ステンカラーコート(バルマカーンコート、バルカラーコート)を集めてみました

Balmacaan Coat(Bal Collar Coat、バルマカーンコート、バルマカンコート、ステンカラーコート、バルカラーコート)

今日は、バルマカーンコートバルマカンコートステンカラーコートバルカラーコートを取り上げます。《最終更新日: 2019年3月14日》

バルマカーンコート(バルマカンコート、ステンカラーコート、バルカラーコート)とは

「ステンカラーコート」が和製英語であることは、ご存じの人も多いかと思います。正しくは「バルマカーンコート」とか「バルカラーコート」だそうですが、英米のファッション関連サイトを見てもあまりこの表記を使ってはいないような……。あまり現代的な(お洒落な)表現ではないのかな? ではどんな表記をしているのかというと、結構バラバラなのですねぇ。

ちなみに「バルマカーン」とはスコットランドの地名でして、そこでこんな形のコートがよく着られていたことから、バルマカーンという名前が付いたのでしょうか。

Balmacaan Coat(Bal Collar Coat、バルマカーンコート、バルマカンコート、ステンカラーコート、バルカラーコート)

生地はコットン綿、特にバーバリーBurberryでおなじみの綾織りで目の詰んだコットンギャバジンのものが最も有名ですが、ウールナイロンポリエステルのものも多いのです。

着こなしと映画

The Style Council: Cafe Bleu(ザ・スタイル・カウンシル: カフェ・ブリュ)
Amazon.co.jp
アソシエイト

ステンカラーコートを着た俳優といえば、『刑事コロンボ』のピーター・フォーク? 『ぼくの伯父さん』のジャック・タチも印象的(靴下にも注目)。

ロック好きなら、元The Jam(ザ・ジャム)The Style Council(ザ・スタイル・カウンシル)Paul Wellerポール・ウェラーを思い出すのでは?

映画『シャレード』のケーリー・グラントは、アイボリー色(オフホワイト)のコートを着用しています。実はこの手の色のコートはアメトラの基本なのです。

こちらは、ジャズの帝王マイルス・デイヴィスMiles Davisのステンカラーコート姿。

アメトラなI型ジャケットを集めてみました: ブリット

このブログではおなじみの映画『ブリット』におけるスティーブ・マックィーンスティーヴ・マックィーンの着こなし。ツイードジャケットやスーツに合わせています。

仕様

ステンカラーコートの印象を決めるものとしては、まずは肩の袖付け。ラグランスリーブラグラン袖セットインスリーブか。また、襟が台襟付きかどうかもけっこう印象を変えます。

こちらは、ラグランスリーブで台襟のないコート。クラシックなステンカラーコートはこんな仕様が多いでしょう。タートルネックとは好相性です。

ステンカラーコートは、普通は前ボタンを留めたときにボタンが見えない比翼仕立てになっていますが、ボタンが見える打ち抜き仕立てになっていることもあります。よりカジュアルな印象に。

最後に、着こなしをいくつかご紹介。参考にしてください。

Mackintosh(マッキントッシュ)

Mackintosh(マッキントッシュ)のコート

ゴム引きコートでおなじみのマッキントッシュMackintosh)は、1823年創業のイギリス(スコットランド)のレインウェアブランド。

現在、最も格好良いコートをつくってくれているブランドのひとつといってよいでしょう。2015年より大きく仕様が変わりました。

Traditional Weatherwear(トラディショナル・ウェザーウェア)

Traditional Weatherwear(トラディショナル・ウェザーウェア)のアウター、コート

マッキントッシュ(Mackintosh)の弟ブランドといってよいのが、2006年に誕生したトラディショナル・ウェザーウェアTraditional Weatherwear。お兄さんと比べると、ちょいカジュアル寄りで現代風かな。ちなみに「トラディショナル」は、もともとはマッキントッシュの旧社名。

ステンカラーコートは、やはり代表的な商品です。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはもちろんステンカラーコートがそろっています。

