2015年05月19日

ルトロワ(Letroyes)のポロシャツ、Tシャツ、バスクシャツ

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)のスウェットシャツ、パーカー、カットソー、セーター(ニット)

ルトロワルトロアLetroyes)のカットソーやカーディガンを別記事で大きく取り上げていますが、今日はルトロワのポロシャツTシャツバスクシャツを取り上げます。

薄手のLetroyes(ルトロワ、ルトロア)

ルトロワのポロシャツやTシャツも、身体にフィットするフライス編みの丸編みシームレス(縫い目のない)なつくりは変わりません。ただし、通常の商品よりも薄手の素材を使っています。

雰囲気としては、ニットポロやニットTシャツに近いものも感じます。身体にフィットするぶん、良くも悪くも体型が少し出やすいかもしれません。

ルトロワのポロシャツ、Tシャツの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

ランズエンド(Lands' End)のポロシャツ、Tシャツ、カットソー

Lands' End(ランズエンド)

今日は、ランズエンドLands' EndポロシャツTシャツカットソーを取り上げます。《最終更新日: 2010年10月25日》

Lands' End(ランズエンド)のカットソー

ランズエンドについては、ランズエンドのサイトのリニューアル記事をご覧ください

ランズエンドのカットソーは、やはりアメリカ寄りのコンサバな雰囲気のものが多いですね。普通に使いやすいです。サイズ感は、特に大きくも小さくもない感じ。

ランズエンドのカットソーの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

ギ・ローバー(ギローバー、Guy Rover)のポロシャツ、ボタンダウンシャツ

Guy Rover(ギ・ローバー、ギローバー、ギ・ローバ)

今日は、ギ・ローバーローバーギ・ローバGuy Roverポロシャツボタンダウンシャツを取り上げます。《最終更新日: 2012年5月26日》

Guy Rover(ギ・ローバー、ギローバー、ギ・ローバ)

Orian(オリアン)のテーラードジャケット、ボタンダウンシャツ

ギ・ローバーは、1967年創業のイタリアはピアツェンツァのシャツブランド。イタリアを代表するシャツブランドのひとつでして、あのオリアンOrian)の創業者もギ・ローバー出身の人です

総手縫いの超高級ブランドというわけではありませんが、つくりの確かな中堅ブランドとして長い間高い評価を得ています。90年代(1990年代)中旬くらいには日本でもけっこう取り扱われていたようで、私もそのころここのシャツを買った記憶があります。

シャツのほかにポロシャツにも力を入れていまして、大人っぽい落ち着いた雰囲気が魅力です。

ギ・ローバーの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

フレッド・ペリー(Fred Perry)のM12、F1528のポロシャツ

Fred Perry(フレッド・ペリー)

今日は、フレッド・ペリーFred Perryポロシャツを取り上げます。《最終更新日: 2016年7月9日》

Fred Perry(フレッド・ペリー)

フレッド・ペリーは、1952年創業のイギリスのカジュアルウェアブランド。念のため書いておきますと、フレッド・ペリー氏は戦前に活躍したイギリステニス界の大スターですよ。

フレッド・ペリーの月桂冠のロゴ入りのポロシャツは、イギリスを代表する鹿の子カノコ)地のポロシャツでしょう。その中でも最もフレッド・ペリーらしいといえるのが、襟と袖に2本線ティップライン)が入ったポロシャツ。スポーティーでさわやかな印象です。

フレッド・ペリーのポロシャツの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

エントリーSG(Entry SG)のTシャツ、カットソー

Entry SG(エントリーSG、エントリー・エスジー)

今日は、エントリーSGEntry SGエントリー・エスジーTシャツカットソーを取り上げます。

Entry SG(エントリーSG、エントリー・エスジー)

エントリーSGは、気鋭の日本のカットソーブランド。エントリーSGのコンセプトを私なりに解釈しますと、比較的お手頃な価格でアメリカのヴィンテージのような味わい深いTシャツをそこそこ表現している、といったところかな。

旧式の吊り編み機で編まれたちょい厚手の味のあるコットン綿地を使用していて、首周りがしっかりしているのも心強い。シルエットは細身で、今どきの服にバッチリ合うのも嬉しいです。

エントリーSGの続きを読む…
posted by blackwatch at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

オリアン(Orian)のドレスシャツ、ポロシャツ

Orian(オリアン)

