バンドカラーシャツが人気、とな?

Band Collar Shirt(バンドカラーシャツ)

今日は、こちらの記事。ビームスBeamsのおなじみ中村達也氏の記事です。

昨年の6月のPITTI UOMOで多くのシャツブランドが打ち出していたバンドカラーのシャツ。

ご覧のように、シャツブランドだけでなく、トータルブランドからもバンドカラーのシャツが打ち出され、今シーズンの明確なトレンドアイテムだと言うのが分かります。

ご存じの方も多いと思いますが、今季はバンドカラーシャツを見かけることが多くなりました。襟のないシャツのことで、英語ではmandarin collarマンダリンカラーgrandad collarグランダッド・カラー)などと呼ぶこともあるようです(アウターやジャケットにも適用される表現のようですが)。

バンドカラーは何故増えたのかと言うと、昨年の春夏にイタリアでも流行したヘンリーネックのTシャツの影響が強いと考えます。

近年はシャツの襟が小さくなる傾向がありましたので、それが行き着くところまで行った結果ともいえるかも。襟が小さくなりすぎてなくなっちゃいました。

このバンドカラーシャツ、なんとも位置付けが難しいシャツだと個人的には考えています。それでも出自は比較的明らかなのかなと。こちらは、ウンチク王(?)の出石尚三氏の記事。

このカラーには「カラー・スタンド」という名称もあります。昔はこのカラー・スタンドを利用して、カラー(襟)を付けたからです。19世紀、カラーとシャツ本体とが別であった時代の名残でもあります。

ところが、時と場合によってはカラーを外したまま着ることもあったのです。そのスタイルもまた捨てたものではない、と。そんなところから、現在のバンドカラー・シャツが始まったといわれています。つまりこのシャツは、古くて新しくもあるのです。

ただ、このシャツがこれまでどういうふうに着られてきたのかが、私にはイマイチよく分からないのですよ。個人的には80年代(1980)年代の印象が強く、80年代リバイバルの一環といえるのかも(他の要素もあるとは思いますが)。

Mick Jagger: She's the Boss / ミック・ジャガー: シーズ・ザ・ボス
Amazon.co.jp
アソシエイト

こちらの記事には、ザ・ローリング・ストーンズThe Rolling Stonesミック・ジャガーMick Jaggerが1989年に見せた着こなしが掲載されています。

着こなし方については、どうやら多種多様と思われます。ドレス寄りだったりカジュアル寄りだったり。前ボタンの留め方もいろいろ。これが定石、という着こなしは特に思いつきません。

物理的にネクタイ着用不可のシャツなので、そういう意味では現代的なシャツといえるでしょう。サラリーマンでない自由業の人がよく着ている印象もあります。

United Arrows(ユナイテッドアローズ)のバンドカラーシャツ

Beauty & Youth(ビューティ&ユース)

ビューティ&ユースBeauty & Youthは、ユナイテッドアローズUnited ArrowsUAのカジュアルブランドのひとつ。比較的コンサバな商品構成で、シルエットや色柄で今っぽさを表現しています。

こちらは、身幅細め着丈短めのバンドカラーシャツ。今の時代に着こなしやすそうな仕上がりのバンドカラーといえます。生地はドレスシャツの代表的な生地であるブロードクロスのほか、シアサッカーなどがありました。

Beauty & Youth Broadcloth Band Collar Shirt 1211-178-6630: Navy
Beauty & Youth Broadcloth: Navy
Beauty & Youth Broadcloth Band Collar Shirt 1211-178-6630: Navy
Navy
Beauty & Youth Broadcloth Band Collar Shirt 1211-178-6630: Navy
Navy
Green Label Relaxing Oxford Band Collar Shirt 3211-166-1861: Light Blue
Green Label Relaxing Oxford: Light Blue
Green Label Relaxing Oxford Band Collar Shirt 3211-166-1861: Light Blue
Light Blue
Green Label Relaxing Oxford Band Collar Shirt 3211-166-1861: Olive
Olive
↑ クリックで商品一覧ページへ
Green Label Relaxing(グリーン・レーベル・リラクシング、GLR)

グリーン・レーベル・リラクシングGreen Label RelaxingGLRは、ユナイテッドアローズUnited ArrowsUAの廉価版ブランド。大人も着られる廉価ブランドの中では、このブランドは特にオススメでしょう。

こちらは、オックスフォード地、前立てが途中までしかないいわゆるハーフプラケット、フラップ付きポケット仕様という、アメトラアメリカン・トラッドな仕上がりのバンドカラーシャツ。身幅はそれほど細くはなく、着丈は裾出しに対応します。

とりあえず何か一枚入手して、着こなし方法を探ってみてください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"バンドカラーシャツが人気、とな?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。