革靴のお手入れの方法(其ノ四)…その他篇

Woly Schwamm

今日は、革靴レザーシューズ手入れ方法やり方)の4回目をお届けします。読んでいない方は、先に1回目2回目および3回目を読んでおいてくださいね。《最終更新日: 2010年2月2日》

今回で最後です

1回目の記事で、「革靴を履く場合の全般的な注意点」を挙げました。3回目の前回は、6.の牛革の表革(スムースレザー)の靴磨きでした。

  1. 適切な手入れを行う

今日もやはり6.で、その他の革(コードバン、スエード・ヌバック等)の手入れ、および靴底(ソール)の修理について書いてみます。

Woly(ウォーリー)

ここで、まずはオススメのお手入れ用品ブランドをご紹介。

ウォーリーWoly)はドイツのメルボメルヴォMelvo社の1ブランドで、1861年に誕生しました。日本では、特にスエード用手入れ商品の評価が高いみたい。

シェル・コードバン(コードヴァン)の靴磨き

オールデンのコードバンのローファー、プレーントゥ: Alden Plain Toe Blucher 990

シェル・コードバンシェル・コードヴァン、馬のお尻の革)は高価ですけど、「ビガッ」とした鈍い輝きは堪りません…。

コードバンの靴磨きについては、基本的には牛革の表革の靴磨きと同様でよいと思います。ただし、使用する靴クリーム等は、若干変えたほうがよいようです。

革靴のお手入れの方法(其の参): Collonil Mild

まず、汚れ落としについてですが、前回紹介したステインリムーバーはコードバンとの相性が良くないという意見があります。コロニルCollonil)のマイルド・クリーナーMild)のほうが良いみたい

乳化性の靴クリームについても、普通の牛革用とはちょっと違ったものを使ったほうがよさそうです。こちらは、旧メルトニアンMeltonian)、現M.モゥブレィモゥブレイモウブレイM. Mowbray)のデリケートな革用クリームであるアニリン・カーフ・クリームAniline Calf Cream)。

その他、最近出たウォーリーのワックス・カラー・クラシックWax Color Classic)も評価が高いです。

M. Mowbray Aniline Calf Cream
M. Mowbray Aniline Calf Cream
Woly Wax Color Classic
Woly Wax Color Classic
↑ クリックで商品リンクへ(別ページに跳びます)
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)
革靴のお手入れの方法(其の参): Collonil Premium Diamant

ちなみに私が愛用しているのは、前回も取り上げたコロニルのプレミアム・ディアマントプレミアム・ディアマンテPremium Diamant。コードバンとの相性も抜群です。

革靴のお手入れの方法(其の参): Kiwi Shoe Polish

一方「そんなに栄養をしょっちゅう与える必要はない」との意見もあり、普段は油性ワックスポリッシュ)のみを入れている人も多いみたい。コードバンのお手入れも、諸説ありますな。

スエード(スウェード)、ヌバック等、起毛革の手入れ

クラークスの靴: Clarks Desert Boot

私はあまりスエードスウェードヌバックのような起毛の靴を持っていないのですが、これからはそろえていきたいかなと。

起毛革の普段のお手入れは、簡単と言えば簡単。と言うか、複雑にやりようがない? 基本はブラシがけ防水スプレーのみ。起毛革専用のものを使ってください。

ブラシは、スプラッシュ・ブラシを使っています。こちらは、ウォーリーのスプラッシュ・ブラシSprush BrushSchwamm)。

Woly Schwamm
Schwamm
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

防水スプレーは、ウォーリーのスエードカラー・フレッシュVelours Nubuk)。これは、防水効果だけでなく革に栄養を与える効果もあるので、普通の防水スプレーよりも優秀です。色付きのスプレーなら、補色効果も。

一般的なスプレーとスポンジ付きのリキッドと2種類がありまして、各色そろったリキッドのほうは補色効果が強いようです。

Woly Velours Nubuk
Velours Nubuk
Woly Velours Nubuk Spray
Velours Nubuk Spray
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ひどい汚れには、M.モゥブレィのスエード・ヌバック・イレイサーSuede & Nubuk Eraser)やウォーリーのガム・スペシャルGum Special)を使います。消しゴムみたいなものかな。

M. Mowbray Suede & Nubuk Eraser
M. Mowbray Suede & Nubuk Eraser
Woly Gum Special
Woly Gum Special
↑ クリックで商品リンクへ(別ページに跳びます)
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

オイルレザー(オイルドレザー)の手入れ

レッドウィングの靴、ワークブーツ、デッキシューズ: Red Wing Classic Moc: 8875 Oro Russet Portage

オイルレザーオイルドレザー)は、ワークブーツやデッキーシューズ等によく使われる革。丈夫な革なので、手は掛からないと思います。

革靴のお手入れの方法(其の参): M. Mowbray Stain Remover

お手入れは、基本的にはミンクオイルを入れるのみ。キィウイKiwiやM.モゥブレィのものがいいんじゃない?

