2006年を回顧? 2007年の展望も少しだけ…

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

2006年も、いよいよ残すところ本日のみ。大晦日であります。

というわけで、2006年のファッションを私なりに振り返ってみます。あくまで「私なり」なんで、若い人の流行とかちょい不良(ちょいワル)とかは知りません…。

2006年春夏

今年は、アメトラ(アメリカン・トラッド)が復活し始めた年といえると思います。キーワードは、「プレッピー」? 紺ブレネイビー・ブレザー)を始めとするトラッドなアイテムの人気が、再興しました。

とはいうものの、まだ街では紺ブレとかあまり見ないような…(汗)。まあ、渋カジブームのときみたいに猫も杓子も紺ブレみたいな事態になっても困るんで、控えめなのはいいことだとは思います。

カーゴパンツ、軍パンを集めてみました

靴はデッキシューズといいたいところですが、これもまだあまり見なかったかな。

今年を代表するパンツといえば、カーゴパンツでしょうね。ベルトは、リボンベルト

2006年秋冬

ダウンジャケット、ダウンベストを集めてみました

今年のアウターはウールに人気が集まる予想もありましたが、引き続きモンクレール(モンクレー、Moncler)を代表とするダウンが強いです。今から買うのなら、比較的落ち着いたデザインのものをオススメしたい。

とはいうもののウールアウターも復活気味でして、特にPコートピーコート)にかなり人気が集まっています。若い人は黒の丈短ベルベットジャケットの冬版としてPコートを選んでいる人が多い気がしますが、大人はあまり丈が短いのは選ばないほうがいいですよ。

Pコート(ピーコート)を集めてみました

ウールアウターといえば、ダッフルコートも復活。今季は、ショート丈のものが人気みたい。

マッキントッシュ(Mackintosh)やラベンハム(Lavenham)も、引き続き手堅く人気があります。

そうそう、バラクータ(Baracuta)も完全復活といっていいでしょう。細身にアレンジされたバラクータG9風ジャケットは、いろいろなブランドにて作られています。

2007年の展望

キャンプモカシン(キャンプモック)を集めてみました

来年のことをいうと鬼に笑われそうですが、2007年の展望を。というか、単に私がこれから欲しいもの、着たいものだったりして。

  • 靴は、キャンプモカシンキャンプモック)に注目したい…。
  • レッドウィング(Red Wing)のアイリッシュセッターのようなワークブーツも、気になる。
  • ペニーローファーの復活はあるのか? まだ先か?
  • セーターは、フェアアイル柄。
  • パンツは、裾幅細めのものが徐々に人気を集めるか。もしくは、全体に太めのゆったりしたもの。

何だか、靴ばっかりだなぁ(汗)。全体的な展望なんて、私には思いつかないです…。

今後は1980年代のようなゆったりしたトップスも復活する予感がありますが、2007年はまだまだ盛り上がらないでしょう。

カジュアルジャケットの記事を更新しました

Soutiencol Wool Sportcoat

本日の更新は、以下の記事でございます。

今年の最後を飾るに相応しい記事は、やっぱりこれかな(ホントか?)。まだ今季のお気に入りを見つけていない方、この中から探してみてください。

それでは皆さん、よいお年を…。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"2006年を回顧? 2007年の展望も少しだけ…"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。