「何年履くか」雑誌Free & Easy(フリー・アンド・イージー)2014年2月号を読む

モンクストラップの靴を集めてみました

今日は、雑誌Free & Easyフリー・アンド・イージー2014年2月号を読んでみます。たまに取り上げるFree & Easy。

何年履いてますか? 何年履きますか?

今月の大特集は、「何年履いてますか? 何年履きますか?」。靴特集です。

個人的には雑誌の靴特集にはちょっと食傷気味の感もあるのですが、今号はそこそこ楽しめましたよ。主な靴のデザイン、製法、手入れ方法など、ひととおり網羅しています。アメトラアメリカン・トラッドファンの人なら満足できるのでは。

個人的に興味深かったのが、セバゴSebagoのビーフロールローファーを分解して構造を調べている記事。この手のあまり高価ではない靴を分解しているのは珍しいですね。

Sebago(セバゴ)のデッキシューズ、ビーフロールローファー

この靴はいわゆるブラックラピドマッケイグッド)製法を採用しているのですが、中底ではなくウェルト(継ぎ目革)を使用してマッケイ縫いと出し縫いを仲介しているのだなと。こちらのほうが靴底の返りは良くなるような気がします。バスG.H. Bassはどうなんでしょうね。

また表紙にも登場していますが、どうやらこれからチロリアンシューズの人気が高まりそうですよ。そういえば、以前こんな記事を書いています。

前回のFree & Easyの記事は、こちらです。これも靴特集。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"「何年履くか」雑誌Free & Easy(フリー・アンド・イージー)2014年2月号を読む"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。