カバーオール、ワークジャケットを集めてみました

Engineered Garments Engineer Jacket

今日は、カバーオールワークジャケットを取り上げます。《最終更新日: 2018年10月21日》

カバーオールとは?

カバーオール(“coverall”)とは本来は(英語では)「つなぎ」の意味なのですが、日本ではジャケット丈のワークジャケットのことを意味することが多いのです。要するに和製英語なのですが、なんでこうなっちゃんたんだろ? とりあえず当ブログも長いものに巻かれて(?)、「カバーオール」という表記を使うことにします。

ちなみに、カバーオールで有名なポインター・ブランドPointer Brand)では、“chore coat” と呼んでいますね(“chore” は「雑用」の意味)。カーハートCarharttでも同様でしょうか。鉄道員がこの手のジャケットをよく着ていたことから、“railroader jacket”(レイルローダー・ジャケット)とも呼ぶこともあるようです。

Engineered Garments Engineer Jacket

また、着丈の長いショップコートというアウターウェアもありまして、これはカバーオールとチェスターフィールドコート(もしくはステンカラーコート)を足して2で割ったようなアウターウェアといえます。

カバーオールの仕様、生地(素材)など

Gジャン(ジージャン)を集めてみました

カバーオールはGジャンジージャンの丈を長くしたような雰囲気のアウターで、基本的には一枚仕立ての簡素なつくり。生地は、ブラウンダックデニムヒッコリーストライプなど、ワークウェアらしく丈夫なコットン綿地が採用されることが多いのです。

近年は、街着用の都会的な雰囲気のカバーオールも増えてきました。テーラードジャケットに近いデザインのものもあります。ショールカラーヘチマ襟)のものも多いですね。

カバーオールは、アメリカとフランスが2大強国(?)だと思います。両者は微妙に雰囲気が違うんですよ。フレンチのほうがデザインがシンプルで、生地の発色が良いと思います。映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』は日本でも話題になりました。

ネクタイ(タイ)を集めてみました

なおカバーオールは、アメカジだけでなくフレンチ・カジュアルやマリンスタイルとも相性が良いですよ。こんな感じでネクタイやボウタイをしてみてもオツでしょう。

そのほかのカバーオールの着こなしはこちら。

Pointer Brand(ポインター・ブランド)のChore Coat(チョア・コート)

Pointer Brand(ポインター・ブランド)

ワークウェアの大定番ブランドであるポインター・ブランドPointer Brand)は、1913年創業のアメリカのワークウェアブランド。

デニムやヒッコリーストライプ、ダックなど、生地の種類も豊富な “Chore Coat” がありますよ。アメリカのカバーオールを代表するモデルのひとつといえます。私も愛用しております。

orSlow(オアスロウ、オアスロー)

orSlow(オアスロウ、オアスロー)

orSlowオアスロウオアスローは、日本のカジュアルウェアブランド。19世紀から20世紀に誕生したワークウェアやミリタリーウェアを、今っぽく表現しているのだそう。ちなみに “orSlow” とは、“originality” のあるものを “slow” にデザインするという意味とのこと。

こちらは、9オンスのデニムを使用したorSlowの定番カバーオール。50年代(1950年代)風の仕様を取り入れてデザインされているとのこと。ステッチが面白く、ラグランスリーブラグラン袖は私好み。日本製。

orSlow 50s Coverall 03-6140: Rinse
50s Coverall 03-6140: Rinse
orSlow 50s Coverall 03-6140: Rinse
Rinse
orSlow 50s Coverall 03-6140: Rinse
Rinse
orSlow 50s Coverall 03-6140: Rinse
Rinse
orSlow 50s Coverall 03-6140: Rinse
Rinse
orSlow 40s Coverall 01-6150: Rinse
40s Coverall 01-6150: Rinse
orSlow 40s Coverall 01-6150: Rinse
Rinse
orSlow 40s Coverall 01-6150: Rinse
Rinse
↑ クリックで商品一覧ページへ

40s Coverallは、その名のとおり40年代(1940年代)風のカバーオール。セットインスリーブ仕様で前ボタンの数も少なく、全体的により素朴な印象の仕上がりといえます。

Levi's(リーバイス)

Levi's(リーバイス)の公式オンラインストアができました!

