ビームス・ライツがパドモア&バーンズに別注したウィロー

Beams Lights(ビームス・ライツ)

今日は、ビームスBeamsの気になる商品をご紹介。

ビームスは、最も成功した「セレクトショップ」のひとつといってよいでしょう。アメトラからモードまで、高い水準で幅広く商品を展開しています。ビームス・ライツBeams Lights)は、手の届くラグジュアリー= “Luxual” をテーマにしたライン。

パドモア&バーンズPadmore & Barnesは、アイルランドの1934年創業の靴ブランド。1964年から1987年までクラークスClarksの傘下にあり、ワラビーなどの靴をつくっていました。というわけで、クラークス風の靴づくりは(本家よりも?)得意としているのです。

Clarks Originals(クラークス・オリジナルズ)の靴、デザートブーツ、ワラビー

Willow M387ウィロー)は、60年代(1960年代)に誕生したパドモア&バーンズの代表作のひとつ。ワラビーとデザートブーツの中間くらいの靴といえそうです。クラークスではウィーバー(Weaver)という名前で同型のモデルがあります。

Willow M387 51-32-0126-195: Black
Willow M387: Black
Willow M387 51-32-0126-195: Black
Black
Willow M387 51-32-0126-195: Black
Black
Willow M387 51-32-0126-195: Black
Black
Willow M387 51-32-0126-195: Black
Black
Willow M387 51-32-0126-195: Brown
Willow M387: Brown
Willow M387 51-32-0126-195: Brown
Brown
Willow M387 51-32-0126-195: Brown
Brown
Willow M387 51-32-0126-195: Brown
Brown
Willow M387 51-32-0126-195: Brown
Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

ビームス・ライツが、そのパドモア&バーンズにウィローを別注しています。甲革(アッパー)はスエードスウェードですが、履き口周りを表革(スムースレザー)でトリミングしているのが特徴。より「濃い」面持ちになったといえます。もちろん生クレープソール仕様。ポルトガル製です。

今季はスエード靴が盛り上がっているのですが、デザートブーツよりちょっとカジュアル寄りを狙うならこういう靴が面白そう。サイズが1cm単位しか用意されていないのが残念かなと。

Beams x Clarks Desert Rock GTX 11-32-0721-100

なお、チャッカブーツを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。前回のビームスの記事は、こちら。

またビームスでは、セールを開催中です。「タグ / Beams」をご覧になると、当ブログのビームスに関する全記事を網羅できます。

そのほかのお得な情報は、こちら。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"ビームス・ライツがパドモア&バーンズに別注したウィロー"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。