今日は、オリアンOrianドレスシャツワイシャツポロシャツを取り上げます。《最終更新日: 2013年6月14日》

Orian(オリアン)

オリアンは、1968年創業のイタリアのシャツブランド。「オリアン」の名前で商品を発表し始めたのは、1990年です。「セレクトショップ」などで多く扱われているシャツでもあります。

Guy Rover(ギ・ローバー、ギローバー)

創業者のジャン・ガエターノ・オリアン氏は、名門シャツブランドのギ・ローバーローバーGuy Rover)出身の人です。職人と現代技術の融合させてシャツづくりをしているのだそう。

オリアンの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

ドルモア(Drumohr)のポロシャツ、セーター、ニットカーディガン

Drumohr(ドルモア、ドゥルーモア)

今日は、ドルモアドゥルーモアDrumohrポロシャツセーターニットカーディガンを取り上げます。《最終更新日: 2016年6月18日》

Drumohr(ドルモア、ドゥルーモア)

ドルモアは、1770年創業の世界最古(!)のニットブランド(ベートーヴェンが生まれた年)。英国王室御用達のブランドでもあります。

現在は生産の本拠をイタリアに移していますが、もともとはイギリスはスコットランドのブランド。今でも生地の仕上げには、スコットランドの水を使用しているとのこと。

ドルモアの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

サンスペルのQ82のTシャツ、ポロシャツ、タートルカットソー

Sunspel(サンスペル)

今日は、サンスペルSunspelTシャツポロシャツタートルネックカットソーを取り上げます。半袖半そで)も長袖長そで)も、クルーネックVネックも…。《最終更新日: 2010年5月2日》

Sunspel(サンスペル)

サンスペルは、1850年創業の歴史があるイギリスのアンダーウェアブランド(今の名前になったのは1936年)。コットン綿の肌触りの良さには定評があります。

アメカジ風のざっくりとしたTシャツも魅力的ですが、その手のものは上質な大人っぽい着こなしに合わせにくいのも事実。大人っぽい着こなしにも合う高級感のあるTシャツといえば、このサンスペルが代表的なブランドだと思います。

サンスペルの続きを読む…
posted by blackwatch at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

ザノーネ(Zanone)のアイスコットンのポロシャツ、セーター(ニット)

Zanone(ザノーネ)

今日は、ザノーネZanone)のアイスコットンポロシャツTシャツカットソー)、セーターニット)を取り上げます。《最終更新日: 2015年6月22日》

Zanone(ザノーネ)

Incotex(インコテックス)のウールパンツ、コットンパンツ(スラックス)

ザノーネは、1986年創業のイタリアの高級ニットブランド。「セレクトショップ」などでも非常によく見かけます。

スローウェアSlowearという企業グループの一員でして、あのインコテックスIncotex)もここの一員。品質の高さをうかがい知ることができます。

ザノーネの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

スウェットシャツ、スウェットパーカー(トレーナー)を集めてみました

Champion Reverse Weave Full-zip Parka

今日は、スウェットシャツスウェットパーカースウェットパーカスエットトレーナー)を取り上げます。《最終更新日: 2016年4月4日》

スウェットシャツとは、スウェットパーカーとは(スエットパーカ、トレーナー)

mono(モノ)スペシャル Workwear(ワークウェア) No. 6

スウェットシャツは、もともとは肌着だったそう(当時はウール製)。その後、スポーツ用や軍隊の訓練用の服として採用され、現在ではすっかりアメカジアメリカン・カジュアルの定番服に。

裏側がタオルのようなパイル地(裏毛)、もしくはさらに起毛させて温かくした裏起毛になっていれば、とりあえずはスウェットシャツといえるのでしょう。首元の伸縮性を向上させるためのV字ガゼットというクラシックな意匠が付いたものもあります。アメカジだけでなく、セーター感覚のキレイめの着こなしも試してみてください。

スウェットシャツの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

タートルネック(タートル)のカットソー(Tシャツ)を集めてみました

Cotton Turtleneck

今日は、タートルネックタートルカットソーTシャツ)を取り上げます。タートルネック(タートル)のセーターについては、別記事でまとめています。《最終更新日: 2013年2月4日》

タートルネック(タートル)カットソー(Tシャツ)は何かと便利

タートルネックカットソーは、秋冬には何かと使えます。ウールのタートルネックセーターに比べると、暖かさ・耐久性・高級感などは劣りますけどね。コイツの良い点を挙げてみます。

