2010年08月07日

ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)のネクタイ(タイ)、ニットタイ

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますが、今日はブルックス・ブラザーズのネクタイタイを取り上げます。《最終更新日: 2016年12月23日》

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のネクタイ(タイ)、レップタイ

ブルックス・ブラザーズは、1818年創業の泣く子も黙るアメトラアメリカン・トラッドを代表するブランド。

ネクタイも、当然のことながら泣く子も黙る間違いのないデキであります。もちろんシルク地が基本。アメリカ国外製の商品が多くなったブルックス・ブラザーズですが、ネクタイは今でもアメリカ製が中心です(ニットタイはイタリア製が中心)。

ブルックス・ブラザーズのネクタイの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ネクタイ | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

フェアファクス・コレクティブ(Fairfax Collective)のネクタイ(タイ)、ドレスシャツ

Fairfax Collective(フェアファクス・コレクティブ)

今日は、フェアファクス・コレクティブFairfax Collectiveネクタイタイドレスシャツを取り上げます。《最終更新日: 2011年9月30日》

Fairfax Collective(フェアファクス・コレクティブ)

Drake's(ドレイクス)のネクタイ(タイ)

フェアファクス・コレクティブは、日本のネクタイブランド。多くの国内百貨店や「セレクトショップ」にてここのネクタイが取り扱われており、今や日本を代表するネクタイブランドといってよいのでは?

別記事で紹介しているドレイクス(Drake's)など、有名ブランドのネクタイのOEM生産も行っています。日本製。

フェアファクス・コレクティブの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ネクタイ | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ドレイクス(Drake's)のネクタイ(タイ)、ポケットチーフ

Drake's(Drakes、ドレイクス)

今日は、ドレイクスドレークスDrake'sDrakesマイケル・J・ドレイクマイケル・J・ドレークMichael J. Drake)のネクタイタイポケットチーフを取り上げます。《最終更新日: 2017年1月11日》

Drake's(Drakes、ドレイクス)、Michael J. Drake(マイケル・J・ドレイク)

ドレイクスは、マイケル・J・ドレイクとイザベル・ディックソンが1977年に創業したイギリスブランド。マフラーとネクタイが非常に有名なブランドです。

1980年代にポール・スチュワート(Paul Stuart)エトロ(Etro)などの商品を手がけたことをきっかけに、世界的なブランドになりました。ドレイクスのマフラーストールは別記事で紹介していますので、今日はネクタイを。

ドレイクスのネクタイの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ネクタイ | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

ランズエンド(Lands' End)のネクタイ(タイ)、ニットタイ

Lands' End(ランズエンド)

今日は、ランズエンドLands' Endネクタイタイを取り上げます。アメトラ向きのもの多し!《最終更新日: 2012年4月2日》

Lands' End(ランズエンド)のネクタイ(タイ)

ランズエンドについては、ランズエンドのサイトのリニューアル記事をご覧ください

ここのネクタイは、いかにもアメリカらしい色・柄で、ウチのブログのようなアメトラアメリカン・トラッドな着こなしにはピッタリ。素材は、もちろん基本的にシルク100%。そのほか、リネン(麻)やコットン、ウールなどのものもあります。

お手頃価格なのも魅力。クリアランスセール)になっているものは、さらにお手頃……。お手頃価格といっても、型崩れを復元させるたるみ糸が付いているなど、十分な品質ですよ。

ランズエンドのネクタイの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ネクタイ | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

ニットタイ(ネクタイ)を集めてみました

Silk Knit Tie

今日は、ニットタイを取り上げます。《最終更新日: 2016年4月27日》

アメトラには必須? ニットタイ

ニットタイは、ニットセーターのように糸で編み上げたネクタイのこと。

素材は基本はシルクですが、秋冬向きのウール、よりカジュアルで春夏向きなコットン綿のものもあります。ニットタイは春夏の印象もありますが、秋冬に着用しても全然問題ないと思いますよ。

形は、大剣の剣先がとがってない四角のものが基本です。普通のネクタイのような三角のものもあります。柄は無地ソリッド)が基本ですが、ストライプボーダー)柄もよく見かけます。

ニットタイの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:17| Comment(8) | TrackBack(0) | ネクタイ | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

ネクタイ(タイ)を集めてみました

ランズエンドのネクタイ: Lands' End Silk Dot Necktie

今日は、ネクタイタイを取り上げます。《最終更新日: 2016年5月11日》

なんだかんだ言っても、ネクタイ(タイ)

近年はクール・ビズCool Bizだのウォーム・ビズWarm Bizだのとかまびすしいですが、まだまだ世の中の大多数のビジネスマンの人は、ネクタイをしているのでしょうね。

個人的には、特にクール・ビズには賛成なんです。ただ、まだまだ定着するには時間が掛かるでしょうし、そもそも定着するかどうかも分かりません……。

また、あえてカジュアルスタイルにネクタイを合わせる着こなしもオツですよ。こんな感じ。

ネクタイの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ネクタイ | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

ポケットチーフ特集、挿し方(折り方、たたみ方、入れ方)や使い方を考える

Pocket Square(ポケットチーフ)

今日はポケットチーフを取り上げます。皆さん、活用していますか? ちなみに英語では “pocket square”(ポケットスクエア)と表記することが多いようです。《最終更新日: 2016年4月9日》

ポケットチーフを考える

果たして、マジメ男にポケットチーフは必要か?

冠婚葬祭(結婚式)の礼装・礼服を考える: 007 ショーン・コネリーBONDセット

……必要不可欠とまではいいませんが、着こなしを一段階向上させるためには、あったほうがよいと考えます。もちろん、結婚式のようなフォーマルな場(冠婚葬祭では必須(葬儀ではしないようです)。

コーディネートした結果「胸元が寂しいな」「何か物足りないな」という場合、ポケットチーフを挿すとうまくまとまることが多いと思います。ビジネスでもカジュアルでも。

ポケットチーフの続きを読む……
posted by blackwatch at 00:21| Comment(8) | TrackBack(0) | ネクタイ | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

トラッドなネクタイ特集、選び方や結び方(締め方、巻き方)を考える

Atkinsons Stripe Tie

今日は、ネクタイを考えます。特に、トラッドアメトラアメリカン・トラッドなものを集めました。アトキンソンズリチャード・アトキンソンAtkinsonsRichard Atkinson)、他。

ネクタイの選び方

まずは柄ですが、レジメンタルストライプ)、小紋ドット水玉)等の基本的なものを選んでおけば、大きな間違いはないです。色は、特に多色使いのネクタイの場合、合わせるシャツやジャケットの色を拾えば、着こなしに統一感が出るでしょう。

生地は、やはりシルクが基本。秋冬は、ウール羊毛のものも気分ですね。

トラッドなネクタイの続きを読む…
posted by blackwatch at 13:37| Comment(0) | TrackBack(1) | ネクタイ | 更新情報をチェックする