ブリトラ(ブリティッシュ・トラッド)はどうなのか、とな?

「靴・鞄・革小物」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2008年8月号を読む

メンズ・イーエックスMen's EX)の2008年8月号の「英国をどげんかせんといかん!」という連載にて、イラストレーターの綿谷さんがこんなことを書かれていました。

“今年の秋冬は、再び英国が注目されています”

毎年秋の訪れとともにファッション誌に躍るお約束のフレーズ。でも、これまで一度も来た試しがない本格的英国ブーム……。

どうせまた、中折れしたフニャ●ンみたいに腰のないツイードとかカシミアを指して“イタリアから見た英国”みたいな曲がりくねった表現でお茶を濁すんだよ、きっと。

(笑)。まあ狭い意味のブリトラブリティッシュ・トラッド)は、堅苦しい鎧のようなスーツやブレザー、ツイードジャケットのことですからねぇ。少なくとも若い人には、そういうのはアメトラ以上に受けないだろうなぁ。

ただ、上の記事に書いていますとおり、ブリティッシュ・トラッドは紳士服の王道なのです。好むと好まざるとにかかわらず、ブリティッシュ・トラッドは勉強しておく価値があります。

特に、「角ばった肩に絞り込んだウエスト」みたいなブリティッシュスーツやジャケットの特徴は、理解しておくと何かと役に立つでしょう。おそらく、今後この手のスーツやジャケットが増えてくると思われますし。

ちなみに、昨今は短丈のジャケットが人気ですが、ブリティッシュはある程度着丈が長いほうが格好良いと思います(着丈が短いと後述のモッズになっちゃう)。あと、Vゾーンも狭いほうが気分だなぁ。2つボタンよりも3つボタンがいい。

ハーディ・エイミスのイギリスの紳士服

ハーディ・エイミスのイギリスの紳士服
Amazon.co.jp
アソシエイト

ブリティッシュ・トラッドの勉強用として最近よく紹介されているように思うのが、ハーディ・エイミスHardy Amis氏の『イギリスの紳士服』という本。ただ、これは初心者向けではないような…。

スーツの歴史みたいなものは何となく分かるのですが、客観的に見たブリティッシュスーツの特徴が具体的に書いてある本ではないと思います。

あと、執筆されたのが1980年代の影響が色濃く残る1990年代前半くらいだと思われる点にも注意が必要です。当時と今では流行が正反対に近いので、今の感覚で読むと「???」となっちゃいそう。

もちろん、そういう点を了解していれば、この本は興味深い記述が多いですよ。イギリス王室、特にエドワード8世ウィンザー公のファッションの記述については、服好きなら楽しめるはず。

アーガイル、タータンチェック

マフラー、ストールを集めてみました、巻き方も

非常に英国的な柄のひとつと言えるアーガイル柄は、今季は若い人にも人気を博したように思います。今季街中を歩いていて、最もブリティッシュを感じるアイテムでした。

さらに英国的な柄と言えば、タータンチェック。私のハンドルネーム(blackwatch)が示すように、私も大好きな柄です。

ただタータンチェックは、クドい柄なんだよなぁ。さすがの私も、毎日着ようとは思わない(汗)。他人とカブったら辛い柄でもあります(よく使われるタータンの種類は意外に少ない)。とか言いつつ、今季私はブラックウォッチ柄のマフラーを追加してしまいましたが。

ブリティッシュカントリー

キルティングジャケット、キルティングベストを集めてみました

今季のトレンドのひとつと言われたブリティッシュカントリー、実際の売れ行きはどうだったんでしょうね。

ちなみにアメトラ中心の当ブログでも、ブログ開始当初から実はブリティッシュカントリーの服を積極的に紹介していたのです。キルティングジャケットとかバブアーバーブァーBarbourとかトリッカーズTricker'sとかシェットランドシェトランド)とかフェアアイルとかのセーターとか。だって、着こなしやすいじゃないですか。

トリッカーズのカントリーブーツ、ウイングチップシューズ: Tricker's Malton M2508

そう言うわけで、すでにお気づきの方も多いと思いますが、このブログの副題に「アメトラ(アイビー、プレッピー)、ブリトラブリティッシュ・トラッド)を中心に、着こなしを考える」のようにブリトラを加えています。まあ、SEO対策だったりもするんですが(汗)。

バブアー(バーブァー)のワックスコットンジャケット: Barbour Bedale Sage

ちなみにブリティッシュカントリーは、基本的にはイギリスの上流階級の服だと思います。バブアーは英国王室御用達ですし(イギリスの庶民はバブアーなんて着ていないしそもそも買えない)。彼の地の上流階級の人は、休日にはマジでハンティングをしたりするみたい。

夏に弱いブリトラ(ブリティッシュ・トラッド)

ジョン・スメドレー(John Smedley)のポロシャツ、Tシャツ

Men's EXメンズ・イーエックス2008年9月号の「英国をどげんかせんといかん!」でも触れていたように、ブリティッシュ・トラッドの最大の弱点は夏に弱いこと。涼しい彼の地では、夏でもツイードジャケットを着るそうですからねぇ。

ジョン・スメドレーJohn Smedley)のポロシャツくらいしか、着るものがなかったりします。あとはチノパンツとかデッキシューズとかスリッポンとか、どうしてもアメリカやイタリアのアイテムを借りたくなっちゃう。

と言うわけで、春夏はアメトラ、秋冬はブリトラを着ると、一年を通してお洒落を楽しめるのかも。

モッズ、スキンズ(スキンヘッズ)、パンク

M-51ミリタリーパーカー、モッズコートを集めてみました: さらば青春の光

これから若者に人気が出そうなブリティッシュが、モッズスキンヘッズスキンズパンクといったストリートスタイル。ラグ&ボーンRag & Boneが2009年春夏コレクションで提案していました。

特に短丈で細身のモッズのスーツスタイルは、今の流行に近いから取り入れやすそうですね。トム・ブラウンThom Browneのスーツとの共通点も多かったりします。そもそもモッズは、アメリカのアイビーの影響を受けたスタイルなんじゃないかな。

着こなしの参考になる本: ザ・ストリートスタイル

ただ、何回も書いていますけど、上記のイギリスのストリートスタイルは基本的には「悪ガキ」のスタイルなので、コンサバとは言いがたい…。少なくとも、サラリーマンオヤジに似合うファッションとは言いがたいなぁ。

アメリカの「エリート」のスタイルであるアイビーやプレッピーとは、そこが大きく違うところです。まあそのぶん、悪ぶりたい若者にはこの手のストリートスタイルのほうが受け入れやすいでしょうね。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"ブリトラ(ブリティッシュ・トラッド)はどうなのか、とな?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。