2008年秋の必須アイテム、とな?

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ、エンジニアードガーメンツ)のテーラードジャケット

Men.Style.comというアメリカのファッションサイトで "Fall '08: The Essentials" なるものをまとめていましたので、今日はそのご紹介。アメリカの今季予想される流行を見てみましょう。

リンク先の記事には商品の写真等が載っていますので、ぜひクリックして見てみてください。英語が読めなくても、何となく雰囲気は分かるはず。以下は翻訳ではなく、基本的に私の意見です。

The patch-pocket suit(パッチポケットのスーツ)

パッチポケットのスーツは、ドレスダウンに上品に演出してくれます。ビジネスに使っても、たいてい問題ないはず。ただ、必須とまでは思わないなぁ。

The traditional hiking boot(伝統的なマウンテンブーツ)
マウンテンブーツ、トレッキングブーツを集めてみました

アメリカでも人気です、アウトドアスタイル。ただし、ここではゴツさ控えめのマウンテンブーツを推しています。

The reversible scarf(リバーシブルのマフラー、ストール)

片面はウールやカシミアの地味柄で、もう片面はシルクのちょい派手柄、みたいなヤツ。ビジネス時は地味柄、アフター5は派手柄という風に使い分けられます。当ブログでは、ドレイクスDrake'sDrakes)あたりで紹介しています

The camel blazer(キャメルのブレザー)

紺ブレやネイビージャケットはすでに手に入れており、次を探している方のひとつの後補として。トム・ブラウンThom Browne)のブラック・フリースBlack Fleece)でも、今季は提案しています。ダブルブレストでなくてもいいと思いますが、今ダブルが新鮮なのは確か。

The leather portfolio(レザー製のドキュメントケース)

装飾の少ないシンプルなドキュメントケースは、日本の雑誌でも最近よく見ますね。

The covered-placket shirt(比翼仕立てのシャツ)

前ボタンの見えない、いわゆる比翼フライフロント)のシャツ。80年代のリバイバルということみたい。

The knit cap(ニットキャップ、ワッチキャップ)

帽子の中でも、比較的着こなしやすい部類に入るでしょう。暖かいのも嬉しい。特に、Pコート(ピーコート)との組み合わせは鉄板です

The cricket sweater(チルデンセーター)
チルデンセーター(クリケットニット)を集めてみました

プレッピースタイルの定番アイテム。コスプレっぽくならないものがオススメみたい。たぶん、やはり今っぽい細身のものが良いのかな。

Work pants(ワークパンツ)

アメリカでも注目のワークスタイル。エンジニアード・ガーメンツEngineered Garmentsウールリッチ・ウーレンミルズWoolrich Woolen Mills等のものを推しています。どちらも、日本人の鈴木大器さんのデザインするブランドですね。

Clear-frame sunglasses(クリアフレームのサングラス)

この手のアイテムも、80年代っぽいです。この記事によると、70年代後半のBOHOスタイルなんだそうな。

The varsity jacket(スタジャン)
スタジャン(スタジアムジャンパー)、アワードジャケットの着こなし方を頑張って考えてみる

出ましたスタジャン。ただし、文字(レター)がゴチャゴチャ入っているものではなく、大人っぽい無地のものがいいんだそう。まあ、大人に似合うのは、普通はそっちですな。

The braided belt(メッシュベルト)

メッシュベルトにもいろいろありますが、より今っぽいものがオススメみたい。ダブルリング仕様のものとか。

The flannel puffer vest(フランネルウール地のダウンベスト)

ここ数年ダウンブームが続いていますが、昨年くらいからウール地のものの人気が上昇していますね。街着としては、こっちのほうがより相応しいのか。

Trouser-cut cords(コーデュロイのスラックス)

コーデュロイパンツと言えば5ポケット型が多いですが、大人はスラックス型にしようよ、とのこと。でも、私は5ポケット型も大好きですけどね。

The small-pattern silk shirt(小さな柄のシルクシャツ)

どちらかと言うと、モード的なアイテムかな。確かに、最近のコレクションではよく見るような気がするようなしないような。

The long peacoat(ロング・ピーコート)
Pコート(ピーコート)を集めてみました

近年はかなり丈の短いPコート(ピーコート)をよく見るのですが、あれはやはり若い人のほうが似合いますね。オトナは、ある程度長さがあったほうが無難だと思いますよ。長い丈である必要まではないと思いますが。

以上、日本の雑誌と同様のアイテムもあれば、あまり日本の雑誌では紹介されていないようなアイテムもありますね。アメリカでは、「パッチポケットのスーツ」が一番に出てくるほど注目アイテムなのか(順番に意味はないのかもしれませんけど)。

その他、この秋冬の流行について触れた記事です。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"2008年秋の必須アイテム、とな?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。