  • インナーはこれ1枚でもとりあえずOKとなる。面倒臭いコーディネートを考えなくて済む。
  • 首元を覆うので、そこそこ温かい。アウターに温かいものを着れば、真冬でもそれなりに大丈夫(少なくとも都市部では)。
  • 素材は(たいてい)コットン綿なので、洗濯が容易(洗濯ネットくらいは使いたい)。アイロン掛けなども不要。
  • コットンなので、初秋から春先まで長い期間着用可能。
  • 値段がお手頃(のものが多い)。
タートルネックカットソーの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

Tシャツ、カットソー(半袖・長袖)を集めてみました、フィルメランジェ他

T-Shirt

今日は、いろいろなTシャツカットソーを集めてみました。半袖半そで)も長袖長そで)も、クルーネックVネックも……。《最終更新日: 2016年6月9日》

マジメ男のTシャツ、カットソー

Tシャツは、言うまでもなくカジュアルの基本アイテム。そのまま1枚で着るだけでなくインナーとしても有用ですので、一年中活躍してくれます。

Tシャツにもカジュアル寄りのものとドレス寄りのものがありますので、着こなしに合わせて選びましょう。ざっくりいうと、厚手のコットン綿地で首周りがしっかりしている(リブが太目)ものはカジュアル寄り(アメカジ用)、薄手のコットン地で首周りが細めのものがドレス寄りって感じ。中間的なものも多いですけど。

無地以外の代表格が、いわゆるボーダー柄。細いボーダー柄ほどコンサバな雰囲気になります。また、胸ポケットは「これは下着ではないよ」と主張する意匠といえ、特にアメカジ的なリラックスした着こなしによく合います。

Tシャツ、カットソーの生地(編み方)の種類

Tシャツの生地には、以下のようなものがあります。

天竺編み

天竺編みは、最も一般的なTシャツ用生地。皆さんがお持ちのTシャツは、きっとほとんどがこれ。

リブ編み、フライス編み

リブ編みの生地は、畝(うね)があり伸縮性が高いのが特徴。首元や袖口に部分的に使われる他、全体に使えば身体にフィットするTシャツになる。フライス編みは、リブより畝や伸縮性が控えめの生地(リブはリブ編み機、フライスは丸編み機でつくる)。

ワッフル編み(サーマル)

ワッフル編みの生地は、表面に凸凹があって伸縮性があるのが特徴。よく聞くサーマルは商品名とのこと。

スムース編み(インターロック編み、両面編み)

スムース編みインターロック編み)の生地は、名前のとおり表面がスベスベしているのが特徴。天竺編みとは異なり、裏表が同じ編み方で編まれている(両面編み)。

鹿の子(カノコ)編み

鹿の子カノコ編みの生地は、要するにポロシャツに最も多く使われている生地。表面の細かな凸凹が特徴。

Tシャツ、カットソーの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:03| Comment(4) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

ポロシャツを集めてみました、半袖も長袖も…

ラコステのポロシャツ: Lacoste Polo Shirt L1212

今日は、いろいろなポロシャツを集めてみました。ポロシャツは夏の必需品、半袖半そで)も長袖長そで)も。《最終更新日: 2016年6月3日》

ポロシャツとは

もともとポロシャツは、やはり名前のとおりポロ競技を行うときに着ていたシャツだったそう。ポロ競技とは、馬に乗ってホッケーみたいなことをする、アレですな(私も詳しいルールを知りません……)。

素材はコットン綿が基本で、特に表面に凹凸のある鹿の子カノコ)という生地がよく使用されます。凹凸のある生地は、汗をかいても肌にへばりつかないのがうれしい。カットソーによく使われる生地については、Tシャツの記事の説明をごらんください

ポロシャツの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

ジョン・スメドレー(John Smedley)のニットポロシャツ、Tシャツ

John Smedley(ジョン・スメドレー、ジョンスメ)

今日はジョン・スメドレージョンスメドレージョンスメJohn SmedleyニットポロシャツTシャツを取り上げます。《最終更新日: 2016年6月14日》

John Smedley(ジョン・スメドレー、ジョンスメドレー、ジョンスメ)

ジョン・スメドレーは、1784年創業のイギリスのニットブランド。これまたとんでもなく歴史の古いブランドですね……。ちなみに1784年といえば、日本では天明の大飢饉の真っ最中であります。

