ダッフルコートを集めてみました

Duffle Coat(ダッフルコート)

今日は、ダッフルコートを取り上げます。いろいろなブランドのものを集めてみました。《最終更新日: 2019年12月12日》

ダッフルコートとは

Bernard Law Montgomery / バーナード・モントゴメリー
Wikipedia

ダッフルコートは、もともとは北欧の漁師の仕事着だったそう。手袋をしたままでもボタンの留め外しができるトグルトッグル、木製のボタン)が評価されたのか、第二次世界大戦ではイギリス海軍軍服として採用しました。

ダッフルコートといえば、イギリスのモンゴメリーモントゴメリー将軍。ドイツの名将ロンメル将軍を討ち破ったことで名高い人ですが、しばしばキャメル色のダッフルコートを着ていたことで、ダッフルコートを世に知らしめました。

Duffle Coat(ダッフルコート)

ダッフルコートの仕様、生地、トグル(トッグル)

ダッフルコートは、大きく以下の3種類に分けられるようです。実際の商品には、要素を混ぜたものも多いのですが。

イギリス海軍系(?)

イギリス海軍で採用された様式で、元祖的なダッフルコート。メルトン系の分厚いウール羊毛地で、木製浮きのトグルとのロープという仕様。

トラッド系(?)

戦後に街着向けとして開発されたダッフルコート。ダブルフェイス(両面仕上げ)仕立てのウール地で、しばしば裏地はチェック柄。水牛ホーン)のトグルと皮革レザー製のロープという仕様。

フランス系(?)

フランスブランドに多い様式で、もちろん街着向け。ヘリンボーン柄のパイル織りのウール地で、とにかく大人っぽく高級感あり。水牛の角のトグルと皮革製のロープ仕様。

付きのダッフルコートもあるのですが、これの起源はよく分かりません。けっこう昔からあるようです。

mono(モノ)スペシャル Workwear(ワークウェア)No.2

ダッフルコートといえば、『monoモノスペシャル WorkwearワークウェアNo.2』の特集が素晴らしかったですね。ダッフルコート好きの方なら必見でしょう。『ザ・コートスタイル』もオススメ。

服飾評論家の出石尚三さんのダッフルコートについてのコラムや、(英語ですけど)ウンチクについてはこちら。

ダッフルコートについての古い写真や資料が、こちらの記事で読めます。

ダッフルコートの着こなし

Pコート(ピーコート)を集めてみました

ダッフルコートは、Pコートピーコート)と並ぶ冬のカジュアルウールアウターウェアの代表格。スリムなPコートとは違い、テーラードジャケットの上に羽織ってもすんなりハマってくれるのがうれしい。実際、ネイビーブレザーの上に羽織る着こなしはアメトラアメリカン・トラッドでは一般的な着こなしといえます。

ダッフルらしいダッフルはゆったりしたシルエットをしていますので、パンツもある程度太さのあるもののほうが合わせやすいでしょう。靴もガッチリしているもののほうがバランスが取りやすいといえます。まあこのへんは流行次第ですが。

IVY Illustrated - 絵本アイビーボーイ図鑑

もちろん『絵本アイビーボーイ図鑑』にも登場していまして、タートルネックセーターとコットンパンツ(かな?)、それにデザートブーツらしきものに合わせて着こなしていますよ。

そうそう、『絵本アイビーボーイ図鑑』の著者である穂積和夫さん自身も、ダッフルコートを着こなしていらっしゃいます。オトナのダッフルコートの着こなしは、かくありたい?

