「スーツジャケット着回し」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2015年11月号を読む

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

今日は、雑誌Men's EXメンズ・イーエックス2015年11月号を読んでみます。

スーツ&ジャケット「賢い着回し」1か月

今月の大特集は、「スーツ&ジャケット「賢い着回し」1か月」。その名のとおり、スーツやジャケットの着回しを考える特集です。

ここで紹介されている「コツ」は、流行を意識したものと、それほど流行に関係なさそうなものがあるようです。そのへんを意識しておけばそれなりに使える特集だと思いますよ。

ネクタイ(タイ)を集めてみました

ビームスBeamsのおなじみ中村達也氏による「着こなしのルール、今どきのセオリー」という特集は、なかなか興味深い内容ですよ。

まず、「タイ幅とラペル幅は絶対にそろえるべき?」というお題に対しては、「そろえたほうが美しいという感覚は存在しますが、絶対ではありません」というお答え。具体的には、ワイドラペル×ナロータイの組み合わせはOKとのこと(逆はダメ)。これは、私も常々そう感じていました。

絶対にそろえるべきなら一般に大剣幅が狭めのニットタイに合わせるジャケットはかなり限られてしまいそうですし、1930年代のスーツはかなりのワイドラペルですがネクタイはそこまでは広くありませんでした。もちろんある程度は気にする必要はあるでしょうが、きっちりそろえる必要はないと考えます。

また、靴とベルトの色合わせのお題もありまして、中村氏によると茶カーフの靴に黒カーフのベルトは「△」とのこと。うーん、「×」ではないのですね。その組み合わせは、私なら特にビジネススーツなら「×」にするなぁ。

そのほか

Mackintosh(マッキントッシュ)のコート

マッキントッシュMackintoshは今年から大きく変わります。その変化をまとめた特集は必見でしょう。

そうそう、あのオールド・イングランドOld England)のメンズが復活するのだそう。往年はフレンチ・トラッドの大本命ブランドでしたが、今回はどんな感じになるのでしょう。少なくともダッフルコートはつくるのだとは思いますが。

……今月はこのくらいかな。また来月~♪ 私はデジタル版(電子版)を愛読しております。『究極メンテナンス編』は靴好きなら必見の内容ですよ。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"「スーツジャケット着回し」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2015年11月号を読む"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。