なお、汚れたときは、ステイン・リムーバーStain Remover)を使えばよいでしょう

Kiwi Mink Oil
Kiwi Mink Oil
M. Mowbray Pure Mink Oil
M. Mowbray Pure Mink Oil
↑ クリックで商品リンクへ(別ページに跳びます)

その他の革の手入れ

その他、エナメルパテントレザーエキゾチックレザー等のお手入れ方法については、こちらの記事を参照してください。私は特にこの手の手入れについて詳しくないので、エラそうなことは語れません…。

ホワイトバックス、ダーティーバックスを集めてみました: Lord Charles Gibson Bucks 5054

普通の人でも比較的縁がありそうなのが、白い革の靴や異素材コンビの靴。どちらも気を使いそうな革ですね。

靴を洗う

通常の手入れではどうにもスッキリきれいにならないほどくたびれてしまった靴対策としては、洗うという手もあります。私は靴を洗った経験は一度もないのですけど、やる気になればそんなに難しくはないみたい。

スムースレザーにはサドル・ソープSaddle Soap、起毛革にはスエード・シャンプーを使うのが基本みたい。

M. Mowbray Leather & Saddle Soap
M. Mowbray Leather & Saddle Soap
Kiwi Saddle Soap
Kiwi Saddle Soap
M. Mowbray Suede & Nubuk Shampoo
M. Mowbray Suede & Nubuk Shampoo
↑ クリックで商品リンクへ(別ページに跳びます)

靴底(ソール)が減ったときは…

どんなに大事に手入れをして履いたとしても、靴底ソール)は確実に磨り減っていきます。靴底を適宜修理補修しないと、革靴を長く履き続けることはできません。

つま先とかかとの補修(修理)

靴底が減るのは、まずはつま先かかとでしょう。磨り減った部分を靴修理のお店で補修してもらうことになります(自分できれいに補修するのは難しいです。スニーカーならともかく)。

お店は、駅や百貨店によくある「その場で修理してもらう店」でもよいのですが、できればもう少しキチンとした店のほうがよいと思いますねぇ。ゴム底(ラバーソール)のかかとくらいなら、そういうところでもまあいいかな…。

どのくらい減ったら補修するかですが、靴底やかかとが何層かの階層構造になっている場合、2番目の層にかかる前に補修すべきでしょう(交換する部品や手間が少なくなる)。階層になっていない場合は(特にかかと)、格好悪くなったら、ですかね。

かかとの直し方には、かかと全体(1層目)を交換する方法と、磨り減った部分を埋める方法があります。前者のほうが見た目が格好良く仕上がりますが、靴底全体が一体化しているものの場合はできないと思います。

靴底(ソール)全体の張り替え

靴底全体が減った場合は、靴底全体を張り替えることになります。さすがに靴底全体を張り替えは、それなりのお店にお願いしたほうがよいでしょう。

靴底全体の張り替えの費用は安くはないので、高くない靴ならためらっちゃうかもしれません。ひと言言わせていただくと、新しい靴よりもキチンと手入れされた年期の入った靴のほうが、私には魅力的に見えますね。革質の悪い靴はキビシいですけど。

ちなみに、靴底を張り替えられる回数は諸説ありますが、グッドイヤーウェルト製法だと5回以上、マッケイ製法だと2~3回、安価なセメント製法だと1回、くらいでしょうか?(プロじゃないので詳しくは語れない…)

いちおう、完結です

4回に渡ってお送りした革靴のお手入れ特集、いかがでしたでしょうか。少しでも皆さんのお役に立ったならば、幸甚です…。

以前も書きましたが、靴の手入れの仕方は百家争鳴、百花繚乱(?)ですので、最終的にはご自分で自分なりの方法を見つけてくださいね。

それでは。

関連記事

追記

  • (2007年7月22日)内容を更新。
  • (2010年2月2日)内容を更新。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"革靴のお手入れの方法(其ノ四)…その他篇"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。