2013年のコンサバファッションを振り返る

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式

早いもので、2013年ももう終わり。皆さんにとって今年は良い年でしたでしょうか? というわけで、今年のコンサバファッションを振り返ってみましょう。

80年代(1980年代)

過去何回か書いていますが、今の時代のファッションは、80年代1980年代から90年代1990年代前半くらいの気分に近いなと。今年もそんな感じです。

今年特に注目されたのが80年代およびバブル期のファッションで、当ブログでもいくつかネタにしています。

プリーツ入りのパンツも少しずつ出てきまして、ダブルブレストジャケットも少しずつ人気が出ているようです。残る大物は肩パッドかなぁ。ルーズフィットのコートは女性にはすでに人気があるようですね。

ちなみにラテン系のファッションもオジサン層には根強い人気がありますが、80年代ブームが続く限りそこそこの人気は保つように思います。

トラッド色は少し薄れそう

Tシャツ、カットソーを集めてみました

ここ数年は老いも若きもトラッドスタイルを志向する傾向があったように思いますが、今後は少しトラッド色を薄めたスタイルも人気を集めそうです。

その影響はいろいろなところに出そうですけど、とりあえずTシャツの活用範囲が広がりそうだなと。例えば、テーラードジャケットの中にドレスシャツの代わりとしてTシャツを着る、とか。もっともこういう着こなしは80年代以降は当たり前になっているので今さらどうこう言うこともないのですが、トラッドな着こなしではないのですよ。

私も90年代頃にはネイビージャケットの中に極細ボーダー柄のTシャツをよく着ていました。最近はそんなに売っていないような気もしますけど、この極細ボーダー柄Tシャツ、大人も着やすいので今でも着たいですね。

ウール、カシミアのクルーネック、Vネック、ヘンリーネックのセーター(ニット)を集めてみました

さらに、セーターも中にシャツを着ない着方がすでに人気を集めているようです。そういえば、今年はこんな記事も書いていました。

(ドレス)シャツなら、レギュラーカラーシャツ(ストレートカラーシャツ)の人気が高まりそう。第1ボタンを留めて着る。ちなみに、ネクタイをするスーツ姿にもレギュラーカラーシャツは新鮮ですよ。昨年のものですが、そのほかの気になる傾向を書いた記事があります。

とは言いつつ……

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

とは言いつつ、当ブログの基本はやはりトラッド。大人が安心して着られるのはトラッドスタイルですし、やっぱりクルーネックセーターの中にはボタンダウンシャツを着たいんですよ(笑)。

そうそう、アメトラアメリカン・トラッドといえば今年はこういう催しがありました。アメトラは流行の最先端というわけではもうないでしょうが、着こなしを工夫すれば普通に新鮮に着られます。トラッドスタイル全般が本格的に退潮するわけではなくて、トラッド一色の流行ではなくなるということです。

これも過去何回も書いていますが、フレンチっぽさも加えていきたいなと。

ブリティッシュについては、こんな記事を書いています。これも実はフレンチっぽい感じなのですけど。

ここ数年は若者もオジサンも似たような傾向の服を着ていたある意味幸せ(?)な時代だったのですけど、今後は再び両者の傾向が乖離することになるのかも。当ブログには意外と若い読者の方が多いようなので記事内容のサジ加減が難しくなりそうですが、うまくバランスを取っていきたいなと。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"2013年のコンサバファッションを振り返る"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。