紺ブレ(ネイビーブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

Brooks Brothers Three Button Sack Blazer

今日は、紺ブレ紺ブレザーネイビーブレザーネイビージャケットを集めてみました。2つボタン3つボタン段返り中1つ掛け)も……。《最終更新日: 2017年5月21日》

紺ブレとは(紺ブレザー、ネイビーブレザー)、ネイビージャケットとは

ブレザーは軍服や学生服が出自のようで、制服の意味合いの強いジャケットといえます。メタルボタン金属ボタン)が使用されることが多く、素材はウール、色は紺色濃紺が基本です。コットン綿素材だとカジュアル寄りに。

ビジネスにもカジュアルにも幅広い着こなしができるジャケットとして、紳士のワードローブに欠かせないアイテムといってよいでしょう。

Navy Blazer(ネイビー・ブレザー)

そうそう、近年はジャージーカットソー)素材のジャケットも人気です。ラクチンな着心地が魅力。

メタルボタンは金ボタンか銀ボタンか、それが問題だ……(?)

ブレザーのボタンの候補としては、ボタンゴールドボタン)とボタンシルバーボタン)が代表的です。

金ボタンならトラッドっぽく、銀ボタンならモダンな雰囲気になります。近年は銀ボタンが人気ですが、私はどちらかというと金ボタンが好きだなぁ。

金属ボタンでない普通のボタンにすれば、制服っぽさが薄れます。もっとも、ボタンは後で付け替え可能ですから、深刻な問題ではないのですけどね。

ブレザーといえば、いわゆるエンブレムもよく使われます。

紺ブレ(ネイビーブレザー)の着こなし

ウールパンツ(スラックス)を集めてみました

ビジネス(仕事)に着る場合は、グレーウールパンツに合わせるのが基本中の基本です。その他、千鳥格子(ハウンドトゥース)などのチェックパンツや、茶系のパンツもいいですね。

少しカジュアルにするなら、コットンパンツ。ビジネスなら、クリースの入ったものを選びましょう。カジュアルに着るなら、ジーンズでもカーゴパンツでも……。というか、たいていのパンツに合うんだよなぁ。

超クラシックにするなら、ホワイトフランネルもしくはホワイトリネンのパンツで。足元はホワイトバックスでしょうか。

ボタンダウンシャツを集めてみました

インナーは、特にアメトラアメリカン・トラッドの場合なら、ボタンダウンシャツが基本。その他、ニットでもカットソーでもどうぞ。こちらはいわゆるバスクシャツに合わせた着こなし。

……うーん、結局どう着こなしてもいいってことですな(汗)。流行や自分の好みに合わせて、ご自由にコーディネートしてください(投げ遣り?)。

着こなし例いろいろ

メッシュベルトを集めてみました

こちらは、いろいろな意味で今を象徴する着こなしかも。メッシュベルト、ホワイトジーンズ、ニットタイ、タッセルローファー……。

こちらは、カラーパンツを合わせた1980年代(80年代)風の着こなし。カラーパンツの着こなしはけっこう簡単ではなかったりしますが、ネイビーブレザーだと比較的簡単に合わせられます。

イギリス代表として、ジェームズ・ボンド役のショーン・コネリーのブレザー姿をどうぞ。

アディダス・オリジナルスのスニーカー: Adidas Originals SS 80s

こちらは、菊池武夫赤峰幸生さんの着こなし術です。

こちらは、ギンガムチェックのシャツにウールパンツを合わせた着こなし。さわやかですが大人っぽい。

こちらは、信濃屋白井俊夫氏の着こなし。さすが貫禄があります。

コンバースのスニーカー: Converse Chuck Taylor All-Star Hi Canvas

こちらは、白いシャツやショーツをオールスターに合わせた着こなし。この清潔感はなかなかマネできません……。

こちらは、靴修理でおなじみユニオンワークスUnion Works代表の中川一康氏の着こなし。クラシックです。

最後に、ブレザーの着こなしをまとめて見られる記事をいくつか。

ダブルブレスト(ダブル前)のブレザー

ダブルブレスト(ダブル前)のテーラードジャケット、ブレザーを集めてみました

近年華麗に復活したのが、ダブルブレストダブル前)のテーラードジャケットです。素材もデザインも数多くの種類が登場しています。

着こなしにくい印象をお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、特にブレザー型は意外に着こなしやすいですよ。1990年ごろの渋カジブーム時に、私もよく着ていました。