着こなし例いろいろ

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

こちらは、紺ブレ、フェアアイルセーター、ボストン眼鏡に合わせた、プレッピーのお手本のようなダッフルコートの着こなし。

こちらは、ツイードのスーツに合わせた大人っぽい着こなし。

こういう何気ないダッフルコートの着こなしも素敵です。帽子、マフラー、手袋、そしてヒゲ……。

タートルネック(タートル)、ハーフジップのセーターを集めてみました

こちらは、ケーブル編みタートルネックタートルセーターに合わせた着こなし。

こちらは、1着のダッフルコートを5とおりに着まわし。

こちらの記事には、元ポパイPopeye編集長の木下孝浩氏の着こなしがいろいろあります。

最後は、信濃屋白井俊夫氏の着こなし。さすが貫禄があります。

着こなし方のひとつの考え方

リーバイス(Levi's)の501、ストレートジーンズの基本

ファッションエディターの山下英介氏によるダッフルコートの着こなし方をご紹介。異論はあるでしょうが、ひとつの考え方として面白いと思いました。

抜粋すると、こんな感じ。

  • 「ダッフルコート。それは文科系男子と女子だけに許された “聖域”」「オラオラ系ファッションカルチャーとは隔絶したところがダッフルコートの魅力」
  • メルトン地なら「安パイならキャメル、もっと上を行くならオレンジやレッドといった明るい色目」「ダークカラーのダッフルならヘリンボーンやカシミアといったリッチな素材から選ぶ」
  • 合わせるパンツは「ホワイトジーンズが鉄板」「これ以外では、タータンチェックのウールスラックスあたりが狙いめ」
  • 「ブルージーンズは、1. こだわりのヴィンテージデニム、2. 合わせるダッフルがオレンジか赤、上記どちらかの条件を満たしていない場合は避けた方が無難」
  • 「ぽってりとした革靴がバランス良好。グッチのビットモカシンも洒落てます」「ロングノーズの艶っぽい靴とは見事なまでに似合わない」
  • インナーは「ローゲージのニット」「ちょっと色味の派手なもの」

着こなし例、映画編

Amazon.co.jp
アソシエイト

映画『第三の男』では、イギリス軍人役のトレヴァー・ハワードの本場イギリス海軍のダッフルコート姿を見られます。ベレー帽に合わせて。

映画『ナヴァロンの要塞』では、グレゴリー・ペックデヴィッド・ニーヴンのダッフルコート姿が見られます。やはりイギリス軍人役です。でも予告編にはその場面は出てこないなぁ。

映画『怒りの海』では、イギリスの戦艦の乗組員たちがダッフルコートを着て奮闘しています。

街着としては、映画『愛の狩人』にて大学生役のジャック・ニコルソンアート・ガーファンクルのダッフルコート姿が見られます。襟付きのダッフルコートを着ているもよう。

映画『ロシア・ハウス』では、ショーン・コネリーのダッフルコート姿が見られます。テーラードジャケットとネクタイに合わせて。

映画『恋人よ帰れ!わが胸に』では、ジャック・レモンのダッフルコート姿が見られます。

Gloverall(グローバーオール、グロヴァオール、グローヴァーオール)

Gloverall(グローバーオール、グロヴァオール、グローヴァーオール)のダッフルコート、Pコート(ピーコート)

ダッフルコートの代名詞(?)グローバーオールグローヴァーオールグロヴァオールグロバーオールグロヴァーオールGloverall)は、イギリスのアウターウェアブランド。

とにかく、ダッフルコートといえばこのブランドは絶対に絶対に外せません。大きく分類して3型ありまして、いずれも名品。別記事にて大きく取り上げています。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズには各種ウールアウターも充実しています。

「ウール ダブルフェイス ダッフルコート」は、厚手のダブルフェイス仕様のウール100%地を使った襟付きのダッフルコート。大人も安心して着られるダッフルコートとして、これはかなり狙い目だと思いますよ。フードは着脱可能で、ジッパーフロント仕様。かなり温かいでしょう。裏地はブラックウォッチ柄。

Brooks Brothers Wool Duffle Coat ML00653: Beige
Wool Duffle Coat: Beige
Brooks Brothers Wool Duffle Coat ML00653: Beige
Beige
Brooks Brothers Wool Duffle Coat ML00653: Beige
Beige
Brooks Brothers Wool Duffle Coat ML00653: Navy
Wool Duffle Coat: Navy
Brooks Brothers Wool Duffle Coat ML00653: Navy
Navy
Brooks Brothers Wool Duffle Coat ML00653: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

