ガンジーセーター(ガーンジーセーター、ニット)を集めてみました

ガンジーセーター(ガーンジーセーター)

今日は、ガンジーセーターガーンジーセーターニット)を取り上げます。《最終更新日: 2015年12月1日》

ガンジーセーター(ガーンジーセーター、ニット)とは

ガンジーセーターとは、イギリスとフランスの間にあるガーンジーGuernsey島近辺に伝わる伝統的なセーターのこと。もともとは漁師のための服で、フィッシャーマンセーターフィッシャーマンズセーター)の一種といえます。19世紀にはイギリス海軍の制服として採用されていたそうな。

実は、アランセーターは実際には本物の漁師は着ていなかったようですが、このガンジーセーターは本当に漁師が着ていた服なのです。

極寒の冬の海で着る服ですから、非常に編み目が込んでいて温かく丈夫なつくり。肩と裾部に装飾的な柄が編みこまれていて、基本的に首元が少し高いモックネックハイネック)気味のデザイン。前後対称の仕様でして、前後を逆にしても着られるのが面白い。男女兼用(ユニセックス)のものが多いです。素材はもちろんウールが基本。

なお、monoモノスペシャル WorkwearワークウェアNo.4というムックには、ガンジーセーターの特集が載っていましたよ。

着こなし

アランセーター、フィッシャーマンセーターを集めてみました

同じフィッシャーマンセーターであるアランセーターほど分厚いつくりではないので、重ね着がしやすいです(といっても厚みはそれなりにあります)。首元がモックネック気味なので、中にドレスシャツを着ると襟は隠れ気味になります。

ダッフルコートを集めてみました

海の服ですから、特にマリンスタイルとは相性は抜群。相性の良いアウターをひとつ挙げるなら、漁師の服という出自が同じであるダッフルコートでしょうか海仲間のPコートピーコート)とも好相性。冬のマリンスタイルを存分に楽しめる組み合わせといえます。

Le Tricoteur(ル・トリコチュール、ルトリコチュール、レトリコチュア)

ル・トリコチュールルトリコチュールレトリコチュアLe Tricoteurは、1964年創業のイギリスはガーンジー諸島のニットブランド。日本でこれまで多く扱われてきたガンジーセーターのブランドといえば、ここでしょう。

無地のものに加えて、ストライプボーダー)柄のものも。私も持っていまして、かなり痩身の私でもサイズ36(S)はけっこう細く感じました。

Le Tricoteur Guernsey Jumper: Pure Aran
Pure Aran
Le Tricoteur Guernsey Jumper: Traditional Navy
Traditional Navy
Le Tricoteur Guernsey Jumper: Pure Aran / Traditional Navy
Pure Aran / Traditional Navy
Le Tricoteur Guernsey Jumpers
Guernsey Jumpers
↑ クリックで商品一覧ページへ

Guernsey Woollens(ガンジー・ウーレンズ、ガーンジー・ウーレンズ)

ガンジー・ウーレンズガーンジー・ウーレンズGuernsey Woollensは、イギリス領ガーンジー島のニットブランド。ガンジーセーターなどのフィッシャーマンズセーターを得意としています。以前はチャネル・ジャンパーChannel Jumper)というブランド名だったようです。

こちらは、ガンジーセーター各種。伝統的なモックネック気味のものに加え、クルーネックもあります(これは前後対称ではありません)。

Guernsey Woollens Traditional: Ecru
Traditional: Ecru
Guernsey Woollens Traditional: Bottle Green
Bottle Green
Guernsey Woollens Traditional: Black
Black
Guernsey Woollens G15FK-01: Natural
G15FK-01: Natural
Guernsey Woollens G15FK-01: Navy
Navy
Guernsey Woollens G15FK-01: Mid Grey
Mid Grey
Guernsey Woollens Twiston: Oatmeal
Twiston: Oatmeal
Guernsey Woollens Twiston: Bottle Green
Bottle Green
Guernsey Woollens Twiston: Ecru
Ecru
Guernsey Woollens Shore: Mid Grey
Shore: Mid Grey
Guernsey Woollens Shore: Ecru
Ecru
Guernsey Woollens Shore: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

さらに、面白いケーブル編みが入ったものもあり、これにはタートルネックタートルも。アランセーターもありますよ。

William Lockie(ウィリアム・ロッキー)

ウィリアム・ロッキーWilliam Lockieは、1874年創業のイギリスはスコットランドのニットブランド。定評ある老舗ニットブランドです。

こちらは、メリノウールリブ編みにしてちょっと襟が高めのクルーネックセーター。フィッシャーマンズセーターから着想を得た日本別注商品です。スコットランド製。

これはおそらくアンデルセン・アンデルセンAnderson-Andersonを意識したのではないかと思うのですが、あちらと比べるとお値段はグッと控えめ。狙い目でしょう。

William Lockie Merino Wool Rib Crew Neck GME23008-6004716: Diamante
Merino Wool Rib Crew Neck: Diamante
William Lockie Merino Wool Rib Crew Neck GME23008-6004716: Diamante
Diamante
William Lockie Merino Wool Rib Crew Neck GME23008-6004716: Navy
Navy
William Lockie Merino Wool Rib Crew Neck GME23008-6004716: Navy
Navy
William Lockie Merino Wool Rib Crew Neck GME23008-6004716: Cliff
Cliff
↑ クリックで商品一覧ページへ

他の記事も……

タートルネック(タートル)、ハーフジップのセーターを集めてみました ウール、カシミアのクルーネック、Vネック、ヘンリーネックのセーター(ニット)を集めてみました

ウールプルオーバーセーターを集めた記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。「カテゴリ / セーター」をご覧になると、当ブログのセーターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2010年12月21日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2015年12月1日)2015年度秋冬最初の更新。

"ガンジーセーター(ガーンジーセーター、ニット)を集めてみました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。