ジョン・スメドレーといえば、最高級コットン綿のひとつであるシーアイランドコットン海島綿)のニット。シーアイランドコットンの肌触りのよさ、そして見た目の高級感は格別です。

ジョンスメドレーのポロシャツ、Tシャツの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

バスクシャツ、ボーダーTシャツを集めてみました、オーチバル他

なまいきシャルロット

今日は、バスクシャツボーダーストライプTシャツを取り上げます。長袖長そで)も半袖半そで)も……。《最終更新日: 2015年7月6日》

バスクシャツとは

バスクシャツとは、もともとはフランスとスペインにまたがるバスク地方の船乗りたちが着ていたシャツだそう。

……と思っていましたが、このシャツはバスク地方とは関係ないという説があります(ズコー)。英語の辞書(英英辞典)には “basque shirt” という言葉が掲載されているものがあるようですので、英語圏の国の昔の造語なのかな。

ちなみにセントジェームスSaint Jamesのドイツ語版ウェブサイトでは、この手のシャツを “Bretagne shirt”(ブルターニュ地方のシャツ)と表記していました。英語圏では “Breton stripes”(ブルターニュ地方のストライプ柄)と表記しているのをよく見かけます。

バスクシャツの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

ラコステ(Lacoste)のL1212のポロシャツ

Lacoste(ラコステ)

今日は、ラコステLacosteポロシャツを取り上げます。《最終更新日: 2016年6月26日》

ワニのマークでおなじみ、Lacoste(ラコステ)

ラコステは、ウィンブルドン選手権を2回制覇した名テニスプレイヤーであるルネ・ラコステが、1933年に創業したフランスのアパレルブランド。ポロシャツの代名詞ともいえるブランドです。

Gentleman ― Fashion 紳士へのガイド

ラコステのポロシャツは、以前紹介した "Gentleman" という本でもポロシャツの代表格として紹介されていますよ。ラコステを着ずに、ポロシャツは語れません(マジで)。とにかく、コンサバ好きなら1枚は持っておきましょう。ラコステのポロシャツは、ウールパンツにも合う上品さがあると思います。

ラコステの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:05| Comment(37) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

セントジェームス(Saint James)のバスクシャツ、ボーダーTシャツ

Saint James(St. James、セントジェームス、セント・ジェームズ)

今日は、セントジェームスセント・ジェームズSaint JamesSt. JamesバスクシャツボーダーTシャツカットソー)を取り上げます。長袖長そで)も半袖半そで)も……。《最終更新日: 2016年7月1日》

Saint James(St. James、セントジェームス、セント・ジェームズ)のバスクシャツ、ピカソも愛用?

セントジェームスは、1889年創業のフランスのニット・カットソーブランド。なんと言っても、ボートネックボーダーストライプ)柄のいわゆるバスクシャツが有名です。色・柄の多さは他のブランドの追随を許さないのでは。

「バスクシャツ」といっても、本当はバスク地方とは関係ないシャツみたいですけどね。ちなみにセントジェームスのドイツ語版ウェブサイトでは、この手のシャツを “bretagne shirt”(ブルターニュ地方のシャツ)と呼んでいました。

さて、ボーダー柄は(特にオヤジになると)似合う人と似合わない人に二分化されるのですが(汗)、無地のものもありますので、それなら比較的多くの人に着こなしやすいでしょう。

セントジェームスのバスクシャツの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする

2005年03月31日

ラグビーシャツ(ラガーシャツ、ラグビージャージ)を集めてみました

rugby shirt(ラグビーシャツ、ラガーシャツ、ラグビージャージ)

今日は、バーバリアンBarbarian)などのラグビーシャツラガーシャツラグビージャージを取り上げます。《最終更新日: 2015年3月26日》

ラグビーシャツ(ラガーシャツ、ラグビージャージ)とは

ラグビーシャツとは、その名のとおりラグビーをするときに着るシャツのこと。

典型的な仕様は、基本的には丈夫なコットンジャージー地で、襟や前立て部分には布帛を使用(布帛は白色が多い)。ボタンは接触プレー時に人を傷つけないようにゴム製です。袖先はリブニット。柄はやはりボーダー柄が多いですね。

着こなし時においてうれしい特徴が、台襟付きであること。ジャケットなどの中に着たときに襟が埋没しません。

ラグビーシャツの続きを読む…
posted by blackwatch at 23:20| Comment(5) | TrackBack(0) | ポロシャツ、Tシャツ | 更新情報をチェックする