そうそう、セールクリアランスClearance)になっているコートがあるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

J. Press(J・プレス)

J. Press(J・プレス)

J・プレスJ. Pressは、1902年創業のアメリカはコネチカット州のアメトラブランド。ブルックス・ブラザーズは良くも悪くも国際的なブランドといえますが、J・プレスはアメトラどっぷり(?)という印象があります。

「CUBABEACH トリプルパイル ダッフルコート」は、日本毛織ニッケキューバビーチという生地に使われるウールを使用した定番ダッフルコート。J・プレスの古いカタログを基にデザインされたとのこと。ダッフルコートらしいダッフルコートといえます。日本製。

J. Press Cuba Beach Triple Pile Duffle Coat COOVYW0010: Camel
Cuba Beach Triple Pile Duffle Coat: Camel
J. Press Cuba Beach Triple Pile Duffle Coat COOVYW0010: Camel
Camel
J. Press Cuba Beach Triple Pile Duffle Coat COOVYW0010: Camel
Camel
J. Press Cuba Beach Triple Pile Duffle Coat COOVYW0010: Camel
Camel
J. Press Cuba Beach Triple Pile Duffle Coat COOVYW0010: Navy
Navy
J. Press Back Block Check Melton Duffle Coat COOVKW0413: Navy
Back Block Check Melton Duffle Coat: Navy
J. Press Back Block Check Melton Duffle Coat COOVKW0413: Grey
Grey
J. Press Back Block Check Melton Duffle Coat COOVKW0413: Grey
Grey
↑ クリックで商品一覧ページへ

「バックブロックチェックメルトンダッフルコート」は、裏地にブロックチェックを使用したメルトン地のダッフルコート。生地も裏地もこちらのほうがカジュアルな仕上がりといえるでしょう。

Auralee(オーラリー)

オーラリーAuraleeは、2015年に誕生した日本のカジュアルウェアブランド。デザイナーの岩井良太氏はフィルメランジェフィル・メランジェFilMelangeFil MelangeノリコイケNorikoikeに携わっていたそうで、コンサバだけど遊び心のあるフレンチ寄りのブランドとして期待できそうです。

毎年ダッフルコートをつくっているオーラリーですが、今季はトグルなしが出ました。「ウールシルクメルトンダッフルコート」は、ウールとシルク混紡の高級感のあるメルトン地のダッフルコート。ミニマルなダッフルコートをお探しならこういうのもあります。日本製。

Auralee Wool Silk Melton Duffle Coat A9AC02SN: Light Brown
Wool Silk Melton Duffle Coat A9AC02SN: Light Brown
Auralee Wool Silk Melton Duffle Coat A9AC02SN: Light Brown
Light Brown
Auralee Wool Silk Melton Duffle Coat A9AC02SN: Black Navy
Black Navy
Auralee Wool Silk Melton Duffle Coat A9AC02SN: Black Navy
Black Navy
Auralee Wool Silk Melton Duffle Coat A9AC02SN: Black Navy
Black Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

他の記事も……

トレンチコートを集めてみました ステンカラーコート(バルマカーンコート、バルカラーコート)を集めてみました

タグ / アウター: ダッフルコート」をご覧になると、当ブログのダッフルコートに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / ブルゾン、コート」をご覧いただくと、当ブログのアウターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2006年11月20日)商品を追加。
  • (2007年11月18日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2008年11月9日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年11月21日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年11月24日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年12月16日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2013年11月24日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年11月9日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年11月30日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年12月16日)2016年度秋冬最初の更新。
  • (2017年12月13日)2017年度秋冬最初の更新。
  • (2018年11月27日)2018年度秋冬最初の更新。
  • (2019年12月12日)2019年度秋冬最初の更新。

"ダッフルコートを集めてみました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。