気の毒な記者さんの記事?

マジメ男のお仕事スーツ: Messenger Cotton 3B Sack Suit Beige

今日は、この記事。

「ちょっとヤバイかも」。思わず独りごち、取材の途中で逃げ出したくなった。

相手はイタリア・ナポリの有名な仕立て職人(サルト)のルイジ・ダルクォーレさん(62)。年間約600着の仕立てをこなす有名なサルトで、気難しそうな、まさに職人という言葉がぴったりの最も苦手なタイプだ。

こんなところで、ルイジ・ダルクォーレDal Cuore)氏の名前を見るとは…。

正直いって、まだまだこの人(このブランド)は「知る人ぞ知るマニアックなスーツ」的存在で、金持ちが金に任せてスーツを作るみたいな存在ではないですね。いかにも素人っぽいこの記者さんが取材しても、おそらく有益な取材にはならないでしょう。

ダルクォーレ氏がどんな人で、どんなスーツを作るのかは、この記事の写真が分かりやすいかな。

私もよくは知らないのですが、この人のスーツは肩に特徴があると思います。あまり芯やパッドがなさそうな、シャツみたいな作り。

何というか、場違いな取材をさせられて、この記者さんも災難でしたね(私も、例えば気難しそうな哲学者のところに取材に行けといわれたら、こんな状況に陥りそう)。この記事も、いいたいことがよく分からない愚痴みたいな記事になっているような…。

Gloverallの記事を更新しました

Gloverall Short Duffle Coat 12686

本日の更新は、以下の記事でございます。

ダッフルコートの代名詞、グローバーオール。ショート丈のものやM-51風のもの等が、入荷していました。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"気の毒な記者さんの記事?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。