ニューヨーカー(Newyorker)のパターンメイドシャツのご紹介

Newyorker(ニューヨーカー)

今日は、ニューヨーカーNewyorkerの気になるサービスをご紹介。

ニューヨーカーは、1879年創業のダイドーリミテッド(旧社名は大同毛織)の1ブランドで、1964年に誕生しました。ブランド名から想像できるとおり、ニューヨーカーはアメトラアメリカン・トラッドを基本としているブランドだと思います(まあ近年はいろいろつくっていますけど)。

ニューヨーカーのパターンメイドシャツは、要するにシャツのいわゆるパターンオーダー。パターンオーダーといえどもかなり細かい指定が可能なのがウリです。

シルエット

「レギュラーフィット」と「スリムフィット」の2種類。スリムフィットの場合は背中にダーツが入ります。また、半袖もつくれます。

サイズ

ネックサイズが35cmから43cmまで選べます(幅広いですね)。また、対応するボディサイズを前後の2サイズまで調整可能。さらに、裄丈や着丈、それにカフス丈(これはうれしい)も別途指定できます。

着丈を短くすると裾出しに対応できるかもしれませんが、裾のラウンドがきつそうなので格好良くは仕上がらないかも。

デザイン

襟型、カフス、前立て、胸ポケット(フラップポケットもあり)、ボタンの種類、ボタンホールの糸の色などを指定できます。基本的なところは抑えられているのでは。クレリック仕様も可能。ネームも入れられます。

生地

基本的なところはそこそこそろっていますが、さらに充実するとうれしいですね。カジュアル用の生地も欲しいところ。例えばボルドー色の無地とか。今後の課題でしょう。

納期

時期によって違うのかもしれませんが、おそらく1か月くらいと思われます。

ボタンダウンシャツを集めてみました

少なくとも、アメトラ仕様のシャツなら(生地はともかくとすると)文句ないのでは。仕様で迷ったら「ニューヨーカー定番」を選んでおけば間違いなし。仕様の説明も丁寧です。

値段はすごく安いとも思いませんが、パターンオーダーならまあそこそこでしょう。

ちなみに、レギュラーカラー(ストレートカラー)やタブカラーのシャツは既製品だとイマイチ選択肢が少ないのですが、パターンメイドすると自分好みのものをつくれます。また、ネクタイをしないカジュアル時においてもネックサイズが緩いと貧相に見えますので、既製品が合わない人はパターンメイドでつくることをオススメします。

……というわけで、ネットでシャツのパターンオーダーができるサイトは他にもありますが、私の知る限りここが一番注文をしたくなるサイトだなと。これで生地の種類が増えれば無敵かも。

前回のニューヨーカーの記事はこちら。

Yuketen(ユケテン)の記事を更新しました

Yuketen Wingtip Slip On

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

日本人がデザインするモカシン靴を得意とするブランドです。他ブランドにはあまり見かけないちょっとひねったデザインが魅力です。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"ニューヨーカー(Newyorker)のパターンメイドシャツのご紹介"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。