「コットン/ナイロン ウィンドウペイン シングルコート」は、イタリアはEmmetex社のコットンナイロン地を使用したコート。細かな千鳥格子ハウンドトゥースウインドウペインウインドーペーン)を組み合わせた凝った柄を採用しています。薄手の仕立てで春秋向き。

「コットンツイル シングル ニーレングスコート」は、セットインスリーブ仕様のステンカラーコート。表地はコットンで、中綿入りキルティングとウールカシミア地を組み合わせた着脱可能な裏地が付いています。カジュアル用途にも使いやすそうだと思いますよ。

「ポリエステル フーデッドコート」は、着脱可能なフードが付いたカジュアルなコート。撥水加工を施したポリエステル地を使用しています。春秋用といったところでしょう。カジュアルラインのレッド・フリースRed Fleece)の商品。

Brooks Brothers Windowpane Water-Repellent Trench Coat ML00625: Navy
Windowpane Water-Repellent Trench Coat: Navy
Brooks Brothers Windowpane Water-Repellent Trench Coat ML00625: Navy
Navy
Brooks Brothers Windowpane Water-Repellent Trench Coat ML00625: Navy
Navy
Brooks Brothers Single-Breasted Trench Coat ML00509: Navy
Single-Breasted Trench Coat: Navy
Brooks Brothers Single-Breasted Trench Coat ML00509: Navy
Navy
Brooks Brothers Single-Breasted Trench Coat ML00509: Navy
Navy
Brooks Brothers Red Fleece Water-Repellent Hooded Trench Coat RL00101: Navy
Red Fleece Water-Repellent Hooded Trench Coat: Navy
Brooks Brothers Red Fleece Water-Repellent Hooded Trench Coat RL00101: Navy
Navy
Brooks Brothers Red Fleece Water-Repellent Hooded Trench Coat RL00101: Navy
Navy
Brooks Brothers Newbury Trench Coat ML00557: Khaki
Newbury Trench Coat: Khaki
Brooks Brothers Newbury Trench Coat ML00557: Khaki
Khaki
Brooks Brothers Newbury Trench Coat ML00557: Navy
Navy
Brooks Brothers Reversible Gabardine-Herringbone Twill Trench Coat ML00590: Black / White
Reversible Gabardine-Herringbone Twill Trench Coat
Brooks Brothers Reversible Gabardine-Herringbone Twill Trench Coat ML00590: Black / White
Black / White
Brooks Brothers Reversible Gabardine-Herringbone Twill Trench Coat ML00590: Black / White
Black / White
↑ クリックで商品一覧ページへ

「コットンツイル シングル ニーレングスコート」は、コットン地のセットインスリーブ仕様のコート。着脱可能な裏地が付いていて、ある程度の肌寒さなら対応してくれるでしょう。襟裏にロゴ入り。

「ナイロンブレンド/ウール リバーシブルコート」は、表はナイロンコットン地、裏はイギリスはマーリング&エヴァンスMarling & Evans社のヘリンボーン織りツイード地を使用したコート。この手のリバーシブル仕様もむかしからクラシックなコートによく採用されていました。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっているコートがあるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

J. Press(J・プレス)

J. Press(J・プレス)

J・プレスJ. Pressは、1902年創業のアメリカはコネチカット州のアメトラブランド。ブルックス・ブラザーズは良くも悪くも国際的なブランドといえますが、J・プレスはアメトラどっぷり(?)という印象があります。

こちらは、特殊効果を施していないコットン地ながら超高密度に織り上げることで撥水性を高めたベンタイルヴェンタイルVentile地を使用したステンカラーコート。ラグランスリーブに比翼仕立て、台襟のない襟、十分長めの着丈という、最もむかしながらの仕様のコートといえるでしょう。着脱可能なウール混紡の裏地が付いています。日本製。

アイボリー色のコートは、アメトラらしいコートといえます。イギリスではあまりつくっていないコートなのでは。

ちなみに私はこれの旧仕様のコートを持っていまして、特にベンタイルの生地がいいですねぇ。ただちょっとキレイすぎるので、着込んでしっかり味を出したいところ。いまはSサイズをつくっていないのが残念。

