ブリューワー(Breuer)のネクタイ(タイ)、ポケットチーフ

今日は、ブリューワー(Breuer)のネクタイ(タイ)を取り上げます。 Breuer(ブリューワー) ブリューワーは、1892年創業のフランスのネクタイブランド。オーストリア(オーストリア=ハンガリー帝国)のウィーンで創業し、その後ベルギーに移り、そして1951年にフランスに移ったとのこと。 フランスブランドですが、ここのネクタイは意外にアメトラ(アメリカン・ト…

ブリューワーの続きを読む……

ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)のネクタイ(タイ)、ニットタイ

ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますが、今日はブルックス・ブラザーズのネクタイ(タイ)を取り上げます。《最終更新日: 2016年12月23日》 Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のネクタイ(タイ)、レップタイ ブルックス・ブラザーズは、1818年創業の泣く子も黙るアメトラ(アメリカン・トラッ…

ブルックス・ブラザーズのネクタイの続きを読む……

フェアファクス・コレクティブ(Fairfax Collective)のネクタイ(タイ)、ドレスシャツ

今日は、フェアファクス・コレクティブ(Fairfax Collective)のネクタイ(タイ)、ドレスシャツを取り上げます。《最終更新日: 2011年9月30日》 Fairfax Collective(フェアファクス・コレクティブ) フェアファクス・コレクティブは、日本のネクタイブランド。多くの国内百貨店や「セレクトショップ」にてここのネクタイが取り扱われ…

フェアファクス・コレクティブの続きを読む……

ドレイクス(Drake's)のネクタイ(タイ)、ポケットチーフ

今日は、ドレイクス(ドレークス、Drake's、Drakes)、マイケル・J・ドレイク(マイケル・J・ドレーク、Michael J. Drake)のネクタイ(タイ)、ポケットチーフを取り上げます。《最終更新日: 2017年1月11日》 Drake's(Drakes、ドレイクス)、Michael J. Drake(マイケル・J・ドレイク) ドレイクスは、マイケル・J・ドレイ…

ドレイクスのネクタイの続きを読む……

ランズエンド(Lands' End)のネクタイ(タイ)、ニットタイ

今日は、ランズエンド(Lands' End)のネクタイ(タイ)を取り上げます。アメトラ向きのもの多し!《最終更新日: 2012年4月2日》 Lands' End(ランズエンド)のネクタイ(タイ) ランズエンドについては、ランズエンドのサイトのリニューアル記事をご覧ください。 ここのネクタイは、いかにもアメリカらしい色・柄で、ウチのブログのようなアメトラ(アメ…

ランズエンドのネクタイの続きを読む……

ニットタイ(ネクタイ)を集めてみました

今日は、ニットタイを取り上げます。《最終更新日: 2016年4月27日》 アメトラには必須? ニットタイ ニットタイは、ニットセーターのように糸で編み上げたネクタイのこと。 素材は基本はシルク(絹)ですが、秋冬向きのウール、よりカジュアルで春夏向きなコットン(綿)のものもあります。ニットタイは春夏の印象もありますが、秋冬に着用しても全然問題ないと思いますよ。 …

ニットタイの続きを読む……

ネクタイ(タイ)を集めてみました

今日は、ネクタイ(タイ)を取り上げます。《最終更新日: 2017年4月22日》 なんだかんだ言っても、ネクタイ(タイ) 近年はクール・ビズ(Cool Biz)だのウォーム・ビズ(Warm Biz)だのとかまびすしいですが、まだまだ世の中の大多数のビジネスマンの人は、ネクタイをしているのでしょうね。 個人的には、特にクール・ビズには賛成なんです。ただ、まだまだ定着する…

ネクタイの続きを読む……

ポケットチーフ特集、挿し方(折り方、たたみ方、入れ方)や使い方を考える

今日はポケットチーフを取り上げます。皆さん、活用していますか? ちなみに英語では “pocket square”(ポケットスクエア)と表記することが多いようです。《最終更新日: 2016年4月9日》 ポケットチーフを考える 果たして、マジメ男にポケットチーフは必要か? ……必要不可欠とまではいいませんが、着こなしを一段階向上させるためには、あった…

ポケットチーフの続きを読む……

トラッドなネクタイ特集、選び方や結び方(締め方、巻き方)を考える

今日は、ネクタイを考えます。特に、トラッド、アメトラ(アメリカン・トラッド)なものを集めました。アトキンソンズ(リチャード・アトキンソン、Atkinsons、Richard Atkinson)、他。 ネクタイの選び方 まずは柄ですが、レジメンタル(ストライプ)、小紋、ドット(水玉)等の基本的なものを選んでおけば、大きな間違いはないです。色は、特に多色使いのネクタイの場合、…

トラッドなネクタイの続きを読む…