ケンフォード(Kenford)の定番プレーントウ、ビーフロールローファー

Regal(リーガル)の定番靴

今日は、ケンフォードKenford)の気になる商品をご紹介。

別記事でリーガルRegal)の革靴)を大きく取り上げていますが、ケンフォードは1986年に誕生したリーガルの廉価版ブランド。セメント製法(靴底を接着剤で貼り付ける製法)を採用して値段を抑えています。

いろいろな靴をつくっていますが、今日はその中でも歴史の古い靴を取り上げます。K422は、外羽根式プレーントウ。これはリーガルの大定番2504を意識したプレーントウといえます。1993年に登場したとのこと。

Plain Toe Derby K422: Black
Plain Toe Derby K422: Black
Plain Toe Derby K422: Black
Black
Plain Toe Derby K422: Black
Black
Plain Toe Derby K422: Black
Black
Plain Toe Derby K422: Wine
Wine
Loafer K418: Wine
Loafer K418: Wine
Loafer K418: Black
Black
Loafer K418: Black
Black
Loafer K418: Black
Black
Loafer K418: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

K418は、ビーフロール仕様のペニーローファー。こちらはリーガルの大定番2177を意識したローファーでしょうね。これも1993年に登場したとのこと。

いずれも合成底(ゴム底)仕様で、width(ウィズ、足囲)はEEE。リーガルの定番靴のwidthはEEですので、よりゆったりめの設定です(でもサイズ感はそんなに変わらないかも)。緩かったら中敷きなどで対応してください。

一般的なセメント製法の長所は、物理的に靴底に縫い目がなく、浸水しにくいこと。お手頃価格ですし、雨の日用の靴にしてもいいかも。セメント製法は靴底の交換がしにくいのですが、あらかじめハーフソールを貼っておくと、ハーフソールのみ交換することで靴底が減りにくくなると思います。

そうそう、上記の靴は日本製なのです。ケンフォードには日本製の靴が意外に残っていますね。

リーガル・オンラインショップさんのところでは、合計3,000円(税込)以上購入時に全国送料無料。セール商品も返品が可能で、返品時の送料も無料とのこと。「タグ / Regal」をご覧になると、当ブログのリーガルに関する全記事を網羅できます。

なお、プレーントウの靴を集めた記事やローファーなどのスリッポン靴を集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。前回のリーガルの記事はこちら。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"ケンフォード(Kenford)の定番プレーントウ、ビーフロールローファー"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。