J. Press Ventile Gabardine Balmacaan Coat CCOVYW0001: Beige
Ventile Gabardine Balmacaan Coat: Beige
J. Press Ventile Gabardine Balmacaan Coat CCOVYW0001: Beige
Beige
J. Press Ventile Gabardine Balmacaan Coat CCOVYW0001: Beige
Beige
J. Press Ventile Gabardine Balmacaan Coat CCOVYW0001: Navy
Navy
J. Press Ventile Gabardine Balmacaan Coat CCOVYW0001: Ivory
Ivory
J. Press x Blue Blue Poplin Balmacaan Coat CCOVYM0761: Beige
Blue Blue Poplin Balmacaan Coat: Beige
J. Press x Blue Blue Poplin Balmacaan Coat CCOVYM0761: Beige
Beige
J. Press x Blue Blue Poplin Balmacaan Coat CCOVYM0761: Beige
Beige
J. Press x Blue Blue Poplin Balmacaan Coat CCOVYM0761: Beige
Beige
J. Press x Blue Blue Poplin Balmacaan Coat CCOVYM0761: Beige
Beige
↑ クリックで商品ページへ

J・プレスが、聖林公司ハリウッドランチマーケットの一ブランドであるBlue Blueブルー・ブルー)とコラボしました。聖林公司の創業者がヴァン・ヂャケットVAN Jacket出身ということもあり、基本的に直球ド真ん中(?)のアイビー路線でして、アイビー好きなら気になるでしょう。

こちらは、コットンポリエステルのポプリン地を使用したステンカラーコート。中綿などの裏地もないこともあり、定番のコートよりも軽い仕上がりです。着丈も約10cn短めで、カジュアルにも着こなしやすいでしょう。春秋向きでしょうか。

Grenfell(グレンフェル)のFarringdon(ファーリンドン、ファリンドン)

グレンフェルGrenfellは、1922年に創業のイギリスのアウターブランド。特に防風性・防水性に優れたクラシックなコットン地であるグレンフェル・クロスはすこぶる有名です。

Farringdonファーリンドンファリンドン)は、セットインスリーブ仕様のスタイリッシュなステンカラーコート。台襟付きなのでシャキッと見えます。身幅は少し細めで着丈は少し短め。

こちらは、グレンフェル・クロス地で背抜き仕立ての春秋向きFarringdon。バーニーズ・ニューヨークBarneys New York別注リバティLibertyプリントの裏地が付いていて、脱いだ後も楽しめます。サイズ38で日本サイズのMくらいでしょうか。イギリス製。

Grenfell Farringdon: Camel
Farringdon: Camel
Grenfell Farringdon: Camel
Camel
Grenfell Farringdon: Camel
Camel
Grenfell Farringdon: Camel
Camel
Grenfell Farringdon: Navy
Navy
Grenfell Farringdon: Olive
Farringdon: Olive
Grenfell Farringdon: Olive
Olive
Grenfell Farringdon: Olive
Olive
Grenfell Farringdon: Beige
Beige
Grenfell Farringdon: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Lavenham(ラベンハム、ラヴェンハム)

Lavenham(ラベンハム、ラヴェンハム)のキルティングジャケット、ベスト(ヴェスト)、コート

キルティングジャケットの代名詞ともいえるラベンハムラヴェンハムLavenham)は、1969年創業のイギリスの乗馬用具メーカー。

ステンカラーコート型のキルティングジャケットもありまして、やはり普通に便利です。

Lardini(ラルディーニ)

Lardini(ラルディーニ)のジャケット、ブレザー

近年新メンバーを加えいまっぽくなったのラルディーニLardini)は、1978年創業のイタリアブランド。

テーラードジャケットの評判がすこぶる高いブランドですがコートもつくっていまして、ステンカラーコートもあります。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のブルゾン、コート

アメリカのカジュアル通販の雄ランズエンドLands' End)は、このブログの常連です。

「大人のビジネスマンにも似合うお手ごろ価格のコートはないかなー」という御仁には、ランズエンドのナイロンやポリエステル地のコートがオススメ。ヘタなコットンよりも、こんな化繊地のほうが勝負を避けられて(?)いいですよ、マジで。

