Vogue誌による2020年春夏コレクションの傾向、とな?

Yes: The Studio Albums 1969-1987

先日までパリミラノなどで2020年春夏コレクションが行われていました。アメリカのヴォーグVogue誌が注目点をまとめています。

以下に簡単に内容を紹介しますが、逐語訳ではなくほとんど私自身の感想です。正確な内容は元の記事を参照してください。元の記事を見ないと写真がないので分かりにくいと思います。

Soft Suiting Comes in Sorbet Shades

シャーベット色のソフトスーツ。1990年前後のバブル期には、シャーベットとまでは行きませんけどパープルやグリーンといった鮮やかな色のビジネススーツが流行しました。そんな気分に近い流行と思われます。ちなみに、「ソフトスーツ」という言葉もバブル期にはよく使われました。アルマーニみたいな柔らかな仕立てのスーツのこと。

ところで、今はまだ普通の人が着ているスーツは細身のものが主流ですが、これからバブルスーツのようなゆったりめのスーツの人気が出るのか、興味があります。

Meet a Different Kind of Midlayer Garment (Tunics)

丈が長めのいわゆるチュニック。現代の男性用の洋服にはほとんど見られませんが、まあ着ていてラクそうな服ではあります(着たことがないのでよく分かりませんが)。

RAH(リアルアクションヒーローズ)Mick Jagger(ミック・ジャガー)
Amazon.co.jp
アソシエイト
Let's All Be Louche Lover Boys

1970年前後のロックスターのような格好の服、ということでしょうか。ミック・ジャガーみたいな。コレクション全体として、70年代(1970年代)風の服が増えている感はあります。

These Patterns Are to Dye For (Painterly Dye)

タイダイから派生したような柄。どんな柄かを言葉で説明するのは難しいので、写真を見てください。

The Past Is Fluid (Gender Swap Historical Dress)

性を超えた服。端的に表現するなら、女性服の特徴を取り入れた男性服。

近年この手の服はよく話題になっていますけど、欧米のいわゆるノンケ(異性愛者)の男性がこの手の服をどれだけ着ているのかがイマイチよく分からないのですよね。ゲイ(LGBT)の人の服の選択肢が増えていることは確かだとは思いますが。日本だとノンケの人も着ていそうではあります。

Cruise for Some Inspiration Down by the Sea (Placidity by the Sea)

海辺で着るような服。といっても、そんなにベタなマリンスタイルは紹介されていません。海辺のリゾートスタイルといったところでしょうか。

Yes - Fragile / イエス - こわれもの
Amazon.co.jp
アソシエイト

さて、今季のヴァレンティノValentinoは、イエスYesなどの70年代プログレッシブ・ロックのアルバムアートで知られるロジャー・ディーンのイラストを大々的に取り上げています。これにはびっくりしました。デザイナーの趣味とのことですが、売れるのかなぁ。

昨季の記事は、こちらです。

Ascot(アスコット)の2色遣いシルクニットタイ

Ascot(アスコット)

アスコットAscotは、1908年創業のドイツの老舗ネクタイブランド。ここは創業当時からニットタイをつくっているのだそう。ニットタイで有名なブランドといえば、1番か2番くらいにこのブランドが挙がるのではないでしょうか。

こちらは、シルク製のニットタイ。2色遣いで変化を出していますが、無難に使える仕上がりといえます。大剣幅は6cm。ドイツ製です。

Ascot Silk Knit Tie: Black / White
Silk Knit Tie: Black / White
Ascot Silk Knit Tie: Black / White
Black / White
Ascot Silk Knit Tie: Black / White
Black / White
Ascot Silk Knit Tie: Brown / Blue
Brown / Blue
Ascot Silk Knit Tie: Brown / Blue
Brown / Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

こちらの商品がアウトレットということで、グッとお安くなっています。定価はよく分かりませんが、半額以下になっているのは間違いのないところ。

なお、ニットタイを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント