フローシャイム・インペリアル(Florsheim Imperial)のケンムール(Kenmoor)を入手しました

Florsheim(フローシャイム、フローシェイム)の靴、コブラヴァンプ(コブラバンプ)

フローシャイムフローシェイムFlorsheim)のを別記事で大きく取り上げていますが、今日は私の持っているフローシャイムをご紹介。

シェル・コードバンのKenmoor

フローシャイムの上級ラインであるインペリアルImperial)のKenmoorケンムールケンムーア)という靴で、典型的なアメトラアメリカン・トラッド仕様のロングウイングチップ。実は70年代(1970年代)もしくは80年代(1980年代)製と思われるデッドストックです。

型番は93605で、素材は馬のお尻の革であるシェル・コードバンシェル・コードヴァン。width(足囲、足幅、ウィズ、ワイズ)は例によって “A” です。

Florsheim Imperial Kenmoor 93605

Kenmoorの革底(レザーソール)といえば、木目のような柄、かかと中心にたくさん打たれた釘、そしてかかとに付いている三角形の金属チップが有名です。この仕様、滑りやすいんですけどね。

Florsheim Imperial Kenmoor 93605

このKenmoorは6年前くらいに入手したものですが、実はまだ履きおろしていません……。この手の色の靴は最近はもっぱらローファーを履いているんですよね。いつか気分が変わったらこれを履こうと考えています。

靴雑誌Last(ラスト)issue 06

靴雑誌Lastラストの最新号であるissue 06にアメリカのヴィンテージ靴特集がありまして、そこでフローシャイムのKenmoorが取り上げられていました。今日の記事を書こうと思ったきっかけです。

特集の中で、Kenmoorの製造年の見分け方が載っていました。内側の側面に書いてある2文字の英文字が重要で、1桁目が製造月、2桁目が製造年の下1桁に相当するそう。“ABCDE……” が、月の場合は “12345……”、年の場合は “01234……” に対応するのでしょう。

上の私の靴は “AB” で、1971年1月もしくは1981年1月に製造されたと思われます。ネットでいろいろ調べたところ、中底の “Imperial Quality” の文字、製造国表記なし、金属チップの位置がかかとの端、小窓付き、文字の色が黒(?)などの情報から、おそらく1971年1月が製造年月じゃないかなぁ(詳しいことは各自でググってください……)。

こちらに、昔のフローシャイムのカタログがありました。プレーントウもKenmoorという名前なのがややこしいですね。

型押し革のKenmoor

実はもう1足Kenmoorを持っていまして、こちらを入手したのは7、8年くらい前でしょうか。型押し革(グレインレザー)の型番93602のKenmoorで、上のカタログによると “Brown Hand-Stained Cashmere calf” という革だそうな。

これはすでにけっこうよく履いています。例の2文字は “FH” で、おそらく1977年6月につくられたものと思われます(シューツリーがAllen Edmondsなのは気にしないでください……)。

Florsheim Imperial Kenmoor 93602
Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)

ヴィンテージの靴といえば、私はこういう靴も持っています。

そのほか、50年代(1950年代)製であろう靴が数足あります。あと、70年代製くらいであれば、アレン・エドモンズAllen Edmondsのものが数足あるはずです。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"フローシャイム・インペリアル(Florsheim Imperial)のケンムール(Kenmoor)を入手しました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。