2プリーツ(ツープリーツ)のチノパンツ(チノパン)は新鮮、とな?

チノパンツ(チノパン)他、カジュアルなコットンパンツを集めてみました

今日は、またユナイテッドアローズUnited ArrowsUA栗野宏文さんのコラムから。2プリーツツープリーツ)のチノパンツチノパンについて。

意外に新しい? チノパンツ(チノパン)

僕がこの業界に入った1970年代末期、日本に初めてチノパンツというものが登場しました。

IVY Illustrated - 絵本アイビーボーイ図鑑

意外に新しいアイテムなんですね。実は『絵本アイビーボーイ図鑑』にも、「チノパンツ」という言葉は登場していないようです(ざっと見た感じ)。

もっとも、他のコットンパンツは穿かれていたでしょうし、アメリカではもっと前からチノパンツが穿かれていたとは思いますが。ちなみにチノパンツは、元々軍隊で穿かれていたパンツが民間に広まったものみたい。これもミリタリーアイテムなのです。

2プリーツ(ツープリーツ)のチノパンツの登場

さて、件のチノパンツですが、よく売れたと同時に、徐々にヴァリエーションも出てきました。ノープリーツ一辺倒から2プリーツへ、そしてカラー展開へ…。

そんな時代、今でもよく覚えているのが2プリーツのデザインが流行り、定着した頃に起きた大論争です。それが‘イン・プリーツVSアウト・プリーツ論争’。

イン・プリーツとはプリーツが内側に向かって開いているスタイル、アウト・プリーツとはその逆で外側に向かって開かれたプリーツのこと(正式名称かどうかは不明…)です。

当初、多かったのはイン・プリーツでした。ところがNYトラッド派がどんどん進化し、ヨーロッパ的なフィーリングを取り入れていくにつれ、アウト・プリーツが増えていったのです。

どちらかと言えば、クラシックでマニッシュなのがイン・プリーツ、洒落て、洗練されていたのがアウト・プリーツという感じ。

私の印象では、ブリティッシュスーツのパンツはやはりクラシックにインプリーツ、その他のヨーロッパやアメリカではアウトプリーツが多いように思います。

2プリーツの没落

その後、フレンチ・アイビーやクラシコ・イタリアブームを経て、プリーツ入りのチノパンツはすっかり影が薄くなったとのこと。

私がプリーツ入りのカジュアルパンツを最後に穿いたのは、1980年代末ですね。それ以降は穿いていません。ただしビジネススーツは、I型以外はプリーツ入りのパンツを穿いていましたよ。

と言うか‘ツータック’という名の、繊細なシルエットや凝ったディテールを無視したオヤジ・パンツが、世の中を席捲してしまったのです! ‘ツータック’おぞましい響きですネエ…。

「タック」("tuck")にも「ひだ」という意味があるのですが、英語では男性用パンツに対しては用いない言葉のようですね。つまり、「ツータック」は和製英語。英語では、「プリーツ」(「プリート」、"pleat")が正しいみたい。

2プリーツの復権?

で、プリーツ入りのチノパンツが履きたくなった僕はディストリクトのスタッフと企画者のDr. Sに提案したのです。‘久々に2プリーツのチノ・パンツやりませんか?’と。

2プリーツが流行らなくなってからもう20年近く経ちましたから、そろそろプリーツ入りパンツが復活してもいい時期かもしれません。…とか過去に何回か言いつつなかなか流行らないですが(汗)、今度こそ?

Gジャン(ジージャン)を集めてみました

着こなしについては、紺ブレ(3つボタンよりも2つボタンが似合う)や、Gジャン(ジージャン)やブルゾンのような丈の短いアウター、それにバスクシャツあたりが面白そう。

ちなみに、痩せっぽちの私は似合わないので、当分2プリーツのパンツは穿かないだろうなぁ。もう少し流行れば、検討するかな。流行には、少々似合ってなくてもそれなりに見せてしまう力があります。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"2プリーツ(ツープリーツ)のチノパンツ(チノパン)は新鮮、とな?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。