アメトラ(アメリカン・トラッド)は本当に流行るのか?

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

Elasticdaleさんが、アメトラアメリカン・トラッド)について面白いアンケートを実施されています。

昔の野暮ったいアメトラと比べ、今のアメトラは細身にモダナイズされているのですが、果たして、エディスリマン(ディオールオム)の影響を受けてきた若者たちに、硬派なアメトラが受け入れられるのでしょうか。非常に気になるので、アンケートをお願いします。

で、結果はこちら。

…うーん、やはりと言うべきか、あんまり好評じゃないなぁ(汗)。興味深いコメントが、これ。

エディの影響をモロ受けしてしまった若者にはあまりウケがよくないかと。

Hedi Slimane: Intermission 1
Amazon.co.jp
アソシエイト

このエディというのは、ディオール・オムDior Hommeの元デザイナーのエディ・スリマンのことですね。彼は、21世紀が始まって以来最も影響力の強いデザイナーのひとりと言っていいでしょう。

でも、彼の影響を受けていない「もっと若い人」は、どうかな。「若者」は、いつまでも若くないのだ。「ヘンな服が流行しだしたなぁ」と感じ始めたら、オヤジになったってことです。

私の(当てにならない)予想

まず、アメトラにもいろいろあるんで、そこを整理しないといけないのでしょうね。50年代~60年代風のトム・ブラウンThom Browneと、80年代風でアメカジの要素も多いラルフ・ローレンRalph Laurenでは、だいぶ雰囲気が違います。

ボタンダウンシャツを集めてみました

とりあえずアメトラを「ボタンダウンシャツを中心としたアメリカ東海岸風のファッション」と広く定義すると、私は若者の間にもアメトラは普及すると予想します。打ち上げ花火みたいに「一瞬大きく盛り上がってすぐに終わり」というブームではなく、徐々に浸透していくことになるのでは?

ただし、若者なりにアレンジされたアメトラになるでしょう。直近のアメトラブームと言えば90年代前半の渋カジブームだと思いますが、当時は「紺ブレにブーツカットジーンズにウエスタンブーツ」というエキセントリック(?)な着こなしが流行しました。今回はどうかな?

もっとも、当然のことながら、皆が皆アメトラを着るなんてことにはなりません(汗)。近年はファッションの選択肢としてアメトラは「ありえない」存在だったのが、普通に「選択肢のひとつ」として浮上するという感じ。特に、悪ぶりたい若者はアメトラを選択しないでしょうね(アメトラは保守的な格好ですから)。

とりあえず流行りそうなモノ

短期的な予想ですけど、アメトラアイテムとしてとりあえず若者にも流行りそうなモノを挙げてみます。もう流行ってる?

身幅細めで着丈短めのボタンダウンシャツ

要するに、バンド・オブ・アウトサイダーズBand of Outsiders)みたいなヤツ。パンツイン(タックイン)することも想定されているシャツですが、実際には裾出しで着られることが多そう。

何となく参考記事を。

ポッテリ靴、ポテチン靴
チャーチの靴: Church's Shannon R

オールデンAlden)のプレーントウやウイングチップみたいなラウンドトウの靴。ちなみにトム・ブラウン本人は、昔のアレン・エドモンズAllen Edmondsを履いていました。

履き方が重要で、ダブル仕上げの丈が短めのパンツ(クロップトパンツ)か、ジーンズやチノパンのロールアップ。春夏なら、素足で(実際には素足に見える靴下を履く)。参考記事。

デッキシューズ(ボートモカシン)を集めてみました: Regal Boat Shoe 554R

そう言えば、今夏はデッキシューズをチラホラ見ましたな。あれも、アメトラアイテムのひとつですよ。

いずれにせよ、我々オヤジは「落ち着いたアメトラ」を目指すのが無難。イタリアブランドを上手く活用するとか。

Patrickの記事を更新しました

Patrick Denver

本日の更新は、以下の記事でございます。

ローテクスニーカーの中でも端正さでは一二を争う(?)パトリック。新作が入荷しています。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"アメトラ(アメリカン・トラッド)は本当に流行るのか?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。