I型のブレザー、テーラードジャケット

アメトラを極めるなら、結局のところ3つボタン段返り中1つ掛け)、フックベント胸ダーツなしI型のブレザーやジャケットに行き着きます

クセがあるので万人にはオススメしませんが、マジメに見えるのは間違いなしのジャケット。ちなみに私が持っているジャケットも、ほとんどがこの型。

こちらは、1964年と1968年のカタログや広告より。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のネイビーブレザー(紺ブレ)、テーラードジャケット

ゴールデン・フリースThe Golden Fleece羊毛)でおなじみのブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)は、1818年創業の究極(?)のアメトラブランド。

I型スーツやブレザーといえば、ここが元祖です。あと、2つボタンセンターベントのII型も定番ですよ。とにかく、アメトラ好きならここは見逃せません。

J. Press(J・プレス)のI型ブレザー

J. Press(J・プレス)

J・プレスJ. Pressは、1902年創業のアメリカはコネチカット州のアメトラブランド。ブルックス・ブラザーズは良くも悪くも国際的なブランドといえますが、J・プレスはアメトラどっぷり(?)という印象があります。

アメトラアメリカン・トラッドの最も古典的なジャケットといえば、3つボタン段返りでナチュラルショルダー、胸ダーツのない(ウエストを絞っていない)いわゆるI型ジャケット。J・プレスはI型をいまでも主力としている数少ないブランドのひとつです(日本企画だとそれ以外のジャケットも多いのですが)。

J・プレスのI型ブレザーは、パッチ&フラップポケットにフックベント、袖2つボタンという典型的なアメトラ仕様。裏地のパイピングがJ・プレスのジャケットの目印に。身幅は比較的細めといえます。

春夏向け生地の代表格であるトロピカルウール地のものは背抜き仕立て、秋冬向き生地のサキソニーウール地のものは総裏仕立てです。身幅は比較的細めといえます。

J. Press Tropical Wool Sack Blazer BZOVYM0001: Navy
Tropical Wool Sack Blazer: Navy
J. Press Tropical Wool Sack Blazer BZOVYM0001: Navy
Navy
J. Press Tropical Wool Sack Blazer BZOVYM0001: Navy
Navy
J. Press Tropical Wool Sack Blazer BZOVYM0001: Navy
Navy
J. Press Tropical Wool Sack Blazer BZOVYM0001: Navy
Navy
J. Press Saxony Wool Sack Blazer BZOVYW0001: Navy
Saxony Wool Sack Blazer: Navy
J. Press Saxony Wool Sack Blazer BZOVYW0001: Navy
Navy
J. Press Saxony Wool Sack Blazer BZOVYW0001: Navy
Navy
J. Press Saxony Wool Sack Blazer BZOVYW0001: Navy
Navy
J. Press Saxony Wool Sack Blazer BZOVYW0001: Navy
Navy
J. Press A.W.C. Twill Sack Blazer BZOVKM0004: Navy
A.W.C. Twill Sack Blazer: Navy
J. Press A.W.C. Twill Sack Blazer BZOVKM0004: Navy
Navy
J. Press A.W.C. Twill Sack Blazer BZOVKM0004: Navy
Navy
J. Press Cuba Beach Tartan Sack Blazer BZOVBM0202: Navy
Cuba Beach Tartan Sack: Navy
J. Press Cuba Beach Tartan Sack Blazer BZOVBM0202: Navy
Navy
J. Press Cuba Beach Tartan Sack Blazer BZOVBM0202: Navy
Navy
J. Press Cuba Beach Tartan Sack Blazer BZOVBM0202: Navy
Navy
J. Press Cuba Beach Tartan Sack Blazer BZOVBM0202: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

1899年創業のアメリカン・ウーレン・カンパニーAmerican Woolen CompanyA.W.C.ツイル織りウール地を使用したI型ブレザーもありまして、こちらのほうがトロピカルよりも生地は薄手(ただし通気性はトロピカルのほうが上とのこと)。胸もパッチポケット仕様です。背抜き仕立てで春夏から初秋向き。

アメトラの定番ブラックウォッチ柄のブレザーは、J・プレスお得意の春夏用ウールであるCuba Beachの進化版Cuba Beach Gentryを使用しています。シルバーボタン仕様で背抜き仕立て。

Southwick(サウスウィック)

