トム・ブラウン(Thom Browne)が語るお洒落の法則、とな?

Thom Browne(トム・ブラウン)

ブラック・フリースBlack Fleece)も好評なトム・ブラウンThom Browne、今最も「旬」なファッションデザイナーと言っていいでしょう。その彼が、お洒落になるための法則を語ってくれています。

以下は、その概要を訳してみました。概訳・意訳・超訳・誤訳(?)ですので、詳しくは本文をお読みください(逐語訳をすると法的にアレな気もしますし)。

  1. どうしてみんなカジュアルウェアのほうが快適だって言うんだろ。僕はスーツを着ていても快適だよ。
  2. シャンパンが大好き。
  3. 炎のランナー
    Amazon.co.jp
    アソシエイト
    炎のランナー』『ベニスに死す』『北北西に進路を取れ』『華麗なる賭け』等が、僕の好きな映画。着こなしの参考にもなる。
  4. 男は散髪にカネをかけるべきではない。僕の行き付けはニューヨークのChelsea Barbersで、1回30ドル。
  5. 携帯電話を腕時計代わりにするのは悲しいね。僕は薄型のヴィンテージ時計を愛用しているよ。
  6. ウイングチップのような紐靴が数足あれば、靴に関しては十分。街中では黒靴、郊外では茶靴。
  7. 女性には礼儀正しくしないとダメだよ。
  8. 夏ならシアサッカーやカーキのスーツがいいね。また、僕は一年中ショーツを穿いているけど、ぜーったいにサンダルは合わせない。ショーツにも、ウイングチップとテニスソックスを合わせるのだ。
  9. 50年代末から60年代初旬ごろの紳士服が好き。アメリカンスタイルがアメリカンスタイルらしかったのは、その時代が最後だったね。
  10. 白麻のシーツが好き(アイロン掛けが面倒だけど)。もしくは白綿。

いかにもトム・ブラウンらしい、保守的な法則ですね。彼がジャージを着ているところは想像できないなぁ。

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ、エンジニアードガーメンツ)のテーラードジャケット

トム・ブラウンと言えば、エンジニアード・ガーメンツEngineered Garments)やウールリッチ・ウーレン・ミルズWoolrich Woolen Mills)のデザイナーである鈴木大器氏も、べた褒め(?)していましたよ。

ちょっと人それぞれ意見があると思うので、あまり強くは言いたくないのだが、個人的にちょっと、トム・ブラウンのスーツにやられてしまった。

これは、、素晴らしいと思います。素直に。

日本では、どのくらいウケているんでしょうね。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

"トム・ブラウン(Thom Browne)が語るお洒落の法則、とな?"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。