2012年秋冬パリのメンズコレクションの雑感

Thom Browne(トム・ブラウン)

先日までパリ2012年秋冬メンズコレクションパリコレ)が行われていましたので、今日はその雑感を。

例によってモード素人の戯言なので、話半分でお読みください。どちらかというと、自分用のメモって感じの記事です。

Thom Browne(トム・ブラウン)

トム・ブラウンThom Browneの今季は、クリエイティブ路線。アメフト選手みたいに各部を膨張(?)させる、あるいはスタッズをたくさん付けてパンク風にさせる。そんな感じ。個人的には、いままでのクリエイティブ路線の中では比較的楽しめたのかも。

思うんですが、トム・ブラウンは『時計じかけのオレンジ』みたいな映画の衣装を担当するとハマりそう。映画の衣装自体は過去にいくつか担当したことがあるようですけど。こちらは動画です。

その他

カバーオール、ワークジャケットを集めてみました

今季のジュンヤ・ワタナベJunya Watanabe渡辺淳弥は、昨季に引き続き農夫みたいなラギッドスタイル。サスペンダーにワークジャケットみたいな格好が多かったですね。

マーク・マクナイリーMark McNairyがデザインするウールリッチ・ウーレン・ミルズWoolrich Woolen Millsの今季は、黄色いアイテムが印象に残りました。近年の注目色ですね。

kolorカラーの今季は、赤い靴下が印象に残りました。短丈のパンツを穿くと、靴下は重要アイテムになります。プリーツ入りのテーパードパンツにも注目しましょう。

グローバーオール、グロヴァオール、グローヴァーオールのダッフルコート、Pコート(ピーコート): Gloverall 2006/SWF

ポール・スミスPaul Smithからは、ムートンジャケットが登場。ムートンは今季も人気です。

コム・デ・ギャルソンComme des Garconsの今季は、モデルが長髪ということもありかなりジェンダーフリーな雰囲気。個人的には嫌いじゃないです。

ドリス・ヴァン・ノッテンDries Van Notenの今季は、例によって柄遣いが印象的でした。

あとがき

チェスターフィールドコート(チェスターコート)を集めてみました

今回のミラノとパリでは、特にロングコートの復活が話題になっているようです。あと、個人的には「黒」が復活傾向にあると思いました。なんだかんだで流行は移り変わっていきますね。

スニーカーの記事を更新しました

Diadora Heritage Equipe S SW 156552

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

たとえトラッド派の人でも、スニーカーを軽視してはいけません。着こなしの「ハズシ」として大いに役立ってくれるでしょう。履き心地も良いですしね。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"2012年秋冬パリのメンズコレクションの雑感"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。