「ハンサムアップ」雑誌Free & Easy(フリー・アンド・イージー)2013年6月号を読む

ウイングチップ(フルブローグ)の靴を集めてみました

今日は、雑誌Free & Easyフリー・アンド・イージー2013年6月号を読んでみます。たまに取り上げるFree & Easy。

ローファーか? オックスフォードか?

今月の大特集は、「ハンサム・アップ!Handsome-Up!)」。今回のこの特集名は抽象的ですね。内容はいろいろです。

最初の特集は靴で、ローファーを選ぶかオックスフォードヒモ靴)を選ぶか、という内容。まあ服好きなら両方必須の靴ですけど、どういうデザインでどういう色を選ぶかは悩みどころではあります。

ローファー、スリッポンシューズを集めてみました

私の感覚だと、濃色のオックスフォード靴に淡色のパンツを合わせると、ちょっと重く感じることがあります。逆に、淡色のオックスフォード靴に濃色のパンツを合わせるのは、カジュアル時ならそれほど難しくはないことが多いです。

一方濃色のローファーなら、淡色のパンツにもすんなり合わせられるはず。そんなわけで、いまの時代は濃色のローファーがあると便利だなと。

ちなみにアメトラのドレスシューズの場合、濃色の茶系の靴といえばバーガンディー。普通のダークブラウンと違って、カントリー色が薄くて都会的な雰囲気があるのが魅力なのです。濃紺スーツにあえてバーガンディーのオックスフォード靴を合わせるのも粋ですよ。

到来、半袖B.D.シャツの季節

半袖(半そで)のボタンダウンシャツ、ワークシャツを集めてみました

ヨーロッパの人はあまり半袖シャツを好まないようですが、アメリカ人は好んで着るようです。夏が暑い国に住む日本人も積極的に着てよいでしょう。

この特集でオススメしているのが、以下の3種類のボタンダウンシャツ

  1. カラーオックスフォード地
  2. チェック柄
  3. 白無地

特に私が今季注目したいのが、カラーオックスフォード地。生地はオックスフォードでなくてもよいとは思いますが、とにかく発色の良いシャツが気分なのです。後染めでもよいかと。ついでにいえば、長袖もオススメ。

それにしても、「オックスフォード」という言葉は文脈によって靴の種類だったり生地の種類だったりしてややこしいなと。やはりどちらもイギリスのオックスフォード大学から採られたのでしょうね。

……以上、毎月とはいかないでしょうが、今後はもう少し頻度を上げてFree & Easyを取り上げようと考えています。ちょっと教条主義っぽい(説教臭い)のが気になりますが。

Boglioli(ボリオリ)のCoat(コート)

Boglioli(ボリオリ)のジャケット、ブレザー、Dover(ドーヴァー)

ボリオリBoglioli)のテーラードジャケットブレザーを別記事で大きく取り上げていますが、今日は気になる新作をご紹介。

Coatコート)は、製品染め(ガーメントダイ)を施したモデル。着込んだ雰囲気は今っぽいカジュアル感を醸し出します。3つボタン2パッチポケット、サイドベンツという仕様。

こちらは、春夏から初秋向きのストレッチの効いたコットン地を使用したCoat。裏地のない一枚仕立てですので、軽く羽織れます。いかにもCoatらしいステッチ部分の味のあるアタリに注目してください。

Coat Cotton Stretch: Grey
Coat Cotton Stretch: Grey
Coat Cotton Stretch: Beige
Beige
Coat Cotton Stretch: Beige, Grey
Beige, Grey
↑ クリックで商品一覧ページへ

ボリオリは、格好良くて着こなしやすいイタリアジャケットの第一人者的なブランドだと思います。さっと羽織るだけでもそこそこに格好良く着こなせるはず。

Lardini(ラルディーニ)のジャケット、ブレザー Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のネイビーブレザー(紺ブレ)、テーラードジャケット

なお、ネイビーブレザーを集めた記事やテーラードジャケットを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"「ハンサムアップ」雑誌Free & Easy(フリー・アンド・イージー)2013年6月号を読む"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。