いであつし氏の連載第9回は「セントジェームス(Saint James)」

いであつし氏

いであつし氏と綿谷画伯セプティズSeptis)さんにおけるコラム連載第9回が発表されていました。

Saint James(セント・ジェームス、セント・ジェームズ)のバスクシャツ、ボーダーTシャツ

今回のテーマは、バスクシャツの代表格であるセントジェームスSaint James。近年のマリンスタイル人気で、再び注目されているブランドです。

なによりラコのポロといっしょで、昔っからアメカジとも相性がいいのだ。下にシャンブレーのシャツとかラコのポロシャツを着るっていうのも、昔っからある王道のコーディネートである。

そう、バスクシャツはアメカジアメリカン・カジュアルアメトラアメリカン・トラッドとも相性が良いんですよね。

でも意外とぼくがけっこう好きなのが、ゴルチエとかピカソみたいな着かた。コテコテのアメカジじゃなくて、おフランスの香りがしてくる着こなしってやつね。パリのモンパルナスあたりにいる毎日バスクシャツばーっかり着てるパリジャンの貧乏画家みたいな?わかりやすくいうと『ドレステリア』の森さんみたいな格好ね。森さんって、よくそういう感じでおしゃれにバスクシャツを着てるんだよなあ。

バスクシャツ、ボーダーTシャツを集めてみました: Orcival 6101 Rachel

ドレステリアDressteriorは、フレンチ寄りの「セレクトショップ」。今後フレンチ・カジュアルが復活しそうなので、またこのお店も注目されそうです。

それにしても、ドレステリアはネット上にほとんど情報がないですねぇ。万恭さん等の方針で、あえてそうしているのでしょうけど。

しかし実際のところですね、アメリカに行ってもアメカジがいないのとおんなじで、パリに行っても、日本人みたいにファッションでボーターのバスクシャツを着てる人なんて全然いやしねぇんだよ、これがまた。

昔、初めてパリに行ったときに、向こうでパリの街を案内してくれた友人にも「いでさん、恥ずかしいですから、くれぐれもバスクシャツなんか着てパリを歩かないでくださいね。生肉屋さんに間違えられちゃいますから」と言われてしまった。

カラー版 浮世絵
Amazon.co.jp
アソシエイト

(笑)。ワークウェアをお洒落で着ているアメリカ人がいないのと同じですね。

自国の文化の良さにその国の人は気づいておらず、外国人に指摘されて初めて気がつくことが結構あります。日本だと浮世絵とか。

いずれにせよ、個人的にはあまりコテコテにマリンな格好はやりませんねぇ。もう若くないし(汗)、気恥ずかしい。バスクシャツも、あえて茶系のような色を選んでマリン色を薄めたりします。

バスクシャツ、ボーダーTシャツを集めてみました: Orcival B211 Cotton Lourd

あと、無地もいいですよ、無地。あの独特の厚手の生地でボートネックなら、無地でも十分面白みがあります。パリで生肉屋さんに間違えられることもないでしょうし(笑)。

皆さんも、バスクシャツの自分なりの着こなしを楽しんでみてください。

Goodwearの記事を更新しました

Goodwear Short Sleeve Crew Neck with Pocket GP-2800

子どもたちは今日から夏休みですか(首都圏地方の場合)、いいなぁ。

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

とにかく丈夫なTシャツが欲しいなら、まずはここのTシャツをオススメ。最近は、再びポケット付きTシャツが盛り上がっているみたいですね。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"いであつし氏の連載第9回は「セントジェームス(Saint James)」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。