バタク・ハウスカット(Batak House Cut)のケーリー・グラントモデルのスーツ

マジメ男のビジネススーツはI型(サックスーツ)?: 灰色の服を着た男

今日は、バタク・ハウスカットBatak House Cutスーツをご紹介。

バタクは、1994年に代官山で開業したテーラー。1930年代~1960年代におけるスーツ・スタイル(様式)を研究して、スーツを作られているとのこと。

当ブログなら、まずはこのモデルを紹介しなければいけないでしょう。ハリウッドの名優、ケーリー・グラントケイリー・グラントCary Grantが着ていたスーツを基にしたスーツです。

胸にダーツのないアメトラ(アメリカン・トラッド)のいわゆるI型のスーツ(サックスーツ)なのですが、今のブルックス・ブラザーズBrooks BrothersJ・プレスJ.Press等のそれとは雰囲気が違い、もっとクラシック。早い話、格好いいのだ(汗)。

日本ではアメリカントラディショナルといえばVANのイメージが強い。現在売られている商品も1960年代IVYブームの影を引きずっていて、私の目から見ると、やや子供っぽく映ります。愛好者の皆さんがそれを求めているのだから文句はないけれど。

北北西に進路を取れ
Amazon.co.jp
アソシエイト

ああ、確かにそういう傾向は否めませんね。紺ブレ等だったら、ある程度若々しい雰囲気のほうがカジュアルには合わせやすいのかな、とも思いますが。

ちなみに私、このケーリー・グラントモデルを4、5年前に買いました。パターンオーダーなのですが一番小さいサイズでもまだ大きくて、大手術(?)を行うハメに。お蔭様で格好よくなったのですが、アームホールがちょっと大きいかな。

生地は、ハリソンズ・オブ・エジンバラHarrisons of Edinburghのミディアムグレーを選びました。春夏用にしてはちょっと厚手で暑いんですが、その分しっかりした生地。白いボタンダウンシャツに黒いニットタイという着こなしが多いです。

トラウザースはプレーンフロントのスレートラインであるが、ケイリー・グラントに習ってやや太め。ハウスカットでは裾をシングル、モーニングカットにすることを推奨している。

私のパンツは、ぜんぜん太くないですね。単品使いできるくらい、スマートな仕上がりです。きっと私の体型を考慮して、そういうシルエットになったのでしょう。なお私はアドバイスに逆らって(汗)、裾はダブルにしました

007 ゴールドフィンガー

また、バタクにはジェームズ・ボンドモデルもあります。ラペル(襟)の細い2つボタン。

さらに、別途代表作と言えるハウスモデルがありまして、典型的なブリティッシュスーツです。ウエストシェイプのくびれと、「X」型のシルエットに注目してください。

なおバタクについては、こちらの記事も参考になりますよ。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"バタク・ハウスカット(Batak House Cut)のケーリー・グラントモデルのスーツ"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。