サウスウィックSouthwickは、1929年創業のアメリカはマサチューセッツのスーツブランド。ブルックス・ブラザーズBrooks Brothersなどに商品を納入してきたアメトラ界の名門中の名門ブランドといえます。

Cambridgeケンブリッジ)は、3つボタン段返りフックベント、袖2つボタン仕様のI型ブレザー。身幅は細めです。前ボタンの位置が若干低めなのが特徴でしょうか。もちろんアメリカ製。

こちらは、3パッチポケット仕様のCambridge。あまり季節感のないウール地を使用していて、背抜き仕立てです。

Southwick Cambridge Blazer 7287: Navy
Navy
Southwick Cambridge Blazer 7287: Navy
Navy
Southwick Cambridge Blazer 7287: Navy
Navy
↑ クリックで商品ページへ

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ、エンジニアードガーメンツ)

エンジニアード・ガーメンツ(Engineered Garments)のテーラードジャケット

ネペンテスNepenthes)の弟ブランド的であるエンジニアード・ガーメンツエンジニアードガーメンツEngineered Garments)は、1999年に誕生した国内カジュアルウェアブランド。鈴木大器氏がデザインしています。

ラギッドなデザインのジャケットですが、特に紺色のものを選べば上品に着こなせるのではないでしょうか。

Ring Jacket(リング・ヂャケット、リング・ジャケット)

Ring Jacket(リング・ヂャケット、リング・ジャケット)

「セレクトショップ」などの有名店のスーツやジャケットを数多く手掛けているリング・ヂャケットリング・ジャケットRing Jacket)は、1954年創業の大阪のテーラードブランド。

近年のリング・ヂャケットは、芯なし一枚仕立てのいわゆるセンツァインテルノアンコン)のジャケットに力を入れています。ビジネスはもちろん、カジュアルにも対応してくれる適応範囲の広いコンサバジャケットです。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のテーラードジャケット、ブレザー

アメリカのカジュアルウェア通販の雄であるランズエンドLands' End)は、もちろんジャケットにも力を入れています。

近年はスリムフィットのY体も登場し、サイズ展開はかなり豊富になりました。

Lardini(ラルディーニ)

Lardini(ラルディーニ)のジャケット、ブレザー

近年新メンバーを加えいまっぽくなったのラルディーニLardini)は、1978年創業のイタリアブランド。

パッドや芯といった副資材を極力省いたアンコン仕様のジャケットは、簡単にいまっぽく着こなせること請け合い。ラペル(下襟)のコサージュが目印です。

Boglioli(ボリオリ)のDover(ドーバー、ドーヴァー)、Coat(コート)

Boglioli(ボリオリ)のジャケット、ブレザー、Dover(ドーヴァー)、Wight(ワイト)

「クラシック&モダン」をコンセプトにしているというボリオリBoglioli)は、1890年代に創業したイタリア北西部ガンバラのスーツブランド。

とにかく今っぽいジャケットが欲しいなら、今はまずはこのブランドに注目してください。人気のDoverドーバードーヴァー)やCoatコート)といったモデルは、すぐに売り切れちゃいますね。

ハンティングジャケット、フィールドジャケット

フィールドコート、ハンティングジャケットを集めてみました

ハンティングジャケットフィールドジャケットにも、テーラードジャケット風に着られるものが少なくありません。

ちょっとカジュアル寄りの雰囲気なのが特徴。適度にドレス感があるので、旅行時などにも便利でしょう。

他の記事も……

テーラードジャケット、カジュアルジャケットを集めてみました

テーラードジャケットやカジュアルジャケット一般を集めた記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。

タグ / ジャケット」をご覧になると、当ブログのジャケットに関する全記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2007年1月19日)商品を追加。
  • (2007年2月8日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年4月4日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年6月6日)商品を追加。
  • (2007年9月7日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2007年11月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年3月5日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年4月25日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年5月21日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年8月11日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2008年10月12日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年2月15日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年5月8日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年9月28日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年2月10日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年5月8日)商品を追加、入れ替え。
  • (2010年10月1日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年4月8日)2011年春夏最初の更新。
  • (2011年10月9日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年4月6日)2012年春夏最初の更新。
  • (2012年11月10日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年4月13日)2013年春夏最初の更新。
  • (2013年11月21日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年4月28日)2014年春夏最初の更新。
  • (2014年11月22日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年4月17日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年12月10日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年4月13日)2016年春夏最初の更新。
  • (2017年5月21日)2017年春夏最初の更新。

"紺ブレ(ネイビーブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。