もちろん、カジュアルにも合わせられます。

Sierra Designs(シェラデザイン、シエラ・デザインズ)のTacoma Coat(タコマ・コート)

シェラデザイン(シエラ・デザインズ)のマウンテンパーカー: Sierra Designs Tacoma Coat 8101D

マウンテンパーカーでおなじみシェラデザインシェラ・デザインズシエラデザインシエラ・デザインズSierra Designs)は、1965年創業のアメリカのアウトドアウェアブランド。

お得意の60/40クロスを使用したタコマ・コートTacoma Coat 8101D)は、アウトドアファンならずとも見逃せない逸品です。

Tatras(タトラス)

Tatras(タトラス)のダウンジャケット、ダウンベスト(ヴェスト)

イタリアと日本で企画し生産はポーランドで行っているというタトラスTatras)は、2006年に誕生したイタリアはミラノのダウンウェアブランド。

デザインはいろいろありまして、ステンカラー的なコートもありますよ。

Ring Jacket(リング・ヂャケット、リング・ジャケット)

Ring Jacket(リング・ヂャケット、リング・ジャケット)のテーラードジャケット、ブレザー

「セレクトショップ」などの有名店のスーツやジャケットを数多く手掛けているリング・ヂャケットリング・ジャケットRing Jacket)は、1954年創業の大阪のスーツやジャケットのブランド。

とにかく堅実なつくりには定評のあるブランドでして、素材に凝っている点にも注目してください。ステンカラーコートも良いデキです。

無印良品(Muji)

無印良品のアウター

庶民の味方(?)、無印良品Muji。お手頃価格が魅力です。

無印良品は、毎年なんらかのバルマカーンコートをつくってくれていますよ。

トレンチコート

トレンチコートを集めてみました

キレイめコートのもうひとつの代表格トレンチコート、バルマカーンより主張の強いコートといえます。

別記事にまとめていますので、じっくり検討してみてください。背が高い人には特にオススメ。

カーコート(ドライビングコート)、ウォーキングコート

カーコート(ドライビングコート)、ウォーキングコートを集めてみました

その名のとおり車を運転するときや歩くときに着るコートが、カーコートドライビングコート)やウォーキングコートです。

デザインはさまざまですが、ステンカラーコートっぽいものもあります。着丈は短め。

他の記事も……

M-51ミリタリーパーカー、モッズコートを集めてみました チェスターフィールドコート(チェスターコート)を集めてみました

タグ / アウター: バルマカーンコート」をご覧になると、当ブログのバルマカーンコート(バルマカンコート、ステンカラーコート、バルカラーコート)に関する全記事を網羅できます。

また、「カテゴリ / ブルゾン、コート」をご覧になると、当ブログのアウターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年11月25日)商品を追加、入れ替え。
  • (2005年12月26日)商品を追加。
  • (2006年3月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年3月20日)商品を追加。
  • (2006年3月23日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年4月5日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年10月19日)2006年度秋冬最初の更新。トレンチコートは別記事に。
  • (2006年11月7日)商品を追加。
  • (2006年11月28日)商品を追加。
  • (2006年12月9日)商品を追加。
  • (2007年3月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年12月30日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2008年2月21日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年10月5日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年1月22日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年12月30日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2009年3月20日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年5月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年10月31日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年3月14日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年11月13日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年4月3日)2011年春夏最初の更新。
  • (2011年11月30日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年3月26日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年3月14日)2013年春夏最初の更新。
  • (2013年11月17日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年3月28日)2014年春夏最初の更新。
  • (2014年12月12日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年3月29日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年11月13日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年3月11日)2016年春夏最初の更新。
  • (2016年10月29日)2016年度秋冬最初の更新。
  • (2017年3月27日)2017年春夏最初の更新。
  • (2017年11月14日)2017年度秋冬最初の更新。
  • (2018年3月12日)2018年春夏最初の更新。
  • (2018年11月6日)2018年度秋冬最初の更新。
  • (2019年3月14日)2019年春夏最初の更新。

"ステンカラーコート(バルマカーンコート、バルカラーコート)を集めてみました"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。