リーバイスLevi's)を別記事で扱っていますが、デニム系の服には当然力を入れていまして、もちろんアウター類もあります。

Engineer's Coatエンジニアコート)は、まさにカバーオールらしいカバーオール。丈夫そうなコットン地の一枚仕立てで、紙パッチなどはリーバイスっぽさを感じさせます。生地はデニムのほかいろいろあります。

Levi's Engineer's Coat 29655: 0013 Indigo Camo
Engineer's Coat 29655: 0013 Indigo Camo
Levi's Engineer's Coat 29655: 0012 Olive Night
0012 Olive Night
Levi's Engineer's Coat 29655: 0012 Olive Night
0012 Olive Night
Levi's Engineer's Coat 29655: 0003 Harvest Gold
0003 Harvest Gold
Levi's Engineer's Coat 29655: 0003 Harvest Gold
0003 Harvest Gold
↑ クリックで商品一覧ページへ

Freemans Sporting Club(フリーマンズ・スポーティング・クラブ)

Freemans Sporting Club(フリーマンズ・スポーティング・クラブ)

フリーマンズ・スポーティング・クラブFreemans Sporting Clubは、2005年に誕生したアメリカはニューヨークの紳士のためのお店。もともとは2004年に誕生したレストランで、その後理容室もできました。服は、50年代(1950年代)のラギッド寄りのアメリカン・クラシックという感じ。

Chore Jacketチョア・ジャケット)は、ラグランスリーブ仕様のカバーオール。こちらは、分厚く丈夫なコットンダック地を使用したChore Jacket。たくさん着て味を出してください。日本製。

Freemans Sporting Club JP US Chore Jacket UF86-17B010: Brown
JP US Chore Jacket: Brown
Freemans Sporting Club JP US Chore Jacket UF86-17B010: Brown
Brown
Freemans Sporting Club JP US Chore Jacket UF86-17B010: Brown
Brown
Freemans Sporting Club JP US Chore Jacket UF86-17B010: Dark Grey
Dark Grey
Freemans Sporting Club JP US Chore Jacket UF86-17B010: Dark Grey
Dark Grey
↑ クリックで商品ページへ

Soundman(サウンドマン、音男)

Soundman(サウンドマン、音男)

サウンドマンSoundman音男は、今井千尋氏がデザインする2000年に誕生したカジュアルウェアブランド。コンセプトは、テーラード・ワーク・ミリタリー・スポーツを基本にデザインされたスタイリッシュ・ローテク・クローズ、とのこと。

Guilfordギルフォード)は、60年代(1960年代)くらいのイギリス国鉄British Railwaysのワークコートの襟型と、フレンチカバーオールを交ぜたようなデザインとのこと。こちらは、太めのストライプ柄のGuilford。なかなか印象的な仕上がりといえます。生地はコットンで、日本製。

Soundman Guilford 583M-804L: Navy / Ink Blue
Guilford 583M-804L: Navy / Ink Blue
Soundman Guilford 583M-804L: Navy / Ink Blue
Navy / Ink Blue
Soundman Guilford 583M-804L: Navy / Ink Blue
Navy / Ink Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のブルゾン、コート

アメリカのカジュアルウェア通販の雄ランズエンドLands' End)は、このブログの常連です。

アメリカブランドなのでワークウェアにも力を入れていて、カバーオールっぽいアウターもいろいろあります。近年は特に力を入れていますね。

他の記事も……

フィールドコート、ハンティングジャケットを集めてみました ハンティングベスト、ワークベスト、アウトドアベスト(ヴェスト)を集めてみました

タグ / アウター: カバーオール」をご覧になると、当ブログのカバーオールに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / ブルゾン、コート」をご覧になると、当ブログのアウターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2009年1月25日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年4月21日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年9月19日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年3月17日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年5月9日)商品を追加、入れ替え。
  • (2010年10月15日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年4月16日)2011年春夏最初の更新。
  • (2011年11月3日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年3月29日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年10月27日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年3月23日)2013年春夏最初の更新。
  • (2013年11月14日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年4月24日)2014年春夏最初の更新。
  • (2014年10月8日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年3月17日)2015年春夏最初の更新。
  • (2016年4月6日)2016年春夏最初の更新。
  • (2017年4月11日)2017年春夏最初の更新。
  • (2017年10月20日)2017年度秋冬最初の更新。
  • (2018年4月8日)2018年春夏最初の更新。
  • (2018年10月21日)2018年度秋冬最初の更新。

"カバーオール、ワークジャケットを集めてみました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。