。立てた襟の上からマフラーをギュッと巻いてとても可憐でした。
    古い話ばかりで失礼しました。
    2017年02月05日 13:14
  • blackwatch

    フィッシャーマンさん、こんにちは。

    重複していたコメントは削除させていただきました。当ブログのコメント欄は承認制ですので、書き込んだあともしばらくは表示されません。ご了承ください。

    映画『冒険者たち』、なぜかいまYouTubeに全編が落ちていました(フランス語版ですけど)。たぶんそのうち消えるでしょう。

    そこで確認した限りでは、ジョアンナ・シムカスが着用していたのはマフラーというよりはもっと薄手のスカーフかストールでしょうか(細かいことですが)。彼女はいかにも着こなし上手なフランス人という雰囲気で、好ましいですね。
    2017年02月06日 22:11
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9686924
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック